FC2ブログ
       
    10
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    11
    12
    13
    14
    15
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    続けてきたものは出来る限り続けて行く。

    若い頃は やめたくなったらやめればよい、
    という考えだったのですが
    30代後半から 考え方を改めまして
    とにかく続けることが素晴らしいんだと
    根気強く続ける努力をしてきました。

    ですが逆に言うと
    続けられることを自分なりに選別したから
    続けられてきた、と言うこともあると思います。

    結局  その基準は、というと
    小さい頃から好きだったもの、ということになると思います。

    昔から自分が好きだったものを探したのです。
    そして 私は 自分の周りに
    子供のころから好きだったものをすこしずつそろえていって
    続けてきた、というのが正しいと思います。

    日舞も 小学生の時にやっていたから
    もう一度始めようと思いましたし
    ホームぺージも 自分が昔から好きだった音楽を
    語っていきたいから続けて来られました。
    作品を一曲一曲、語ることを自分に課してきたのは
    そうしなければ 続かないだろうと自分で気づいていたからです。
    (ただホームページにつきましては
     資料のページがお宝ゆえ、
     守るために続けてきた、という気持ちが強いです。)

    鳥も小さい頃から飼い続けていて
    今もインコがいますけれど
    鳥は 心のよりどころで  友達のようなものです。

    レース編みもそうですし
    お花もそうですし

    小さい頃から好きだったものを
    私は続けているのだなぁと気づく時

    小さい頃の夢や理想に
    なんとか近づこうとしているんだなぁと
    やっと気づくような 今日この頃です。

    id_6941163181.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト



    ありがとうっ

    けいちゃーん ありがとうっ
    考えてみると 好きな物って
    結局 子供の時に気持ちを戻して考えてみると
    よくわかるんだなぁ、って思いました。
    そういうものって 長く続けられますね。

    自分の心を喜ばせるには
    昔から好きだったことを続けることが
    一番だと思いました。

    逆に長く続けていると
    やめることの方が難しくなってきますね。(笑)

    No title

    素敵なお花!!!
    のりえさんは多趣味で素晴らしいですよ!
    やめるのは簡単ですが、続けるのはなかなかできないことです。
    好きなことでも壁にぶち当たって悩むこともあるし~。
    そこを超えたら成長があるのですね。
    また作品を見せてくださいね。

    Secret

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    6642位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    772位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: