FC2ブログ
       
    11
    2
    4
    5
    7
    8
    13
    15
    19
    26
    29
    30
       

    最近は着付けとレースを交互に。

    最近の私は きものを引っ張り出して
    着付けをして ながめて楽しんだあと
    レースを編むことを交互にしているような日々となりました。

    最近は このきものを また着るんだ!
    希望を持ってがんばろう~、と
    思えるようになりました。
    先月から 毎晩 夜は歩くようになりました。
    人生諦めかけていたのですが
    今は 身体の中からふつふつと力が湧いてくる感じです。

    そしてレースもヒヤシンス友の会の参加記念として
    プレゼントしたいので 今こつこつと編んでいます。
    お花の形が けっこう新鮮です。
    今回はピンクにしてみました。
    id_7430891771.jpg
    とりあえずあと一枚、私はコースターを編みますっ。
    あと少しなのでがんばります。
    id_7430891761.jpg
    スポンサーサイト



    祖母の着物2

    今日は 二度目になります。
    今日アップした分の帯は
    まだ一度も使っていないものだったので
    写真を撮ったら すぐに仕舞ってしまいました。
    シワが入るのが嫌だったからです。

    というわけで 今日はもう一枚。

    この着物は 祖母(父方)の着物ですが
    私がちゃっかりもらってきました。

    でも 開けてみたら 裏地に茶色いシミが入っていて
    表まで変色し、
    残念ですが もう とても着れません。

    文明は進んで行きますが
    絹の着物を家庭でジャブジャブと洗えるような
    素晴らしい洗剤は出来ないものでしょうか。

    着れば 汗もかきますし
    ファンデーションも付きますし
    間違いなく汚れてしまいます。
    細心の注意を払いながら動いても
    どこか汚れます。
    汚れるのがイヤな人は 
    きっと きものを着ようとは思わないでしょう。
    家庭で洗えたら みんなもっときものを着ると思います。
    かといって 洗えるポリエステルの着物には魅力を感じないし
    困ったもんだなぁ、と思います。

    私の実家というのは
    山に囲まれた盆地で 湿気も多いところだったので
    仕舞いこんでいる間にこんなことになったんだと思います。

    この着物はちりめんで
    とても生地は良いものです。
    もう めちゃめちゃ悔しい感じがします。

    私の母は 次男坊の嫁でしたが
    父の両親は 長男のところを出て
    次男である父のところに来てしまいまして
    一緒に生活していました。

    祖母の身の回りのお世話も
    母がやっていました。
    最期まで 母がお世話をしたということです。
    祖母は ちょっとそこまで 出かけるのにも
    きちんと着物を着て出ていたそうで
    母がいつも着付けをしていたということです。

    そういうことですから きものもたくさんあったと思うのですが
    父の兄弟も多いですし
    形見分けもあったと思いますが
    結局 2枚しか 祖母のきものは残っていませんでした。
    id_7429911641.jpg
    そのうちの一枚がこの着物なのですが
    母が言うには 祖母が嫁入りしてきた白無垢の着物がこれだった、というのです。
    それを染めて縫い直したと言ってました。
    (もう一枚はこちらの着物です。
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-1013.html)
    何故に色無地にしなかったのかな・・とも思いますが
    桜の花びらをちりばめたような
    これはこれで とてもきれいな柄です。
    id_7429913261.jpg
    きれいな柄ですが
    丈も身幅もとても小さいです。
    そして ここまでシミが出ていたら
    業者に出すことも恥ずかしくて無理です。

    せめて こうして 写真として残しておこうと思いました。
    昔は とてもきれいな着物だったんだろうなぁ・・・。
    母も働くことが 日々精一杯だったからなぁ・・・。
    id_7429911651.jpg
    着付けていて 両方の袖に 直径3センチくらいの
    家紋がついていることに気がつきました。
    けっこう大きな家紋です。
    上から染めたけれど 消えなかったのですね。
    id_7429911661.jpg
    丸に鷹の羽紋がついています。
    紋ひとつ見ても 感慨深いものがあります。
    きものを広げながら
    自分のルーツをたどるような気持ちです。

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    6695位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: