二度目の接客コンクール

    13日は 会社の接客コンクールのカンパニー大会に出場してきました。
    幸か不幸か_? 二度目の挑戦です。

    事業部の代表として また コンクールに出場させていただきました。

    私自身 日舞の初舞台が8日にあり
    コンクールのこともあり いっそう追い詰められました。

    けれど コンクールは2度目でしたので
    なんとか大パニックになることはありませんでしたし
    いつも 仕事でしていることを
    その場でできたら十分と思っていました。

    大切なのは 何を聞かれても
    きちんとお答えできる豊富な知識だと思っていましたので
    その点では ちゃんと勉強した上で
    コンクールに臨んだつもりです。


    正直 発表の時には もしかすると私の名前が呼ばれるかもーっ、
    とか思ってしまい、
    結局はかすりもしませんで(泣)
    なんとも切ない気持ちで帰ってきました。
    お恥ずかしいです。


    私は今回は 全国への欲が
    自分の中で見え隠れしてしまい・・・

    おりこうさんになろうとしてしまった、というのが
    結果が出せなかった原因と
    今になれば思います。

    いつもの自分らしさが出せなかった、ということだと思います。
    もっと 自分らしくやってよかったのですが
    模範的になろうとどこかで意識が働いてしまいました。

    けれども 自分としては 後悔もありませんし
    カンパニーの代表になられた方の接客を見れば
    さすが代表になられただけのことはあると
    納得いくものでしたし
    とてもとてもいいお勉強をさせていただけました。

    人生は経験がすべてだから
    本当に貴重な体験をいっぱい今年はさせていただけて
    ただただ感謝感謝です。

    ただ 今思うのは・・・
    ハートで勝負しなくちゃいけなかったのになぁ・・・ってことです。

    またしても全国に届かず・・・
    まだまだ努力が足りないです。

    もう二度目の挑戦でしたし
    かなり堪えましたけれど
    それも自分が成長するために与えられたきっかけだと
    謙虚に受け止めます。

    ただ 「カンパニーのsc担当者が800名
    ここに集まられたのは その中で選ばれた15名です」と
    言っていただけたのを聴いて 胸がいっぱいになりました。
    それだけで もう十分だし あまりに幸運でしたし
    これからもまたがんばろう、って思いました。

    自分らしく。
    私にしか出来ないこともきっとあるはず。
    そのことを大事にして
    もっともっとお勉強していきたいな、と思いました。

    「日々是精進」
    今年のテーマです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)


    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    15218位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    1707位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: