fc2ブログ
       
    02
    1
    2
    3
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
       

    リンゴ園には爽やかな風が吹く

    DSC_00391.jpg
    いつのまにか 毎年の恒例行事となったリンゴ狩り。
    今年も 徳佐のりんご園に行ってきました。
    自分一人だったら
    絶対行きたくないくらい
    遠く 道がクネクネです。
    主人が連れて行ってくれるから行ける場所です。
    20230930095519_IMG_07121.jpg
    今年もたくさんのリンゴをながめながら
    リンゴを頬張りました。
    今は シナノスイートが とっても美味しいです。
    爽やかなリンゴ園で
    リンゴを食べるのは とっても幸せなことです。
    20230930100931_IMG_07141.jpg
    梯子に登って リンゴを採れば
    幸せの実をゲットしたような気分。
    美味しくて しあわせ~
    今年も リンゴ狩りに来れて有難いことでした。
    DSC_00381.jpg
    帰りに船方牧場に寄って 
    ソフトクリームをいただいて帰りました。
    DSC_00401.jpg
    ゆっくりと、時間が流れていきました。

    中秋の名月

    DSC_00341.jpg
    中秋の名月ということで
    外に出て 月を見上げました。
    最近は 月をながめることも少なくなっていたと思います。

    かつては 月を見上げることが多かったと思います。
    年を重ねて 少し感じる心がなくなったような気もします。

    人生は 長いようで
    生きてみればあっという間です。
    かといって 過去に戻って
    もう一度生き直したいかとというと
    もう 十分なのです。

    人生は修行ですから
    私は 色々と 本当に多くの修行をしました。

    次の世は この修行が生きると思います。

    闇を照らす 満月の光を見つめて
    そんなことを考えました。

    高千穂再び④

    2日目、高千穂神社のあとは
    天岩戸神社に行きました。

    特に ここには観光客が多く賑わっていました。
    この日は縁日の出店も出ており、
    なんとなく楽しく感じられました。
    20230923105132_IMG_06861.jpg
    なんとも パワーを感じる場所です。
    16955389013391.jpg
    まずは参拝。
    20230923105317_IMG_06871.jpg
    横の神楽殿では 神楽が披露されていました。
    天照大御神が 岩戸の中に閉じこもってしまわれたのを
    外に出てもらおうと 舞っているのだな、と
    わかるような舞でした。
    たくさんの観光客も見られていました。
    20230923113320_IMG_07051.jpg
    そして ここから歩いていく
    天安河原が 特にパワーを感じる場所で
    たくさんの人が向かわれていました。
    20230923110341_IMG_06931.jpg
    日本神話の舞台となった天安河原は、
    八百万の神々が集まり話し合いをした伝説の場所。
    今を生きる私達にまで イメージできる場所となっております。
    時を超える感覚。
    神様に近づける気がします。
    ここは 絶対行った方が良いです。
    20230923110540_IMG_06941.jpg
    帰ってきたら とても元気になってました。
    もう本当に ヘトヘトな日々でしたが
    復活出来ました!

    高千穂峡再び③

    2日目、高千穂峡のあとは
    当然高千穂神社でしょう。

    直ぐ近くにあります。
    本当はすぐこの近くの高千穂のホテルに泊まりたかったけれど
    もういっぱいで予約が取れなかったと 言ってました。
    20230923101552_IMG_06811.jpg
    まずお参りをしました。

    前に来た時は ガイドさんが色々と教えてくださって
    夫婦杉の周りを 二人で手をつないで回る、という
    恥ずかしいことをしたのですが
    今回は息子たちもいますし さりげなくスルーしました。
    もう十分仲が良いので。(笑)
    見ると 他の50代くらいの夫婦が
    手をつないで回っていらっしゃいました。
    このお二人も すでにこんなに仲が良いのだから 回らなくても
    大丈夫だと思ってしまいました。すみませんっ
    20230923101620_IMG_06821.jpg
    前回来た時に 一番印象に残っているのが
    鎮め石でした。
    自分の中の悪い物を
    あの時 鎮めなくてはと思いました。

    時に 自分が 人の鎮め石の代わりをしていることがあると
    感じていましたが
    それ以上に自分が 
    人に 自分の鎮め石の役割をさせていたかもしれないと
    気づき その時反省したものです。

    自分の 目の前にいる人が鬼と感じるならば
    自分の中に もっとすごい鬼がいるかもしれない、と
    いうことです。
    年を持ちますと
    かなり悟りが開けてきてしまいます。
    20230923101914_IMG_06841.jpg
    ここもかなりのパワーがあるところなので
    自分を省みるという意味でも
    訪れることに大きな意味があると思いました。

    そして次は 高千穂に行くなら
    絶対外せない場所、天岩戸神社へ。
    これは次のブログに書きます。
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-1369.html

    その後 阿蘇を抜け
    大観峰に立ち寄り ソフトクリームを食べました。
    美味しかった~
    DSC_00231.jpg
    そして2泊目のお宿
    鶴崎ホテルへと向かいました。
    とにかく 1日 たくさん移動しました。
    自分だったら 絶対出来ないと思いました。
    私は 主人がこうして連れて歩いてくれるので
    あちこち行ってますが
    一人だったら どこにも行かないと思います。
    感謝しないといけません。
    DSC_00241.jpg
    晩ごはんは 電車で大分駅まで行き
    豊後酒場という居酒屋で串など色々と食べました。

    長い長い1日が終わりました。

    翌日は 早く家に帰りたいので
    7時過ぎには出発して 光に戻ってきました。

    お天気も良く 秋らしく感じられ さわやかでした。

    帰ってきたら 今度は墓参り、と
    責任を果たして ホッとしました。

    家に帰って 本当に安堵しまして
    天照大神様のパワーが
    よれよれになっていた自分を復活させてくださった気がします。

    また明日から
    日々のことを丁寧に
    慌てず 豊かな気持ちでがんばろうと思います。

    高千穂再び②

    ついに2日目は 高千穂峡です。
    ボートの予約が朝9時半しかなかったとのことで
    この日も朝早く延岡を出発しました。

    6年前に主人と訪れた時には
    たくさんのボートの中を
    主人が ブンブンとボートを漕いで
    あまりのすごさに 神聖な気分も吹っ飛んでしまいましたが
    今回は 落ち着いて神の声を聞けたら聴きたい、という気持ちで
    30分間 過ごしました。

    今回は ボートの台数も制限されているせいか落ち着いて見れました。
    20230923093721_IMG_06641.jpg
    出て行かれた方のボートがまったく進まないというハプニングもあったのですが
    係員の「漕げますか?」との問いかけに
    主人が「漕げます!!」
    そう答えての出発。
    例によって すごい勢いで出発しましたが
    2度目ですから そのうちゆったりとできました。
    20230923093402_IMG_06591.jpg
    滝を見上げながら なんとも神秘的な場所です。
    20230923093236_IMG_06551.jpg
    滝に向かい
    光のシャワーが降り注がれます。
    ここはやっぱり 特別な場所ですね。
    DSC_00141.jpg
    息子たちも楽しんでいるようでした。
    DSC_00161.jpg
    ここは 何度来ても楽しい場所ですし
    パワーを感じる場所です。
    来れて良かったです。

    高千穂再び①

    9月の22日早朝から出て24日午前中に戻ってきました。
    再度の高千穂に行くため、家族4人で出掛けてきました。
    記録として残しておきたいと思います。

    まず 情けない話は 自分の掲示板に書きました。
    なので もうそちらは抜きにして
    こちらは旅行のことを書いておこうと思います。

    前回高千穂に行ったのは
    2017年9月でした。
    6年経ったわけですが
    高千穂は記憶に残る場所です。

    まず1日目。

    朝7時過ぎに家を出て
    主人の運転で出掛けました。
    お昼ごろ着いて
    別府の かまど地獄というところに行きました。
    DSC_00031.jpg
    中には 泥の中からブクブクと湧き上がる温泉や
    赤い色の温泉や 下の写真のように青い色をした温泉などありました。
    お風呂に入れるわけではありませんが
    とても興味深いものでした。
    DSC_00021.jpg

    その後 近くのラーメン屋で塩ラーメンを食べまして
    延岡に向かいました。
    16955388943341.jpg
    延岡の駅は おしゃれだと感じました。
    チェッインできる時間までこちらの駅で過ごしました。
    写真は夜撮った延岡駅です。

    延岡では ルートイン延岡に宿泊です。
    ホテルも中々予約が難しかったようです。
    家族4人泊まれる部屋がなく二部屋取って、
    ということになりました。
    DSC_00061.jpg
    夜は 網基という居酒屋さんで
    刺身や牛筋煮込みなど
    色々と頂いて 1日目は終了です。

    新作は手探りで。

    IMG_20230910_153402_11.jpg
    いつも作るティッシュボックスカバーはお休みして
    新しい物を作ろうと考えました。

    たくさんの青い色を使い
    小さなモチーフをつなげて
    ティッシュボックスカバーと
    そろいのドイリーも編んでみました。

    ドイリーもあると
    豪華さが出るので
    できるだけ ドイリーも一緒に編みたいと思っているのです。

    出来た時は
    自分は天才じゃないかしら・・
    とか思ってしまいます。(笑)
    ボックスに合わせて ピッタリにでき上がりました。

    ばんざーい ばんざーい!!
    IMG_20230910_152933_11.jpg


    虹を見た

    IMG_20230906_18251311.jpg
    今日は夕立があり
    土砂降りの雨が降りました。
    雷鳴がとどろき やがて雨が上がると
    東の空に鮮やかな虹が現れました。

    こんなにはっきりとした虹を見たのは何年振りでしょう。
    嬉しくて 空を見上げていましたが
    長い時間 ずっと出続けていました。

    これはきっと 何かのお知らせか
    プレゼントなのだなぁと
    私は思いました。

    そのことがわかったので
    私は 胸がいっぱいになって
    虹を見上げ
    「ありがとう」って言いました。

    これから本格的な秋が来て
    私はこれからが充実します。

    良いことがきっとこれから
    訪れる気がしています。
    IMG_20230906_17584411.jpg

    良い刺激

    16932078052461.jpg
    秋を感じたいのに
    暑くてぐったりな日々。
    これではいけないと思いつつ、
    やる気も出ないこの夏。

    私みたいな人間は
    習い事をしていなければ
    日々ぼんやりと過ごしてしまいそうなので
    自分を律する意味で
    習い事は必要だと思います。

    上の生け花は私のですが
    下のアレンジは、一緒にお稽古されている方の作品です。
    作品展を控えてのお稽古なので
    レベルが違い素晴らしいです。
    目の保養になりますし
    お勉強させて頂けて良い刺激になります。
    本当に素敵!

    まだまだこの年でも
    学ぶことはたくさんあります。
    ぼんやりしている場合ではないんだよなぁ〜!
    1693207804810.jpg

    周防国分寺

    IMG_20230825_09371711.jpg
    レース糸を購入するために
    イオン防府店まで行ってきました。
    周南地域には、オリムパスレース糸の40番は
    どこの手芸屋さんにも置いていないので
    防府まで出かけてきました。
    前には防府の
    ゆめタウンの中の手芸屋さんにもあったのですが
    残念なことに手芸屋さんがなくなってました。
    イオン防府店の中の手芸屋さんが
    オリムパスの40番レース糸を置いていてくださるので
    すぐに欲しい時には出掛けています。

    周南地区に全くないのは
    本当に残念なことです。
    できるならオリムパスレース糸を
    販売する権利が欲しいくらいです。
    レースを編む楽しさを伝えたいと
    いつも思っています。
    レース糸しか取り扱わないというのは
    やっぱり無理でしょうか。
    うーん

    前置きが長くなりましたが
    防府に行った時は行きたい場所は
    周防国分寺です。
    6年前に私の母も連れて訪れた時
    良いお話しが聞け、
    お弁当まで頂いてしまいました。
    有難いことでした。

    感謝の気持ちを伝えに来ました。
    受けた恩は忘れてはならないと思います。

    広々として良いお寺だと
    来るたびに思います。
    感謝!

    IMG_20230825_09454511.jpg
    IMG_20230825_0940351.jpg

    新しい場所で。

    20230817_0857481.jpg
    最近は、なかなかレース編みも進みませんが
    ティッシュボックスが完成して
    納得の出来の作品になりました。

    これまで、ラクマでしか出していなかったのですが
    他に、必要としていただける方がいるのではないかと
    初めてヤフオクに出品してみました。
    2日ほど、出してみて
    別に売れなくてもいいや、と思っていたのですが
    お二人の方が落札してくださっており
    あっという間に終わってしまいました。

    とても喜んでいただけて、
    早速飾ってながめています、と
    メッセージをいただき感激でした。

    最近思うのは、人の手に渡ったら
    あとはその方の自由だけれど、
    中には転売されることもあるということも
    十分予測していることだけれど、
    でも、その方が、これは自分の家で使おうと
    思っていただけるようなものを作りたいなと
    思います。

    そして今、また、新しいアイディアが
    出てきましたので
    今はそれに取り組んでいます。

    今回のこのティッシュボックスカバーは
    これまでの集大成、になった作品です。

    20230817_0911501.jpg

    段々とわかる

    IMG_20230814_1051491.jpg
    お盆ですので 長門にお墓参りに行ってきました。
    父も きっと喜んでくれたと思います。

    生きている間にはわかりませんでしたが
    今思うと 父は 私のやりたいことは
    応援してくれたということに
    やっと 気がつきました。

    本当にいつもむっつりとしていて
    気難しい父でした。
    私は 父親の愛情に飢えていたかもしれません。

    けれど考えてみたら
    中学時代
    車酔いで ひと区間もバスに乗れない私を
    90ccのスーパーカブに私を乗せて
    五郎さんのコンサートのある
    宇部まで連れて行ってくれましたし
    高校時代は 
    あるオーディションを受けるチャンスがあった時
    広島まで 父がついて来てくれました。

    大人になっても
    日舞の舞台に立つのに
    資金の援助もしてくれました。

    父がいてくれたから
    出来たことなのに
    私は 自分の人生にとって
    こんなに大きな楽しみと喜びをもらっていながら
    感謝の気持ちが足りませんでした。

    本当に 私のやりたいことは
    父は いつも応援してくれたということを
    父がいなくなって しみじみと感じています。

    だから
    「お父さん ありがとう。本当にありがとうね。」
    って 手を合わせてきました。

    まだまだ 私は頑張るよ。
    だから もっともっと応援してね。

    だって
    私のお父さんだからね。
    私が生きているうちは
    お父さん 面倒をみてね。

    そう 思ってしまう自分に
    なんだか 笑えてしまいます。
    IMG_20230814_1125411.jpg
    お食事は長門でいただきました。
    予約がいっぱいとのことでしたが
    特別に入れていただけました。
    ついてる~~!
    IMG_20230814_1119411.jpg
    その部屋には 安倍さんの書が飾ってありました。
    偶然にも 私たちが訪れたのも8月14日でした。

    長門は安倍さんの地元ですけれど
    安倍さんは天に召されてしまいました。
    いろんな考え方がございましょうが
    地元の人間としては 本当に頼りにしておりました。
    何かの間違いではないかと思えるくらい 
    とても悲しい出来事でした。

    山口県民は 試される時代に突入したと感じます。
    そのことを 今日はしみじみ感じました。
    懸命に努力することが必要なのだと思います。
    これはきっとメッセージなのでしょう。

    帰りに実家に寄って
    母と姉の元気そうな顔を見て
    元気が出ました。

    また ここから 頑張れそうな気がします。

    キャナルシティ博多でのコンサート

    IMG_20230730_1521441.jpg

    昨日7/30は キャナルシティ博多で
    野口五郎さんのコンサートがありましたので
    行ってまいりました。
    掲示板に書いた分から抜粋いたします。
    ***
    昨日の博多、コンサートは本当に素晴らしかったです。
    博多の観客はあたたかくて 拍手も多く声援もいい感じでした。
    たいていは もっとみんな拍手をすればいいのに、って
    思ってしまうんですけど
    今回は そう思うことがないくらい拍手が多かったです。
    いいところで声援も飛んで 五郎さんと良い駆け合いが出来ていました。
    「五郎~っ」
    「ありがとう~」
    という声が飛んでいました。
    私も「ありがとう~~っ」て叫ばずにはいられませんでした。

    私は6番目くらいの席でしたが よく見渡せて
    五郎さんのお顔もはっきりと見えましたし
    真ん中あたりでしたので とてもよかったです。
    丁度良い距離だった気がします。

    博多みれんがデビュー曲でしたので
    当時の話しをされていました。
    きっと 苦く切ない思い出ばかりなのではないかと思うのですが
    楽しくお話しをされていました。

    キャーと声援を送るコーナー?では
    あんたたち、って五郎さんに言われてしまいましたが
    五郎さん自身
    「あんたたち」って言ってしまった、と笑っていらっしゃいました。
    ちょっと絶対無理、と思いましたけど
    出してみれば 五郎さんが求められたキーより高くでました(笑)
    しかし なかなか若いころのようにいかず
    五郎さんに突っ込みを入れられる始末。
    だけど楽しい♪
    大笑いです。

    私達も年を取りましたので
    五郎さんにはいじられてしまいますが
    まぁ 私たちも パワーがありますし
    かなりのガッツがあります。
    ま、そのことは 五郎さんも感じていらっしゃることでしょう。


    今回は 3つのオムニバスもあり
    私も 色々な想い出が走馬灯のように駆け巡りましたけれど
    当時のそのままに再現されて
    しみじみと 良い作品だと思いました。

    私は「僕は道化師」の
    「不幸な人たちに 笑いをあげよう
    泣いてる少女に驚きあげよう
    なんにもできないが 逆立ちしながら
    悲しみ苦しみ引き受けよう」
    という歌詞を聴くと
    五郎さんの人生そのものだったと思い胸がいっぱいになります。

    そして されど青春の
    「愛しても尽くしてもさようならが
    いつしかしのびよるものですね」
    という歌詞を聴くと このフレーズに
    人生は集約されているように感じ
    涙が吹き出しました。

    ハンカチをもっていたんですけど
    下に落としてしまい 暗くて見えなくて
    もう マスクで涙を受け止めるような感じになりました。

    考えてみれば
    五郎さんは どんな時も歌い続けてくださった。

    1年や2年、
    いや、5年や10年だったら
    気力で歌い続けられるかもしれない。

    しかし53年、半世紀も 歌い続けられるものでは決してない。
    ご本人の努力も大きいけれど
    これは 神様から 与えられた才能だと思います。

    五郎さんが大リーガーの大谷さんのことを
    リスペクトをこめて話されるけれど
    五郎さんも もう十分に偉大ですし
    尊敬されるべきお人です。

    こうして半世紀も歌い続けてくださったんだと思ったときに
    もう泣けて泣けて仕方なかったです。
    感謝しかないです。
    本当に有難いことです。

    華々しくやっても、いつか消えていく人もいる。
    一歩一歩、確実に前に進み
    ひとつずつ 積み重ねて
    何より音楽が大好きで
    何より歌が大好きで
    歌えるだけで幸せだという自分のお気持ちを
    苦労されてきた分 知っていらっしゃることがとても大きい。

    博多は デビュー曲「博多みれん」でキャンペーンで来られて
    本当は 良い思い出なんて きっとないんだと思います。
    それでも あの苦しい思い出も ダイヤモンドの輝きに変えてしまわれた。
    そして ファンも温かくて ずっと五郎さんが大好きで。
    ファンだって きっとダイヤモンドの輝きです。
    そう思いましょう。

    最後に アンコールで五郎さんが文音ちゃんの肩を抱かれて
    みなさんに紹介される場面があったのですが
    優しいお父さんで 文音ちゃんは幸せだなぁと思いました。
    私の父は 愛情表現が出来ない人でスキンシップなどしてくれませんでしたから
    文音ちゃんがうらやましかったです。

    今回も方向音痴全開で駅から10分のところ
    一時間半もかかるというような 珍道中となってしまいましたが
    コンサートは とてもとても素晴らしいものでした。

    人生は 一度きりですから
    行動するのみです。
    逢いたい人には 逢いに行きましょう。

    それから コンサートをみられたみなさまは
    五郎さんのブログでもインスタでも
    書き込みをしていただきたいです。

    思っているだけでは伝わりません。
    言葉が大事です。
    また 来てほしいと 心を込めてお願いしましょう。
    また逢いたいと ぜひ伝えてください。
    そうしなければ 生きている間にあと 何回逢えるか・・・・
    ぜひ 中国 九州地域にお住まいの方
    五郎さんの インスタやブログにメッセージを情熱を持ってお願いします。
    私は インスタに書いてきました。
    当然、ブログにも書きましたとも!
    誰かが やってくれる、という考えは
    もうやめましょう。
    人生は 長いようで短いので ぜひよろしくお願いします。
    ***
    色々と聞いたことは 忘れたくないのでメモしています。
    年末くらいには 書き足しておきたいと思います。
    今はまだツアー中ですので おとなしくしていましょう。
    IMG_20230730_1503211.jpg
    IMG_20230730_150731_11.jpg
    IMG_20230730_1521571.jpg
    IMG_20230730_1522041.jpg

    博多のお土産は

    IMG_20230731_0854571.jpg
    博多には おいしいものがいっぱいあります。
    けれど 博多に行ったら 私は 迷わずこのお菓子を買います。
    「博多通りもん」です。
    このお菓子は とっても美味しいです。
    一個を一度に食べれないくらい濃密です。
    しっとりとして一口で満足感があります。
    他のメーカーでも このようなお饅頭はたくさんあります。

    でも その時に思うのは
    やっぱり 「博多通りもん」が美味しいなぁ、ということです。

    最近は どこに行っても見なくなりました。
    前は スーパーの催事とかで見ることがありましたが
    もう出てこないです。

    九州の門司のパーキングに行ったとき
    昔はありましたが 最近では置いてないです。
    なので 今回通りもんを博多駅で見つけた時は
    何も迷わず買ってしまいました。

    家族も大好きです。
    一口食べて「うーーん美味しい~~っ!」

    続きを読む

    夏着物

    IMG_20230715_1526401.jpg
    お出かけは 着物を着るようにしています。
    そうすることで 腕を磨くといいますか
    とにかく 実践こそが 上達の近道だからです。

    普段の日舞のお稽古は
    夏は浴衣で 半幅帯です。
    お太鼓を結ぶことはないので
    やらないと すぐに手が落ちます。

    ということで 博多のコンサートに着物を着て行こうと
    着付けの練習をしました。
    練習した時は だいだいのことはつかめた気がしました。

    なので当日は大丈夫と思っていたのですが
    当日 帯を結ぶのに苦戦しました。
    夏帯はツルツルと滑り しっかりと締まらないのです。

    困りまして YouTubeの すなおさんのお太鼓結びを見て
    やってみたのですが どこかが間違っているのでしょう。
    きれいに仕上がりません。
    そのうち 電車の時間は迫ってきます。
    もう アセアセで結んで さあ出ようと思ったとき
    ドアノブにお太鼓をひっかけました。

    でももう直す時間もありません。
    着いたらどこかで直そうと思ったのですが
    自分でも恐ろしいくらいの方向音痴で
    会場まで駅から10分というところを1時間半かかってしまいました。
    もう ぜったいヤバいです。
    自分でも これほどまでとは思っていなかったです。
    次からは 方位磁石をもっていくつもりです。

    1時間以上歩くと
    もう汗ダクダクになりました。
    胸を平らにするために長い長いサラシをぐるぐる巻きにしています。
    これは 師匠が作ってくださったものです。
    しかし この状況では もう苦しくて暑くて
    しかも長く歩いた結果
    襟元も詰んできてしまい最悪な状態になってしまいました。

    今回ばかりは うまくいきませんでした。
    夏帯をきれいに結ぶにはどうしたらよいか
    今後研究する必要があります。

    夏着物は 涼し気にゆったりと着なくてはなりません。
    真逆になってしまい 今回ばかりはとても反省しました。

    しかも恐ろしいことに
    そんな感じに乱れたままで、コンサートのあとの
    五郎さんのお見送りの会で
    五郎さんの前に登場する、ということをしてしまいました。

    みっともないので本当は参加しないつもりだったのですが
    お友達になった方が参加されるとのことで
    まぁ、きっと私など見てないだろう、
    見ないに違いない、とか思い、
    やっぱり五郎さんに会いたいものですから、
    あろうことか出て行ってしまいました。
    見られたくないので
    一瞬しか見なかったんですけど
    近くでみると五郎さんはさらに二枚目でした。

    恥ずかしすぎました。
    とほほ

    それでも 場慣れ、着慣れ、ですから
    とても大切なお勉強の機会です。
    失敗は大きな学びです。
    こんなに情けない思いをすると
    次からは ものすごく上手だと思います。

    次はもっと 優雅に着れますように。


    IMG_20230715_1525102.jpg
    こちらは胸に巻くさらしです。
    IMG_20230731_1133441.jpg

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    5436位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    608位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: