りんご狩りから津和野へ。

    12日はお休みだったのですが
    主人がりんご狩りに行こう、というので
    お出掛けしてきました。

    徳佐のりんご園に・・・・。
    行く前は えー、リンゴ狩り~っ、って思っていたのですが
    行って リンゴの木をながめ
    赤いりんごのどれにしようかな~、なんて考えると
    とっても楽しくて 幸せな気分になってきました。
    id-395324345_convert_20161120223212.jpg

    ひとつの木にこんなにりんごがなるんだ~っ
    かわいいりんごだなぁ。
    id-395324517_convert_20161120223143.jpg

    取っては皮をむいて食べ また次はどれにしようか見て歩く・・・。
    これは楽しいっ。
    思った以上に楽しい~っ。

    いっぱい食べようと思ったけれど
    3つが限界でした。
    主人は食べることに苦戦しており
    りんごを取るどころではなく必死で食べてました(笑)

    もぎたてのりんごは みずみずしくてとってもおいしい~~っ
    また来年も来たい、って思いました。

    その後 近いから・・と 津和野に。
    昔は もっと観光客も沢山いて 賑やかでしたが
    お天気が悪かったせいか 団体客以外は あまり来られてませんでした。
    店を閉じているところもあって
    昔に比べたらとても淋しく感じました。
    id-395324252_convert_20161120230521.jpg


    いつものように鯉を見て・・と思ったのですが
    水が濁っていて よく見えませんでした。
    id-395324171_convert_20161120223115.jpg
    その後 教会に行き
    過去の悲しい歴史に触れました。

    id-395324108_convert_20161120223023.jpg

    そして主人は 津和野の地酒がお目当てだったようです。
    息子の好きな源氏巻きも買って帰りました。

    それにしても このような観光地に
    若い人が集まらなくなったのはどうしてだろう、と考える時、
    今の 若者が 恋愛をしない、ということが大きいのではないかと思います。

    恋愛がめんどくさい、と 言う言葉にも驚きますが
    それだけ満たされている、ということでしょうか。

    恋をすれば 一緒にお出かけをして
    観光地を歩いて、食事をして・・・・と
    いろんなところに 若者の姿があると思うのですが

    なんだかなぁ

    もう 自治体から なんらかの取り組みをしないと
    いけない時代になったのではないかなぁ・・・などと
    津和野に立って考えました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)


    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    6019位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    779位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: