FC2ブログ
       
    10
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    11
    12
    13
    14
    15
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    映画「ザ・ファブル」

    今日はお休みでしたので
    久々に主人と映画を観に行ってきました。
    最近映画を観に行ってなかったので
    映画が見たいと思いました。

    何を観に行こうかと思ったのですが
    今回は出演者の顔ぶれを見て
    「ザ・ファブル」に決定~。

    いつもそうなのですが
    あまり深くその映画について調べずに行くようにしています。
    そのほうが先入観なしに見れるし
    サプライズ感が増すからです。

    岡田准一さんが主演ということでしたので
    観てみようと思いました。

    あとは 出演者が豪華だったからです。
    豪華というのは 主役クラスの魅力のある役者さんが
    勢ぞろいしている、ということです。

    しかし こんなに血なまぐさい映画とは思っていませんでした。
    耳を押さえ身体を小さくして 観る場面も多かったのですが
    主人が 私はこういうのは苦手と思っていたものですから
    この映画に決めたことに驚いていました。
    私も内容を知らなかったので驚きましたけれど。
    主人は面白かったと言ってました。

    配役が絶妙で 要所要所 魅力的な役者さんが配置されていて
    さすがだと思いました。
    おかげで私も 楽しかったなぁと見終わって思えました。

    これは役者の人間力、と言いますか
    人の魅力の力が大きいと思います。
    そして 役者と役者のぶつかり合い、
    化学反応が とても面白くて迫力があります。
    どの役者さんも その個性が生きる役どころでした。

    見応えのある
    おもしろい映画でした。
    アクションも迫力がありました。

    映画の世界だから楽しめましたが
    現実には絶対関わりたくない世界です。

    映画は してはいけないこと
    あってほしくないこと
    体験したくない恐怖
    関わりたくない人たち・・・・

    現実に味わいたくないことを
    疑似体験させてくれます。

    これは とても大事なことです。

    ですから 頻繁に映画は
    観に行きたいなぁ、って
    私は思います。

    また 良い映画があったらいいな、って思います。

    最近アゲハ蝶が たくさん飛んでいます。
    恋の季節なのでしょう。
    5つくらい もつれあうように昨日も飛んでいました。
    ちなみに蝶は一頭二頭と数えるそうですが
    少し違和感がありますね。
    id_6867287101.jpg
    こちらはいつも通る中学校の近くの紫陽花の通りです。
    id_6867289251.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト



    Secret

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    6642位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    772位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: