ドラマ「金子みすゞ物語」を見て。

    7月9日に TBS系列で放送されましたドラマ「金子みすゞ物語」。
    私も大好きな詩人 金子みすゞさんの人生の物語をしみじみと拝見しました。
    http://www.tbs.co.jp/misuzu2012/highlights/

    悲しくて悲しくて
    今も引きずっています。
    困ってしまうのですが
    あまりにも みすゞさんの人生は悲しすぎました。

    やさしい
    少女のような視線。
    温かい言葉。

    みすゞさんは 本当に優しくて
    心がきれいな女性でした。

    どうして、って私は問いたい。

    才能は だれもが与えられるわけではありません。
    それは 私も仕方のないこと、と思えます。

    けれど
    心優しい
    思いやりにあふれた方が
    どうしてこんな悲しい人生を
    送らねばならなかったのでしょう。

    悲しくて仕方がないのです。

    神さまは平等ではないんだなぁ、って
    正直悔しい気持ちでいっぱいになります。

    やりたいことを
    思う存分させてあげたかった。

    私は平凡で才能があるわけでもないけれど
    みすゞさんの気持ちがとてもとてもよくわかるような気がします。

    どうして人生は
    こんなにも縛られるものなのでしょう。

    上戸彩さんが こんなにすてきな女優さんだということ
    今回 初めて知りました。
    とてもかわいい やさしいみすゞさんでした。

    山口の言葉も みなさん 自然に使われていました。
    彩さんもとってもかわいい山口弁でしたし

    特に 母親役の高島礼子さんの 話し方はよかったです。
    山口県人の 品の良い語尾などの雰囲気を
    すばらしく自然に 話していらっしゃいました。
    うれしいです。

    長門の海をバックに演技していただけたこともうれしいです。

    みすゞさんの人生は
    あまりに悲しいものでしたが
    こんなに試練の連続だったのに

    こんな優しい
    少女のような
    純粋で
    温かい詩を書かれていたことが
    本当に感動です。

    生きているうちは
    そんなに良いこともなかったけれど
    実母のそばで 自分の人生を終えたこと
    そして 亡くなったあとではありますが
    世の中の人が みすゞさんの詩に
    癒され励まされているということが
    せめての救いのような気がします。

    考えるのですけれど
    自分の病気のことなどを考えた時

    最後は 母親としての
    自分の生き方を貫かれたのかもしれない。

    ドラマを見て
    そう信じたい、と思いました。

    みすゞさんの 心は
    今もずっと
    みすゞさんの詩の中に生きています。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)


    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    6019位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    779位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: