FC2ブログ
       
    09
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    13
    15
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    「順風満帆」

    今日はお休みで 銀行に行く用事があったので
    久々に銀行の窓口に行きました。

    私は独身の頃は この銀行に勤めていましたので
    やはりどうしようもなく愛着があり
    取引銀行を他にしようなどとは考えたこともありません。
    いつもこの銀行の繁栄を祈るばかりです。
    なにしろ 私の人生の一部なのですから。

    今は制服もなくなって
    自由な感じですが
    昔の 暑くて重たい?あのブラウンの制服が
    なんだかとっても懐かしい気がします。
    イメージキャラクターの夏目雅子さんの看板を
    今でも思い出します。
    同じ服を着ても こんなに違うのか・・・と思うくらい
    雅子さんは美しく華やかでした。

    で・・・ロビーに貼られているポスターを見たら
    美しい海に帆をあげた帆船の姿とともに
    「順風満帆」という文字が・・・・。


    正直 私はこの言葉
    最近 すっかりと忘れていました。
    人生がどういうわけか波乱万丈で
    乗り越えることに必死でした。

    そうだ・・・
    人は望んだとおりの人生を生きるのだから。


    だから これからの目標は「順風満帆」

    これからは 誇らしく美しい姿で海原を進む帆船のように
    ゆったりと進んでいけたらと思います。

    やはり 自分の生きてきた場所に戻ってみることも
    とても大切なことだと思いました。

    美しく 誇りをもって生きたいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト



    びっくり~っ!!

    わーーーっ
    maikaさん ありがとう~っ!!

    夏目雅子さんと トイレでバッタリ?!
    すごーーーい!!
    びっくり~~っ!!
    いいな~~っ!!

    とにかくハンパじゃなく美しい方でしたね。
    本当に・・・生きていていただきたかったです。

    ずっと憧れだっただけに・・・・
    本当に残念です。

    maikaさんには素敵な思い出があって
    本当にいいですね。
    教えてくださってありがとう~~っ!!

    こんばんは~

    こちらはお久しぶりです。
    のりえさんは銀行にお勤めだったのですね。
    なんかそんな感じがしました~
    夏目雅子さんには1度だけテレビ局でみかけたことが
    あるのです。
    なんとトイレで会ってしまいました。
    凄く綺麗なかたでした。
    わ~夏目さんもトイレに入るんだ~なんて
    馬鹿なことを思ってしまいました。
    今だったら生きていらしたかもしれませんね。
    とても残念です。

    Secret

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    6426位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    730位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: