現実よりも厳しい。

    今日は 珍しく家族全員がお休みで、
    こういう日は年に数えるほどしかないのだけれど
    今日こそは朝寝坊をしよう、と
    気合いを入れて昨夜は休みました。

    すると朝方夢をみました。
    会社の同僚と三人で
    お弁当屋を開いている夢でした。
    そんなこと一度も考えたことないんだけど~っ。

    そしてなぜか
    料理の担当は私一人。
    あせあせ、じたばた~っ

    するとお客がたくさん押し寄せてきて
    しかもなぜか
    学校の教室のように机が並んでいて
    みんなが座ってこちらに注目し、
    お弁当ができるのをじっと待っているのです。

    あせる 私。
    なにしろ私一人しか料理をする人がいないんですから。
    必死で詰めるけれど
    なんとご飯がなくなった・・・・

    なんでこれだけしかご飯を炊かなかったのだろう!
    わーーっもうどうしよう

    こんなに人が待っているのにーー

    お客さんから 
    苦情の声が・・・・

    そして このおかずは気にいらないとか
    いい加減にしろ、とか
    口々に言われ続けるわたし・・・

    もう どうしようっ
    たすけてーーーーーっ

    ・・・・とか思うのだけれど
    目が覚めないので
    いつまでも言われっぱなしで
    ひーーーーーっ、という状態が続いたまま・・

    やっと目が覚めた。

    現実でも こんなに言われたことないのに。
    厳しい夢だった~。

    絶対お弁当屋さんなんて
    私はしないーーーーっ!!

    そう思う朝でした。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: のりえさ〜ん

    ユキユキさんありがとう。
    けっこう
    最近いっぱいいっぱいで
    自分の時間がないんですよ~

    仕事は好きなのですが
    このままでいいのか、ということは
    少し考えています。

    というか もっと優雅に
    日々過ごしたいです~

    いつもやりたいことがいっぱいなんです。
    全然できないけど。

    そういう気持ちの焦りかなぁ~

    ユキユキさんのお仕事に関係する夢ばかりで
    ちょっと笑った~

    ありがとう!!

    のりえさ〜ん

    ストレスですよぉ。疲れてませんか?夢の中で追い詰められるのはストレスだと聞いたことがあります。無理してるのでは?
    お弁当屋さんは私の前の前の仕事で教室は今の仕事に関係するので知らず知らず私に関する予知夢かもといいように解釈してしまいました。
    今の職業と違う職業についている夢は現状から抜け出したいとか今に不満がある時に見やすいらしいです。
    体に気をつけてゆったりとお過ごし下さいね。
    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)


    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    6019位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    779位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: