努力が報われる人生であってほしい。

    今夜は
    ついつい見てしまいました。

    AKBの総選挙。

    若いなぁ~
    青春なんだなぁ。

    素晴らしいことです。

    私だったら
    絶対こんなチームでの活動はしない。
    比較されることや
    競争することが嫌でたまらない。

    競わされると
    心底嫌になる。

    自分を見失わない方がおかしい。
    自分らしくいられるわけがない、
    と思う。

    心が病気にならない
    このお嬢さんたちは本当に立派です。

    こういう状態でのスピーチは
    その人の本質が出てしまう。

    あちゃー、(>_<)と思うような
    スピーチをしていらっしゃる方もいらっしゃいました。
    ちょっとこわいひともいた。

    だけど何を言ってもいいのだと思う。
    それが若さの特権なのだから。

    そしてこの中では 
    高橋みなみさんのお話は
    私にも よくわかった。

    この方の話を聴いていると
    本当にがんばってもがんばっても
    報われなかったことが
    たくさんあったんだろうな、と、感じられた。

    けれど この方の言葉は

    いろんなものを背負って
    いろんな責任を取って来られたことが
    とても感じられた。

    「努力が報われる人生であってほしい。」

    頑張り続けることの意味を
    知っていらっしゃる方で
    説得力があった。

    そしてこれからも努力して行かれる
    強い意思があった。
    お若いのに素晴らしいことです。

    人生は 自分の意思や努力だけでは
    どうにもならないものもあります。

    わたしはつくづく
    神さまが決めてらっしゃることだと
    生きていると感じます。

    お若いみなさんには
    まだまだ先が長い。
    これからだ~、って思います。

    順位がすべてではない。

    そのことは
    きっと長く生きていれば
    解ることだと思いますが

    そんなにがんばらなくてもいいから、
    自分を大切にして
    学び続けていかれると良いなぁ・・・と
    とても感じました。

    本当に大変な世界で生きてらして
    涙ぐましいことだと思いました。

    秋元さんは罪なひとだなぁ~
    なんだかなぁ~

    ***
    写真は わが家のめだかの鉢に咲いた
    ほていあおいの花です。
    「ぱっ」と咲いて
    一日でチューインガムの風船のようにしぼんでしまう
    不思議な花です。

    見れば見るほど
    青い炎が燃えているように見えます。
    DSCF6985.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)


    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    15218位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    1707位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: