FC2ブログ
       
    11
    1
    2
    4
    5
    6
    8
    9
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    萩へ

    13~14日に萩に旅行してきました。
    ゴートゥトラベルで
    主人が萩本陣に予約を取ってくれたので
    萩に行ってきました。

    萩にはちょくちょく行ってはいるのですが
    今回は初めて船に乗って
    萩を水上より眺めました。
    案内してくださる方のお話が興味深く
    萩という土地と人を知ることができました。
    お天気も良く爽やかで
    これはおすすめです!
    id_8395637331.jpg

    そのあとは、自転車を借りて
    萩の堀内から外まで散策しました。
    主人が、自転車に乗れるのか?と
    笑いながら聞いてくるものですから
    自転車くらい乗れるわよ、
    任してちょうだい~なんて自信満々に答えまして
    ママチャリかと思ったら
    サドルが高くて、乗ったら足が地に着かないので
    とても焦りました。
    内心、ひ~~っ‼
    でも、なんとか50分ほど自転車で走り
    これもまた初めての経験で楽しかったです。
    id_8395635591.jpg
    翌日は友の薦めで
    東光寺へ。
    毛利氏菩提寺。
    歴史を感じました。
    id_8395637341.jpg
    id_8395635841.jpg
    朝もやの中 空気も重く厳かな毛利氏廟所(びょうしょ)
    id_83956355811.jpg

    萩に行くまでは、心細くなるほどのいなか道を通りまして
    こんな田舎から
    国を動かすような人がたくさん出たことに
    驚くわけですが
    やはり、大事なのは人であると
    しみじみ感じるわけです。

    人は勝手に育ちません。
    育てた人がいる、ということです。

    そういうことを考えると
    吉田松陰の偉大さを知ることとなります。

    萩の人は松陰先生と呼び、
    学校でも松陰先生の言葉を
    いつも声に出してみんなで言われているそうで
    素晴らしいことだと思います。

    立派な人を育てるためには
    大人達が立派な人間にならないといけません。

    そのことを考えました。

    吉田松陰については
    松陰読本という本が出ていますので
    萩に旅行された際には
    ぜひお読みいただきたいと思います。
    スポンサーサイト



    今年もリンゴ狩り

    id_8302571702.jpg
    今年もまた リンゴ狩りに行ってきました。
    徳佐は山を越えて グルグルまわるような
    道を走り行かないといけません。
    とても遠く感じるのですが
    今年も リンゴ狩りに行ってきました。

    いつも 樹ららさんのところに行っています。
    なんとなく楽しくて緑の中のリンゴが
    うれしそうに見えるところなのです。
    id_8302571691.jpg
    今は しなのスイートが とっても美味しいです。
    もう ほんとうに美味しくて
    しあわせな気分になります。
    id_8302571711.jpg
    あいにく 曇り空でしたが
    晴れていたらもっと
    爽やかでまぶしくて きれいな景色だったのになぁ、って思います。

    今年はお客さんがとっても多くて
    子供たちもいっぱいでした。

    やっぱり 行ってよかったなぁ~、って思います。
    id_8302571681.jpg

    上関のホテルに宿泊

    id_826151046 (1)1
    18日に上関にお泊りしてきました。
    上関シーサイドホテルです。

    旅行好きの主人が
    もう 自粛疲れで
    どこかに行きたくて禁断症状が出ている~

    GoToトラベルもあるし
    近場でいいからどこかに行きたいと
    予約を入れまくっている~~っ

    ということで この秋は近場を楽しむお泊り旅行の予約を
    もういっぱい主人がしているのです。

    第一弾は 40分で行ける上関ですが
    何より海の物が美味しくて
    お刺身はとても贅沢でした。

    海を眺めて過ごす
    しずかな時間でした。

    何もないけれど海がある。
    そしてお魚づくしのお料理は
    何より贅沢に感じました。
    id_82615076711.jpg

    お墓参りに

    お盆ですから墓参りに行こうということで
    田舎に帰ってきました。
    主人とは 同郷で
    祖母のお墓参りがしたい、ということで
    今回は祖母のお墓参りと
    私の父のお墓参りに行ってきました。

    母はデイサービスに行っていて
    逢えませんでしたが
    姉がいたので 実家に立ち寄った後、
    主人の祖母のお墓参りをして
    長門の私の父のお墓参りをしてきました。

    本当は 母を連れて行きたかったのですが
    デイサービスでしたし
    今は コロナがあるので仕方ないと言い聞かせましたが
    母には会いたかったなぁと思います。

    なにしろ 電話することが苦手になって
    私の電話番号も どこに書きとめていたかわからないと言うし
    実家に電話しても 母は電話を取らないので
    母と話すことも難しいです。

    でも姉の話によると とても元気だということでしたので
    安心しました。
    また次の機会に帰りたいです。

    帰りに 美祢の弁天池に寄ってみました。
    美しい清らかな湧き水は
    ながめているだけで涼やかで癒されました。
    id_8180401432.jpg
    長門のお寺には 父がお世話になっています。
    ちゃんと私を見守っていてくれるかな。
    しっかり頼みますよお父さん!
    id_8180401451.jpg
    ふるさとは 山に囲まれた盆地で
    この華山が田舎の象徴です。

    離れて今は 海のそばで生きていますが
    時々山が恋しくなります。

    山を見ると 帰ってきたなぁという実感が湧きます。

    なかなか帰りたくても帰れないふるさとで
    嫁に出てからというもの
    いつも母を恋しがりながら生きた人生だったような気がします。
    次女というのは 生まれついて
    親との縁が薄いのかもしれません。

    小さいころから母のそばにいないと不安だったのです。
    だから外に出るのが とても嫌でした。
    だから車酔いがすごかったんだろうと思います。

    なんとか母のそばにいたいと思って
    いろんなことを選んだはずなのに
    引き離される一方の人生でした。

    それでも母が生きている限り
    私もしっかりがんばらなくてはと思います。
    id_81804041411.jpg

    動物園に行ってきました

    ずっと家に閉じこもっていましたが
    色々なことが解除されていくのに
    ずっと閉じこもっているわけにはいかないと思い
    主人もお休みでしたので
    動物園に行こうと提案して
    出掛けてきました。

    もう 人の中だけの生活にも疲れて
    コロナにも疲れて・・・
    私は動物園がいいと思いました。

    動物園で キリンやゾウを見たら
    動物園に来たんだという気持ちなり安心しました。

    面白かったのは 飼育員さんを追い掛け回すキジさんです。
    もう 飼育員さんの周りを必死でジタバタとしてアピールしていました。
    長靴をつついたり あたまの上に乗ったり
    水がかかろうともう 必死のアピール!

    鳥好きの私にはたまりませんでした。
    こんなに鳥に追い掛け回されてみたいと思いました(笑)

    帰ったら どっと疲れが出て
    昼寝をしてしまいました。
    外出していなかったので
    こんなに疲れるのか・・・と
    そのことがショックでした~。

    籠り過ぎたのかもしれないと思いました。
    id_7983111011.jpg
    ぞうさんは 飼育員さんに甘えていました。
    id_7983111381.jpg
    ペンギンはすーいすいっ!!
    id_7983111401.jpg
    トラさんはリラックス~。
    時々タイヤをカミカミして遊んでました。
    id_7983111111.jpg
    カラフルなお猿さん。うまく撮れなかった~。
    id_7983111021.jpg
    女の子にそっと寄り添うキリンの男の子。
    フェンスがあっても首が長いから寄り添えます。
    うっとりと やさしい表情に癒されました。
    id_7983111031.jpg
    キジさんは最高。
    猛烈アタック!!
    そんなに飼育員さんが好きなのかーーーっ!

    梅の季節

    id_7711736251.jpg
    二月と言えば 梅の季節だなぁと思います。
    近くの冠梅園は この季節にはたくさんの梅の花が咲き
    たくさんの見物客が訪れます。

    今年は梅の開花が早いそうで
    イベントが始まるまでに 花が持つか心配だという話が
    ローカルニュースで流れていたのですが
    その中で 職員の女性の方のインタビューの話が
    "堪えじょうのない子たちで もうこんなに咲いてしまって"と
    ユーモアたっぷりに子供に例えて話していらっしゃいましたが
    なかなかのスパルタママぶりで 苦笑いしました。
    こりゃ 厳しい~~(笑)
    梅もぼんやり咲いてたら叱られそうだ~~っ
    私だったらとてもこんなコメントは出来ないなぁ・・・と
    圧倒されましたが それだけ気合いが入る季節なのでしょう。

    そういえば近くの山の斜面の 
    毎年3月の私の誕生日頃に咲く菜の花が
    すでに今 満開になっていて 淋しい限りです。

    11日には ウォーキングがてら家から歩いて
    冠梅園に行ってみましたが
    けっこう咲いていました。
    id_7711736231.jpg
    甘くいい香りがして 
    春に先駆けて咲いてくれる梅を
    沢山の人が愛でられていました。

    ここに来ると 梅の苗が欲しくなるのですが
    販売されていた梅の盆栽をながめていましたら
    主人に もう植えるところがないだろう、と言われ
    我慢しました~。

    山全体に梅が植えられているので
    たくさんのメジロが忙しそうに蜜を吸っていました。

    ここに来たらこんなに甘い蜜が食べ放題なのに
    すぐ近くのこの梅園に来ないで
    わが家に来てくれるメジロがいる、と思うと
    とても 我が家に来てくれるメジロが愛おしく感じられ
    うちに来るメジロの方がきれいだわ~、と思えてしました。
    id_7711736261.jpg

    うっ、と来た。

    さて徳佐のリンゴ狩りに行った後は
    主人が津和野の太皷谷稲成神社に行きたいというので
    お参りに行きました。
    鳥居に囲まれた石段をはぁはぁ言いながら歩いたのですが
    お参りした後はさすがに清々しい気分でした。
    id_7190271181.jpg
    そして神社から降りて 歩いていると
    鉄橋の周りにたくさんの人がカメラを持って待ち構えています。
    これは大変だ~と 私もとりあえずスマホのカメラを構えて待つことにしました。

    すると幸運にもSL山口号が見えてきました~~っ
    おーーーっラッキーーーっ!!
    id_7190270571.jpg
    ものすごい大きな汽笛が鳴って びーーっくりしました。

    その汽笛の音というのが 魂を揺さぶられる、というのでしょうか。
    ううっ!!・・と 不覚にも 胸が詰まったのですが
    これだから やっぱり人気があるのだと思います。
    心の叫びのような汽笛です。

    id_7190269911.jpg
    そしてアニメ映画で観た 銀河鉄道999のシーンと重なりました。
    このまま空に飛んで行きそうな迫力でした。

    人は生まれて死んで行くまで
    長い長い人生という旅をしますが
    自分の意志に関係なく 何かに導かれ
    さぁ 乗りなさい、と 背中を押され
    旅するものだと思います。

    運命を感じるような
    はっ、とするような日常は
    もうないけれど

    ささやかでも 穏やかな日常があることに
    感謝しなくてはならないと
    気づかされる日々です。
    id_7190269351.jpg

    今年もリンゴ狩り

    id_7190279632.jpg
     今年も行ってまいりました。リンゴ狩り。
    毎年行くようになりました。
    わが家は最近 季節ごとに行く先が決まってきており、
    恒例の行事となりました。

    どれだけリンゴ狩りが好きなんだ、っていう話なんですけど
    りんご狩りは爽やかでフレッシュなリンゴがいただけるので
    とても楽しいです。
    id_7190280921.jpg
    まだ始まったばかりなので
    秋映えという種類のリンゴで
    少し果実が固く 酸っぱいのです。

    昔、リンゴを食べると歯茎から血が出ませんか?
    というコマーシャルがありましたけど
    リンゴを食べながら そのコマーシャルの言葉が
    ずっと頭に浮かびました。
    シャキッとして甘酸っぱいリンゴでした。

    リンゴと空を
    下から見上げるのが
    また とっても気持ちいいです。

    この景色が毎年見たいんだなぁ、なんて思いました。
    id_7190280341.jpg

     今年も行ってきました。

    昨日は周南文化会館で
    ドラゴンクエストコンサートがあったので行ってきました。
    前回は2018年の1月にあったのでした。
    つい先日のような気持ちですが
    1年半以上経っていたんだなぁ~っ。

    今回も次男がチケットを買ってくれまして
    息子と二人で行ってきました。
    A席ですから 二階席でしたが
    どの楽器が どこを吹いているのか・・・ということが
    よくわかって それはそれでよかったです。
    でも 二階席は遠いな~~、というのが率直な感想ですが
    息子が買ってくれたのだから 文句を言ったらバチが当たります(笑)

    最近息子は アニメの影響で
    クラッシックを普段から聴くようになりまして
    ショパンとかベートーベンの楽曲を聴いているものですから
    どうしたのかしら~とびっくりするのですが
    耳も肥えてきたようです。

    ドラクエは 夜も寝ないでやっていた時期もありまして
    ほんとうにハマっていた時期もありますので
    音楽を聴いても 懐かしくてたまらないです。
    あと トルネコの大冒険も ほんとうにおもしろかったのですが
    あの音楽を聴くとうれしくなります。
    そういう 懐かしくてうれしい音楽がいっぱいでした。

    ま、何かしらいつもハマりがちな人生でしたけれど、
    色々と気が済むまでやったので
    さすがにバランス感覚は養われました。

    でコンサートの話に戻りますけれど
    やっぱりプロの演奏は 音が豊かで
    美しいです。

    それぞれの楽器の良さが生きてました。
    そして美しく調和していました。

    これでも 中学生の時は吹奏楽部でした。
    あの楽しさは 今でも忘れられません。

    はぁ~~っ
    やっぱりコンサートっていいなぁ~~っ

    お金があったら クラッシックから歌謡曲まで
    全部行きたいんだけどなぁ~~っ
    なかなか・・・。

    心を豊かにして
    人生を潤すものは芸術です。

    これからは芸術の秋にしたいと思います。
    id_7139436611.jpg
    周南文化会館は とても良いホールだと思います。
    id_7139434981.jpg
    こちらが今回のコンサートのポスター。
    また 来られたら行きたいです!!

    今年も錦帯橋の桜

    今年も行ってまいりました。

    桜が咲くと
    錦帯橋に行こうと決めています。

    今年の桜は今年限りだからです。

    こちらの方はまだそんなに咲いていないので
    少しはやいかな、と思って行ってみたのですが
    もう十分にきれいでした。
    id_65768198011.jpg
    朝10時前に着いたので
    まだ人もそんなにいなくて
    ゆったりとながめられました。
    id_6576819811.jpg
    id_6576820721.jpg
    id_6576825661.jpg
    いつものように ムサシでソフトクリームを食べて
    桜をながめながら散策しました。
    陽も射して お天気もまずまずでした。
    id_6576818981.jpg
    先日岩国寿司がテレビで話題になっていましたので
    岩国寿司を食べて帰ろうと思い
    草月庵というところで昼食をいだきました。
    郷土料理というか創作料理で
    普段食べることがないような料理でした。
    デザートは杏仁かと思いきや
    酒粕のお味がして驚きました。
    創業150周年だそうです。
    id_6576819731.jpg

    帰るときには 錦帯橋に向かう車が
    何キロも大渋滞になっていました。
    早く行って大正解でした。

    今年も錦帯橋の桜を見れたので
    また一年 がんばろうと思います。

    2日続けて。

    20190120225717efa.jpg
    昨日も今日も、象鼻ヶ崎に行って
    主人とウォーキングしてきました。

    昨日は普賢寺からスタート、
    今日はこの写真のところから
    フグの産卵で有名な場所まで。

    フグの産卵で有名な場所には
    初めて降りてみましたが
    波も激しく、石がゴロゴロしていて
    波が打ち寄せて引く度、コロコロと石が転がって
    コツコツと石が当たるような音がします。

    そして、平べったい石がいっぱいで、
    しばらく主人ときれいな石を探して過ごしました。
    なんだか子どもに帰ったみたいでした。

    せっかくだから写真を撮ろうと思ったら
    今日は、カバンの中に携帯を入れるのを
    忘れてました~(>_<)
    あ~、残念~~っ!

    母を連れて角島。

    義父が亡くなってから
    実家に帰っていなかったのですが
    四十九日の法要を無事に終えたので
    田舎に帰ってきました。

    母のことも心配でしたが
    とても元気で 今年の始めの入院がうそのようでした。
    なによりなによりです。

    母を連れて 昨日は 特牛の道の駅と角島に行ってきました。
    id_6164790411.jpg
    こちらの道の駅は全国一なんだと主人が言ってました。
    何が全国一になったんだーーーーっ
    よくわからないけれど
    ものすごい人であふれていました。

    それでお昼をここで食べるつもりでしたが
    列が果てしないので 諦めて角島に行くことにしました。

    甘栗を売っていたのですが
    母が試食で手をたたいて「おいしい!!」というものですから(笑)
    母に買ってあげると胸に抱きしめて喜んでいました。
    年を取ると 童心に戻れるのかなぁ・・・なんて思います。

    id_6164795041.jpg
    角島の橋を渡る前にパチリ。
    id_6164791721.jpg
    母が昔話を始めます。

    みんなで角島に来た時のこと
    岬の端まで来てみると
    あちこちの人が 海に向かって

    「おかあさ~~ん」「おとうさ~~ん」と叫んでいた。

    びっくりしていると
    いっしょに来た友人までが
    「おとうさ~~ん」と叫び 泣きだした。

    すごかったんよ。
    もうびっくりしたいね。

    と。

    それはいつの話?と聞いたら
    30年前の頃というのでそんなに昔じゃないんだと驚きました。

    北浦の海は 風も強く 波も白波を立てて押し寄せる。
    そして 夕陽も特別にきれいなんだそうです。

    私の住む光の夕日もきれいだけれど
    穏やかで叫ぶ気持ちにはなれない。
    だから 北浦の海は特別なんだと思います。

    私も毎日夕陽をながめるけれど
    ここが角島じゃなくてよかったわ。

    毎日泣き叫んでたらどうしよっ、
    とか思うし。

    角島で昼食を取り
    灯台の下のお店で イカ焼きをいただきました。

    母が 言うには
    負けるものか、といつも強い気持ちでいるので
    病気も逃げて行ったのだろう、と お医者さんからも言われた、とのこと。

    とにかくガッツが違うので
    どこからそんな生きる気力が湧いてくるのか・・・・
    私にも分けてほしいと思う今日この頃です。
    id_6164790291.jpg

    秋の錦帯橋へ。


    紅葉の季節になりましたので
    昨日は錦帯橋に行ってきました。
    橋の近くの紅葉谷をまず歩いて
    色づく秋を感じることが出来ました。
    id_6138572422.jpg
    赤から黄色、その中間の色・・・そして変わらない緑。
    深まる秋のグラデーションが人の心を豊かにします。

    その中で 初々しいカップルが
    記念の写真撮影をされていました。
    よく旅をしている途中
    このようにウエディングの記念写真をしているカップルに出逢います。
    ほほえましいです。

    この花嫁さんの打掛は
    赤とゴールドの華やかな打掛けでした。
    そして髪型は地毛を編みこんで今風のおしゃれな髪型で
    あぁ この時代はこうなだなぁ・・・と
    時の流れを感じました。
    id_6138572441.jpg
    公園の中のこの木の鮮やかさが
    とにかく見事です。
    前にも この木を見に来たので
    今年もしっかりと 目に焼き付けました。
    id_6138572211.jpg
    そして錦帯橋。
    常緑の立派な松と 橋のコラボレーションが見事です。
    id_6138572221.jpg
    こちらは帰り際
    遠くからの錦帯橋です。

    春も秋も
    錦帯橋の景色は美しいなぁと思いました。

    秋空の下で爽やかな林檎を。

    もはや 「リンゴ狩り」のカテゴリを作ったほうが良いような
    感じさえする今日この頃・・・

    お天気が良かったので また主人とりんご狩りに行ってきました。
    私のお気に入りのリンゴ園に・・・。

    おーーーっ
    かわいいリンゴがいーーっぱい!!
    見上げれば空の青とリンゴの赤で
    なんだかすごく幸せな気持ち~~っ

    テンションが めちゃめちゃ上がりました。

    今は 「ふじ」しかありませんでしたが
    私はふじ が大好きなので
    むしろふじ でうれしい~っ

    すごく爽やかで
    とってもおいしい~~っ

    りんごっておいしいな。

    食べていると SL山口号の汽笛が響き
    とっても良い雰囲気でした。

    静かで 豊かな里の秋。
    今年もリンゴ狩りに行けて
    日々の忙しさも忘れ 
    とても癒されました。

    id_6112565191.jpg
    id_6112575531.jpg
    id_6112565121.jpg
    id_6112569101.jpg

    今年もりんご狩り

    今年も徳佐へ りんご狩りに行ってきました。
    今日は朝から雨が降ったり止んだりでしたが
    せっかくの休日なので主人と行ってきました。

    私が運転するのなら
    とても無理な場所ですが
    主人が運転をしてくれるので
    毎年行くことができます。
    すごい山の中をクネクネ走るので
    自分では 運転して行こうとは思えない場所です。
    感謝しなくては。

    IMG_039711.jpg
    毎年行くりんご園をたずねたところ
    どなたも人がいらっしゃらなかったので
    近くの違うりんご園にしました。
    IMG_039611.jpg
    こちらのりんご園の良いところは
    一か所でいろんなりんごが食べられるということでした。
    名前を書いた紙が吊るしてあるので
    りんごの名前をながめながらいただくことが出来ます。

    雨でしたが 私たちが行った20分くらいは雨が止みましたので
    傘を持たずに りんごの木をあちこち見てまわることが出来ました。

    りんごを自分で採って食べられるなんて
    こんな幸せなことはありません。
    楽しい楽しい~っ

    りんごが可愛くて
    思わずニコニコになります。

    お天気がよかったらもっと楽しめたのですが・・・
    でもりんご狩りも始まったばかりなので
    また機会があったら行きたいです。

    IMG_03941.jpg
    こんなに小さいりんごがいっぱい付いている木もありました。
    IMG_03951.jpg
    大きく真っ赤に染まったりんごは
    自宅へのお土産に。

    りんごは爽やかでとっても美味しいです~。
    また行きたいでーーす。

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    10946位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    1402位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: