FC2ブログ
       
    10
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    乙女には花モチーフ

    id_7006138771.jpg
    最近、私のレース編みは 
    攻めているのでありますっ。

    はっはっは
    楽しい楽しい~~っ

    飾り衿を編みました。
    超テンションが上がった~~っ

    エミーグランデが50グラム残っていたので
    それを使いました。
    花モチーフは 40番レース糸です。
    可愛く出来た~~っ
    バンザーイバンザーイ!
    id_7006138801.jpg
    飾り衿は初めて編みましたが
    とってもきれいに編めましたっ
    けっこう 根気が必要でした。
    花モチーフは全部で14個付けました。
    かわいい~~っヽ(≧∀≦)ノ

    やるじゃん あたし~~っ!

    まぁ そんな感じで めちゃめちゃテンションが上がりました。

    ワンピースを出して 付けてみました。
    あはっ
    楽しい~~っ

    レース編みしているときだけは
    乙女でいられます。

    だれが何と言おうと
    それでいいのだ~~っ。
    id_7006138781.jpg
    id_7006138791.jpg

    仕事が大変だった。

    この夏は ことのほか仕事が厳しく
    仕事から帰っても 仕事から頭が離れてくれないような日々でした。

    去年より人も減っていることもあるけれど
    私達を追い詰めたのは なかなか新人が育たない、ということです。
    仕事が多方面に渡り いろんな事例もあり
    忙しく 内容的に難しい場所、だということがまずあげられます。

    が、人が育たないと 自分の分+もう一人分の仕事を
    同時進行で 一緒にこなさなくてはならないようなことになり
    むしろ 一人で立つほうがきちんと仕事ができて良い、
    ということになります。

    どうして みんなで きちんと育てられないのか、という
    批判も受けることとなり
    教え方の何がわるいのか、ということになります。
    自問自答の日々となるわけですが
    結局 人が育たないと 
    だれの責任か、ということとなり、
    最終的にはそこにいるすべての人が悪者になってしまう。

    人の心が荒れてくると
    聴きたくないことも聴くようになり
    それぞれが 言わなくてもいいことも言うようになり・・・と
    その破壊力は驚くほどに大きい。

    けれど その中にも とても学びはあって
    何かひとつの事について意見を受ける時
    それとは別の
    その意見をされる人の感情まで大きく込められる。

    ですから意見させないほどの
    日頃からの努力と
    人としての 品格のある行動が
    何より大事だということがわかります。

    真面目にやると
    真面目過ぎると言われたり
    完璧だから 息が詰まる、と
    替って来られた上司から 言われたりして
     なんだか難しい時代になってきたなぁ・・・と思います。

    言葉というものは いつまでも残るものですし
    ひと言にも 発した人間の気持ちが あまりにもはっきりと出てしまうので
    あぁ こんな風に考えていらっしゃるのか・・・と
    受けとめつつも
    ここは黙って 日々きちんと仕事をしていくしかないなぁと
    今は 修行の時と 考える日々です。

    どこか穴があったら
    穴に向かって叫びたいと思う時期をやっと抜けて
    今は少し進化できたような気がします。

    id_6975652161.jpg
    庭にカサブランカが次々と咲いて
    花のない時期に 心を癒してくれています。

    精神を安定させる色。

    IMG_05111.jpg
    毎日少しずつ レースも編んでいます。
    モチーフ繋ぎにすれば 一日一個モチーフを編むことが出来ます。
    そういう感じで コツコツと続けて行けば
    なんとか 形になっていきます。

    今回は紫のボカシにしました。
    涼やかですし 
    紫色は 厄落としの色で
    精神の安定剤のような働きをしてくれます。

    職場で 少し気持ちが落ち着かない日々が続きましたので
    この紫のボカシのパワーが
    けっこう必要でした。

    私は 自分のその時の気持ちに必要な色で
    レース編みをしています。

    色のパワーは大きいです。

    私は いろんなものからパワーを吸収しながら
    なんとか 日々乗り切っています。

    そしてささやかでも 趣味のレース編みを
    丁寧に編んで仕上げることに 喜びを感じます。
    IMG_05171.jpg

    続けてきたものは出来る限り続けて行く。

    若い頃は やめたくなったらやめればよい、
    という考えだったのですが
    30代後半から 考え方を改めまして
    とにかく続けることが素晴らしいんだと
    根気強く続ける努力をしてきました。

    ですが逆に言うと
    続けられることを自分なりに選別したから
    続けられてきた、と言うこともあると思います。

    結局  その基準は、というと
    小さい頃から好きだったもの、ということになると思います。

    昔から自分が好きだったものを探したのです。
    そして 私は 自分の周りに
    子供のころから好きだったものをすこしずつそろえていって
    続けてきた、というのが正しいと思います。

    日舞も 小学生の時にやっていたから
    もう一度始めようと思いましたし
    ホームぺージも 自分が昔から好きだった音楽を
    語っていきたいから続けて来られました。
    作品を一曲一曲、語ることを自分に課してきたのは
    そうしなければ 続かないだろうと自分で気づいていたからです。
    (ただホームページにつきましては
     資料のページがお宝ゆえ、
     守るために続けてきた、という気持ちが強いです。)

    鳥も小さい頃から飼い続けていて
    今もインコがいますけれど
    鳥は 心のよりどころで  友達のようなものです。

    レース編みもそうですし
    お花もそうですし

    小さい頃から好きだったものを
    私は続けているのだなぁと気づく時

    小さい頃の夢や理想に
    なんとか近づこうとしているんだなぁと
    やっと気づくような 今日この頃です。

    id_6941163181.jpg

    二度目のウサギ島。

    土曜日の夜 主人が またウサギ島に行こうか、と
    聞いてきたので 行くことにしました。
    次男もたまたま休みだったので
    行ってみたい、とのこと。

    日曜日は 5時過ぎから出発して
    出掛けましたが 2時間くらいで
    フェリー乗り場まで着きました。

    たくさんのウサギがいるので
    帰るまでになくならないよう
    餌の準備は 今回は万全。

    なにしろ餌がなくなると
    見向きもされません~っ(>_<)

    餌を持って歩くと
    ウサギさんがおねだりのポーズ。
    か、かわいい~~っ!!
    id_6930405771.jpg
    えさをあげるのに夢中で
    ほとんど写真を撮りませんでした~~っ(>_<)
    id_6930403181.jpg
    休暇村で注文したかき氷です。
    なんとも不思議なかき氷でした。
    id_6930405821.jpg
    海のそばには ウサ耳が並んでいて
    耳をあてて聴くのだそうですが
    それも 私は ウサギに餌をあげるのに夢中で
    耳もあてませんでした~~~っ

    まぁ ほぼ
    ウサギに餌をあげて喜んでいた状態で
    島に着いてから帰るまで
    ウサギが 餌を食べる姿を見ていましたっ。

    最後には ナフコで買った
    ウサギ用の パイナップルの高級餌を出して
    どんなに喜んでくれるのかしら、と
    餌をやってみたのですが
    特に それほど喜ぶことはありませんで
    その辺に餌が落ちて残っていたのには
    がっかりしました。

    ウサギは 食べる時は神妙な顔?で
    無表情でひたすら口を動かすのですが
    それがまた とても可愛いなぁ、って思いました。

    とにかく ひたすら ウサギに餌をあげて
    喜んでいた私なのでした。
    可愛かったです。

    そのあとは 呉の潜水艦の資料館にいって
    三時半には 家に帰ってきました。

    日帰りで行けて びっくりでした。
    id_6930402591.jpg

    文月

    気がつけば 一年の半分は終わってしまい
    7月へと入りました。
    頑張りたい気持ちはありましたが
    これといって進歩もなく半分過ぎてしまいました。
    すごく悔やまれます。

    それでも つい数か月より
    少しやる気が出て 攻めていく気持ちになってきました。
    それまでは 現状維持が精一杯で
    停滞期に入ったと感じていました。

    すべては心が変わらなければ
    何も変わっていけないので
    私は 思いがけず希望を手にした気分です。
    今日から 強い変革の意志を持って進もうと
    気持ちを新たにしています。

    これからは 攻めていく。
    そう思えるようになっただけでも 大きな変化なのですから。

    こつこつと続けてきたこと、
    学び続けてきたことが 自分の力になっていると
    とても感じる日々です。

    最近 生け花の写真をアップしていなかったので
    まとめてアップしておきます。

    最近 生け花のお稽古に
    お母さんと一緒に 小学生の女の子が来られるようになりました。
    お母さんと一緒に 何かを学ぶことができるなんて
    なんて素敵なことでしょう。

    そして私は女の子を育てていないので
    本当に可愛らしく感じて 微笑ましく感じます。
    何とも言えず 幸せな姿に
    心が温まる生け花の時間になっています。

    私もこんな風に 母について歩きたかった、
    と思います。
    id_6899273481.jpg
    id_6850747351.jpg
    651509_1558599193.jpg
    id_6774845751.jpg

    根を詰めて編んだ

    2019062615534288a.jpg
    毎日 コツコツと 色を変え モチーフを繋ぎ
    編んでいたドイリーが出来上がったら
    少し気が抜けてしまいました。

    最近は編み物もできるだけ
    大きい作品で 面白味のあるものを と
    取り組んでいます。

    手をかけ
    時間をかけ 編んだものというのは
    やっぱり ながめても満足します。

    編むのは大変でしたが 楽しかったと感じられるからです。

    厚みもあって 触り心地もとてもよく
    ポコポコした凹凸が面白いです。

    また コツコツ頑張って
    すこし大き目の作品に挑戦したいと思っています。

    それからこの季節
    花を飾るのなら
    やっぱり百合の花だなぁと思います。

    丈夫だし 長持ちするし 美しいし
    何より良い香りがするから
    この季節はユリばかりを買うようになります。
    IMG_050211.jpg
    今回の作品は けっこう気に入ってます。

    映画「ザ・ファブル」

    今日はお休みでしたので
    久々に主人と映画を観に行ってきました。
    最近映画を観に行ってなかったので
    映画が見たいと思いました。

    何を観に行こうかと思ったのですが
    今回は出演者の顔ぶれを見て
    「ザ・ファブル」に決定~。

    いつもそうなのですが
    あまり深くその映画について調べずに行くようにしています。
    そのほうが先入観なしに見れるし
    サプライズ感が増すからです。

    岡田准一さんが主演ということでしたので
    観てみようと思いました。

    あとは 出演者が豪華だったからです。
    豪華というのは 主役クラスの魅力のある役者さんが
    勢ぞろいしている、ということです。

    しかし こんなに血なまぐさい映画とは思っていませんでした。
    耳を押さえ身体を小さくして 観る場面も多かったのですが
    主人が 私はこういうのは苦手と思っていたものですから
    この映画に決めたことに驚いていました。
    私も内容を知らなかったので驚きましたけれど。
    主人は面白かったと言ってました。

    配役が絶妙で 要所要所 魅力的な役者さんが配置されていて
    さすがだと思いました。
    おかげで私も 楽しかったなぁと見終わって思えました。

    これは役者の人間力、と言いますか
    人の魅力の力が大きいと思います。
    そして 役者と役者のぶつかり合い、
    化学反応が とても面白くて迫力があります。
    どの役者さんも その個性が生きる役どころでした。

    見応えのある
    おもしろい映画でした。
    アクションも迫力がありました。

    映画の世界だから楽しめましたが
    現実には絶対関わりたくない世界です。

    映画は してはいけないこと
    あってほしくないこと
    体験したくない恐怖
    関わりたくない人たち・・・・

    現実に味わいたくないことを
    疑似体験させてくれます。

    これは とても大事なことです。

    ですから 頻繁に映画は
    観に行きたいなぁ、って
    私は思います。

    また 良い映画があったらいいな、って思います。

    最近アゲハ蝶が たくさん飛んでいます。
    恋の季節なのでしょう。
    5つくらい もつれあうように昨日も飛んでいました。
    ちなみに蝶は一頭二頭と数えるそうですが
    少し違和感がありますね。
    id_6867287101.jpg
    こちらはいつも通る中学校の近くの紫陽花の通りです。
    id_6867289251.jpg

    かつての同僚より。

    かつて 私の職場にいた方より連絡をいただきました。
    薔薇の花をたくさんいただいたので
    お逢いしたい、との うれしい便りでした。

    忘れずにいていただけて本当にうれしいことでした。
    さっそく連絡を取り
    仕事が終わったあとに喫茶店でお会いしました。

    彼女は二年ほど 同じ職場で働いていたのですが
    引っ越しをされて今は違う職場で働いていらっしゃいます。
    久々に会ったら 明るい色のお洋服を着られて
    表情も明るく とても輝いていらっしゃいました。
    まだお若いので 
    これからますます輝かれると思います。

    とても安心しました。

    私が花が好きなことを思い出してくださって
    このように声をかけてくださいました。

    おすそ分け、とおっしゃっていたのですが
    帰りに車の中から取り出された花束を見て
    びっくりしました。
    とても おすそ分けとは言えない量の薔薇の花でした。
    id_6865857211.jpg
    本当に有難いことだと思いました。
    感謝感激です。
    そのお気持ちに胸がいっぱいになります。
    なんてうれしいのでしょう。
    id_6867287091.jpg
    カスミソウを買ってきて
    あれこれ花瓶を出して振り分けて飾らせていただきました。

    お花のプレゼントは 本当にうれしいです。
    優しい気持ちが込められているお花は
    ながめても特別です。

    有難いことだなぁ。
    幸せ~~。

    「うたコン」これが愛と言えるように。

    昨日は夜まで仕事でしたので
    楽しみにしていた「うたコン」は録画予約をして
    帰って観させていただきました。

    みなさまも見られましたでしょうか。

    昨日はコラボレーション企画でした。
    普段 あまり見られないような
    コラボレーションを楽しむことができました。

    それぞれの個性が競いあうような
    華やかでパワフルな共演が多かったです。

    さて 野口五郎さんですが
    昨日は 新曲を披露されました。
    ヴァイオリニストの 小林修子さんとのコラボレーションです。

    小林さんとは二度目の共演です。
    思い出のメロディでの「甘い生活」が一回目の共演でした。

    お二人の共演、
    繊細で とても美しい ドラマチックな仕上がりでした。

    フルコーラスではありませんでした。
    「えっ もう終わってしまったの?!・・・もっと聴きたかった!!」
    そう思われた方も多いのではないかと思います。

    けれど 十分にこの作品の世界観は伝わりました。
    とても丁寧に 
    言葉やメロディを 慈しむように歌われていました。

    野口五郎さんは来年50周年を迎えられます。
    普通に生きることでさえ50年は難しいことです。
    半世紀とも言える年月を 
    五郎さんはずっと 歌い続けてこられました。

    五郎さんは言葉を大切に歌われています。
    そしてご自分の作品は 当時とキーを変えず そのままに
    今も歌っておられます。

    いつも書いていますが
    歌が上手い人は 世の中には たくさんいらっしゃいます。

    大きな声が出る人も 高いキーが出る人も
    たくさんいらっしゃるでしょう。

    けれど

    けれど 野口五郎さんのように
    歌で 愛を語れる人は そんなには いません。
    ですから 聴いていただきたいと願わずにはいられないのです。

    この繊細さ、哀愁の感じられる甘い歌声は
    野口五郎という歌手の大きな魅力であります。
    そして沢山の人から愛されてきたからこそ
    50年歌い続けてこられた、ということもあると思います。

    今年5月1日に発表された「これが愛と言えるように」は

    まず「これが愛と言えるように生きていきたい」
    というメッセージが
    聴く人に届けられることでしょう。

    そのメッセージは 自分自身に向けられたメッセージですが
    本当のメッセージは
    さらに もうひとつあるのです。

    それは 大切な

    愛する人に向けた
    大きなメッセージです。

    「あなたがいてくれたら 

     それでいいから」

    そのひとことを伝えるために
    この作品はあるのではないかと私は思うのです。

    あなたがいてくれるだけで 
    もうそれだけで充分なんだと

    私たちは
    愛する人に伝えたことがあったでしょうか。
    こんなに大切なことを
    きちんと伝えたことがあったでしょうか。

    そのことを思います。

    今回のうたコンの五郎さんの歌唱、
    私は
    最後の 「それでいいから」
    ・・・の素晴らしさに
    胸を打たれました。

    深く深く伝わりました。

    また テレビで歌っていただけることがあるといいなぁと思っています。
    その時には ぜひ みなさまも耳を傾けていただければと思います。

    今回このような素晴らしいコラボレーションで
    聴かせてくださいましたNHKさま
    本当にありがとうございました。

    ****
    私が前に書きました
    「これが愛と言えるように」のレビューはこちらです。
    お時間がおありでしたら どうぞご覧ください。
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-970.html
    id_6846107731.jpg
    こちらは私の大好きな白い紫陽花です。
    id_6750015331_20190607204504178.jpg

    頑張ったご褒美は・・・。

    今日は 小曲の会が市民ホールでありましたので
    受け付けで 参加させていただきました。

    たくさんの先生方や先輩方やお仲間にお逢いしたのですが
    先日の下松での舞台を 思いがけずたくさんの方に褒めていただけて
    ほんとうに有難いと思いました。

    考えてみると最近 お叱りは受けることはあっても
    あまり人から褒めていただけるようなことがなかったものですから
    ものすごく うれしくて 
    なんて有難いのだろう、って思いました。

    スッキリと踊れて とてもよかった、とか
    あなたの踊りを見て嬉しくなった、とか
    また踊ってほしい、とか
    身に余る言葉をいただき感激しました。

    先日の舞台の受付けをしてくださった方も
    他の流派の方より
    私の演目の踊りを教えた師匠は誰なのかと聞かれたそうです。
    それってすごくうれしいと思いました。

    こういう言葉をいただくと
    もっともっと頑張ろう!って思います。

    最近は もう
    無難に生きて終わるだけ・・・
    みたいな気持ちになっていました。

    頑張れない自分がいたのでした。

    しかし 今回足の先を10針も縫ったことで
    日も迫り、
    何とかしなくては、と自分なりに懸命に考えて
    すごく努力してお稽古したのでした。

    そういうことだったのだなぁ・・・・。

    急に やる気がフツフツと湧いてきました。

    前にもブログに書きましたが
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-196.html
    手塚治虫さんの言葉に
    「夢は二つ以上持ちなさい」という言葉があります。
    本当に そうだなぁ・・・と思います。

    あぁ まだ 私には日舞があるじゃないか。
    こつこつと学んできたことを忘れるところでした。

    それから最近 そのようなことが もう一つありました。
    レース編みのことです。
    お友達より そのことを 気づかせていただけました。
    本当にうれしくて感謝でした。

    ですから 今 あらためて感じたんです。
    かけた時間は 決して無駄になどならない。

    私には あと二つも 楽しめることがあるじゃないか、
    夢があるじゃないか、って。

    そしてもう一つ、ありますしね。(笑)


    ・・・ということで 今日は 主人が マックで
    ノグチバーガーを買って 待ってくれていましたので

    今日頑張ったご褒美として
    わたくし ノグチバーガーを いただきました~~っ

    しみじみ、
    良い一日でしたーーーーっヽ(^o^)丿

    感謝!!
    id_6837909851.jpg
    二つは食べてませんよ~~。
    念のため(笑)

    わが家の男同士の話。

    id_6837909341.jpg
    緑 「うーーん なんて イイ男なんだ。許せない~っ」

    黄 「ねぇ 何を見ているの?」
    id_6833155831.jpg
    緑「いや、今ここに 超イケメンが映っているのさ」

    黄「ふーーん  そうなの~?見てみたいな~」
    id_6833160631.jpg
    緑「ほらっ、やっぱりここに!! 悔しいくらいのイケメンが~っ」

    黄「えっ、それ イケメンなの?  君にしか見えないけど・・・」

    緑「ええっ! このイケメンは僕なのか!! それは大変だーーっ」(飛び去る)
    id_6837909361.jpg
    黄「・・って いうか 君の隣に映った鳥が僕なら 
      僕って すごくきれい・・・・」(固まる)

    毒蛾に攻撃される。

    4月の足の怪我も ようやく完治し、
    やっと気持ちも前向きに
    前に進む気力を取り戻して、
    よーしがんばるぞー、と思っていた矢先でした。

    大好きな紫陽花が美しく咲く季節、
    月曜日 庭に出て 椿の隣の蝋梅を切り
    草取りをしたのでした。

    すると 翌日 右腕と顔に水泡が・・・
    特に腕はミミズ腫れに・・・

    すぐに 椿に付く毛虫にやられてしまったのだな、と
    思いました。
    前にもこんなことがあったからです。

    そのうち治るだろうと思っていたのですが
    2日経ち 3日経ったら もっとひどくなりました。

    だめだ~
    自分で治すことは無理!!

    そう思って今日は病院へ行ってきました。
    やはり毒蛾が原因のようでした。

    点滴をしてもらい 薬をいただいて
    戻ってきました。

    アレルギー体質は父からもらったものだと思います。

    昔 よく父が嘆いていました。
    親の悪いところばかり子に遺伝する・・・と。
    本当に・・・そうだよなぁ、と思います。
    なかなかうまくいかないものです。

    庭の椿は 母がくれたものでした。
    この家を建てた記念に
    母が椿をくれたのです。
    ですから とても大事にしてきました。

    けれど

    私は怖い。

    椿が怖くてたまらない。

    このミミズ腫れが怖い。
    毛虫が怖い。

    なんかもう 何もかも怖いっ

    もう無理だ~~っ(泣)


    花があまり咲かないけれど
    大事にしてきました。
    母には悪いけれど
    椿は 主人に切ってもらおうと思います。

    日曜日は 日舞の舞台の受付を頼まれているのに
    本当に困っているところです。

    とにかく最近は何かと病院通いで
    情けない限りです。
    id_6829071001.jpg
    庭の紫陽花は色づき始めました。

    色について考える

    id_6805447341.jpg
    私の趣味はレース編みですが
    好調な時は レースがいっぱい編めますので
    最近は 自分は好調なのだなぁと思います。

    だけど私の場合、絶好調、なんて思うと
    たいていコケてしまうので
    まだまだ・・・まぁまぁ・・・だと思うようにしなくてはいけません。

    忙しくて気持ちが落ち着かない時や
    いろんなことで焦っているときなどは
    レースは編めません。
    だから編める時は 落ち着いているときなのだとわかります。

    そして編んでいて しっくりとくる色もあれば
    気持ちが拒絶する色もあるので
    その色の選び具合でも 自分の状態がよくわかります。

    この糸の色は かわいい少女のような色で
    明るく可愛い色合いで
    勢いのある五月のような色合いだと感じました。

    この五月も ヒイヒイでしたけれど
    敢えて この季節のような明るく勢いのある色合いの糸で
    編んでみました。

    そして写真を撮る時など
    バックの色によって
    作品の印象も変わるのですが
    どんな色でも違和感なく合う色は
    やっぱり青なのだなぁ~、と感じます。

    青空の青の色って
    本当にすごい色だなぁ~

    人もそれぞれに個性を持ち
    色を持っているけれど
    人を取りまとめるなどの役割を担うなら
    自分の心を青空の青にして
    人の中に入っていかなくては
    まとまらないんだなぁ・・・・と
    最近 しみじみと感じました。

    こういうことを
    自分が20年前にわかっていたら・・・と
    後悔しなくて済んだのに、
    と 振り返る日々です。


    id_6805446991.jpg
    ところで今年は紫陽花の色が濃いので
    少し土壌改良をしなくては、と思いました。
    id_6817414891.jpg

    五月より六月が好き。

    私の5月は いつも忙しく
    休みたくても休むこともできず
    追い立てられるような感じで
    これまで生きてきた人生の半分以上来てしまったので
    私は 5月はしんどい、という思いが先に立ちます。

    幼いころ 一人で過ごす時間があまりに多かったために
    一人になることができないと
    酸素ボンベがほしいくらいの気持ちになるので
    五月は酸素ボンベがほしい気持ちになるのです。

    そして五月は急に光が注がれるようなまぶしさとなり
    私は強い光に照らされ続けていると
    目がくらんでしまって とても疲れてしまうのです。

    だから私は 五月より六月が好き。
    雨の季節だけど
    すごくほっとできますし
    一人で過ごす時間がたくさんあるからです。

    そしてそして
    なぜ六月が好きかというと

    紫陽花が咲く季節だから 
    私は好き。

    庭にいっぱい紫陽花を植えています。
    その紫陽花が 今自分の出番を待っています。

    すごく楽しみで
    わくわくします。

    今年の五月も激しい月でした。
    そして明後日から六月です。

    静かに 一人の時間を過ごしたいと思います。

    紫陽花の咲く季節が
    私は好き。
    id_6801344181.jpg

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    5796位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    676位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: