FC2ブログ
       
    10
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    17
    19
    20
    22
    23
    24
    25
    26
    28
    29
    30
       

    出雲大社へ2

    予定としては 二日目は 出雲大社に行く予定ではなかったのですが
    私がもう一度お参りさせてほしいと 主人に頼みまして
    二日連日お参りとなりました。

    朝 皆生温泉の天水というホテルを出発しまして
    (海のそばの大きなホテルでした。)
    境港へ。

    水木しげるロードに行くためです。

    着いて まず交番を見て思わず笑顔。
     鬼太郎交番にびっくり。
    DSCF6504.jpg
    交流館
    DSCF6508.jpg
     鬼太郎駅
    DSCF6507.jpg
    DSCF6506.jpg

    それから水木しげるロードをゆったりと歩き
    妖怪ブロンズ像をひとつひとつながめて歩き
    お店をながめて歩き
    笑顔になれました。

    これには 笑った~
    「ATM付近で妖怪に暗証番号を聴かれても決して教えないでください」
    DSCF6518.jpg

     鬼太郎グッズも いろいろとありました。
    楽しかった!!

    途中 水木しげるの像があり
    そこに書かれていた水木さんの言葉
    「なまけ者になりなさい」

    深い!!

    ひとつだけ残念だったのは
    テレビ局のタイアップが取れなかったのでしょう。
    アニメの主題歌が まったく流れていませんでした。
    私たちの世代は あの歌を聴くと
    もっと胸がきゅーーんとして
    グッズももっと欲しくなるとおもうのですが
    「ゲ ゲ ゲゲゲのゲ~朝は寝どこでグーグーグー」

    これを聴かないと 調子がでない、というか
    非常にさびしいーーーーーっ
    それとか「カラーン コローン カランカランコロン」なんて歌が
    聞こえた日には ひざまづいて動けなくなりそうですが
    そういう 記憶とシンクロする部分がなかったのが
    とても残念に思いました。

     追記・水木しげるさんの名言を集めたページを見つけました。
     これがとても納得できました。
     励まされる思いでしたので ここにアドレス貼っておきます。

     http://systemincome.com/main/kakugen/tag/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B

    その後
    もう一度ということで 出雲大社に向かいました。

    もう一度ちゃんと拝んでおきたい。
    もっとパワーをいただきたい。
    その気持ちで家族を引き連れ
    再びの出雲へ。

    出雲市役所の横で
    「神在月出雲全国そばまつり」をやっていました。


    そちらで出雲そばをいただき出雲大社へ。
    DSCF6526.jpg

    二日目の出雲大社は
    心を落ち着けて
    きちんとお参り出来ました。

    どうぞみ守っていてください、という気持ちで
    手を合わせました。
    DSCF6528.jpg
    スポンサーサイト



    出雲大社へ。1

    26日、27日と二日間
    家族4人で島根、鳥取へ旅行してきました。

    息子二人も お年頃になりましたし、
    出雲大社へお参りに行こうということになりました。
    (息子たちを 無理やり道連れに~)

    26日は 素晴らしいお天気で
    雲ひとつない快晴。
    ドライブもこんなにお天気がいいと
    爽やかでゴキゲンです。

    出雲大社には 今回が二度目。
    一回目は 独身の時に 昔からの同級生でもあった友達のヒロエちゃんと
    思いつきで宿も予約せず出掛けての、超珍道中。
    電車は座る席もなく長い道中 地べたに座ることに・・・
    宿が見つからず やっとの思いで取れた宿はボロボロ・・・・
    悲惨すぎて今でも思い出して笑えるのだけれど
    二人で懸命にお参りして帰った、
    記憶に残る旅でした。

    人生がもし
    すべて自分の思うようになって
    失敗もなく ピンチもなく 挫折もなく
    予想外の悲しい事も何も起こらず
    幸せなことばかり起こる人生であるならば
    神さまなんて信じないかもしれませんし
    おすがりすることもないかもしれません。

    けれど私の人生は そういう人生とはほど遠く
    だれもが経験しないであろう、ことが 色々と起きて
    失敗が多く 苦しみも多く
    もうダメだ・・・と思うことが幾度もありました。

    そういう時に 不思議と いつも救いの手が差し伸べられ
    救われてきた人間なので
    神仏は信じているのです。

    目に見えるものがすべてではない。
    生きてきての私の実感です。

    幸運しか知らない人には
    何が幸運がわからないかもしれません。
    不運を知ればこそ、
    何が幸運かがわかる、のが人生ではないでしょうか。

    そして何事も紙一重であり
    背中合わせですから
    あの時 こんな不運に見舞われて・・・と
    思ったことが 時が経てば
    あれこそが幸運だった、と思えることがありますし
    また その逆もあるのが人生です。

    だからこそ私たちは
    神さまの前で
    どうぞ正しくお導きください、と
    手を合わせずにはいられないのではないでしょうか。

    ということで 出雲大社に行けることはうれしく
    とても晴れやかな気持ちで向かいました。

    光からだいたい3時間半、
    霧の中国山脈を越えて 出雲大社へ。

    入り口には このようなモニュメントが・・・・
    DSCF6478.jpg
    DSCF6477.jpg
    書かれていることを読み
    あぁ なるほど 人は 「おかげ」をいただき
    ご縁によって幸せになるんだと思いました。
    DSCF6479.jpg
    たくさんの人がお参りに来られていました。
    人に背中を押されるような気持ちで
    慌しくお参りをしてきました。

    拝みたいことは
    たくさんありすぎたのですが
    健康で良いご縁を・・・ということくらいしか
    あの場では思い浮かびませんでした。
    後ろにたくさんの方が並ばれて待ってらっしゃったので
    焦りました。

    そのあとお隣の古代初物歴史館を観覧。
    古代の神殿のイメージは浪漫を駆り立てられるものでした。
    DSCF6484.jpg


    その後 宍道湖を横にながめながら
    松江に向かい松江城に。
    DSCF6501.jpg

    お天気も良く 青空に映える
    松江城は晴れやかでした。

    天守閣から町を見下ろし
    遠い時代に生きた人を思いました。

    その後鳥取の宿
    皆生温泉へ向かい
    一日は終了です。

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    6426位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    730位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: