FC2ブログ
       
    09
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    13
    15
    19
    20
    21
    22
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    「祈りの幕が下りる時」

    阿部寛さん主演の映画が公開になったというので
    主人と一緒に見に行くことにしました。
    阿部寛さんのドラマや映画は
    最近は気にかけて 観に行くようにしています。
    人としての魅力、でしょうか。
    演技に厚みがあります。

    昨日はたまたま ビデオ屋さんに行って
    「麒麟の翼」を借りて来て主人と観ました。
    「新参者」というドラマは なぜかまったく知らなかったですし
    同じシリーズとは知らず 今日は観に行ったのですが
    麒麟の翼を 昨日見ていたので
    物語が謎解きのように よくわかり
    さらに楽しめました。

    ストーリーとしては 前回の映画作品より
    さらに胸を打つもので 面白かったです。

    予習もせずに行くものですから
    まったく何も知らなくてそこに座って観るわけです。

    それだけに 衝撃を受けたり
    びっくりしたり
    どうなるのだろうと ドキドキしたり 
    笑ったり 泣いたりで
    あぁ やっぱり映画っていいなぁ、って思います。

    今回は 特に
    こんなに哀しい身の上の人がいるんでしょうか、と
    驚くくらい 哀しい人生が描かれていました。

    あなたが かわいそうな人の人生を作って語ってください、
    と もし言われても 
    とてもとても これほどの人生は思いつきもしません。
    私にとっては それくらい衝撃的なレベルでした。

    これを 普通に観ることは とても無理です。
    涙はもう とめどなく流れます。

    どうしてこれほどの不幸があるのでしょう、と思いました。

    何はなくても 親の愛がそばにある人生は幸せです。
    母と父が 自分のそばにいてくれる人生ならば幸せなのです。

    そして 一度でも 嘘をついたり 人を欺くようなことをすると
    人生は狂う。

    苦しみや怯えから逃れるために ついた嘘は
    たとえその時は逃れられたとしても
    いつまでも自分を苦しめ追い詰める。

    だから逃げてはいけない。
    苦しくても逃げてはいけないんだな。

    そんなことを思いました。

    お父さんに少女がしがみついて泣くシーンなど
    悲しすぎて とても耐えられませんでした。

    どの役者さんも 魅力のある人物でした。
    とても 深く心に届くものでした。
    キャストが とてもよかったです。

    これはお薦めの映画です。


    今日は レースのドイリーを完成させました。
    最近は 気力が充実しているせいか
    すごい勢いで編めます。

    紫色の糸で編んでみました。
    色にはパワーがあります。
    とても良い力が働くと信じてます。
    これは職場の同僚にプレゼントします。

    わが家のヒヤシンスも満開になりました。

    春が待ち遠しいこの頃です。
    id_5540163831.jpg
    このデザインは とても気に入ってます。
    id_5540157111.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト



    Re: 一足早い春ですね

    さきさん ありがとうっ
    うれしいなっ

    今は レースを編んで花を飾って・・・
    というのが どうしようもなく楽しくてハマってます。
    一時期やめていたのですが
    ドイリーを人に貰っていただくことも
    今は楽しみです。

    色って面白いですね。
    ほんとピンクに見えますね。
    まちがいく紫なのですが
    バックの青が 色を変えているようです。
    人生もそうだけれど
    そばに添う人によって 見える色が違う。
    きれいな青は すべての色を優しくします。
    そういう面白さも たまりません。

    正直 欲張りすぎだと思っています。
    あれもこれも欲張りすぎていて
    どれも中途半端になっています。

    だけど やりたいことは 
    コツコツ 続けようと決めてます。

    すべては 沢山の人の力を借りて
    続けて来れたことだからです。

    最初の頃は 猛烈にあれもこれもやって
    ほんと ほとんど寝てなかった気もしますが
    あまりにも夢中で 手段も選ばず
    勢いに任せて突っ走り
    大事なこともすべて忘れ
    もう大混乱で
    お叱りもいっぱい受け
    捨て台詞もいっぱいもらい
    打ちひしがれ 挫折もしましたし
    みじめさもいっぱい味わいました。


    愚かさゆえ この人生にとっての大きな宝物も
    失うこともありましたが
    その経験こそ尊い教えであり教訓です。

    そしてそんな中で
    この手の中に残ったものは
    私の人生の課題なんです。

    たぶんきっとこの人生に課せられたものなんです。

    育てていただけたすべての方に 感謝しております。

    この頃は長く続けることで 少しずつ積み上げて行けばよい、と
    思うようになりました。
    続けてきたことは 死ぬまでやっていく覚悟で
    じっくりと取り組んでいきます。
    結果は この世から去る時に
    自分で「よし」と思えればいい、って思ってるんです。

    レースは 今は根性が足りないので
    大きな作品には取り組めませんが
    楽しむことを第一にしながら
    いつかはやるぞー!と思ってます。

    なんといっても チャレンジャーですからねっ(笑)

    もちろん高みを目指してまいりますっ。
    だから ささやかでも夢はいっぱいですっ。
    今は無理ですが 
    アートを目指して張り切ってまいります~っ

    さきさん お励ましを
    本当にありがとうっ。
    燃えてきました~~っ

    一足早い春ですね

    わあ~と思わず声が出た、春らしいレース編みですね!
    紫色との事ですが、画面からは、淡いピンクのように
    見えました。
    のりえさんの最近のレース編み拝見していると、のりえさんの
    ルンルンが伝わってくるようです。
    いい趣味をお持ちですね。羨ましいです。
    いつも感心します。お仕事をされて、その上に、日舞、生け花
    をお稽古され、尚且つ、ブログ、掲示板をずっと続け
    られるなんて!!! そのうちのたった一つでも続けられたら
    立派だなあと思えるのに……

    レース編みの写真をアップされる時、合わせるお花など
    色々工夫されていますが、レース編みを、単独で、
    ガラスの額に入れて、お部屋に飾られるのも、いいのでは
    と思いました。
    先日、テレビで、イタリアの蚤の市で、額入りの古いレース
    を、日本の芸能人が、買って、後で、その価値を鑑定される
    という番組をみました。。そのレースには驚きの高値が
    つきました。
    のりえさんのレース編み、美しくて、プレゼント
    された人、本当に喜ばれると思います。またご自分が着られる
    物や花瓶の敷物といった実用的な物ををお作りになるのも
    暮らしを豊かにすると思います。決して実用的な物を否定
    しているわけではありません。
    でも、最近のりえさんのレース編みを拝見していると、
    もっと高みのアートを目指して創作されてもいいのでは
    と思ってしまいました。
    レース編みなど殆どしない者が言うのもなんですが……
    Secret

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    8427位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    942位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: