FC2ブログ
       
    02
    1
    2
    5
    6
    8
    9
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
       

    真面目に生きていると安心する。

    今週は 火曜日に日舞のお稽古と
    水曜日に生け花をお勉強してきました。

    師匠はどちらも同じ師で
    心から尊敬しているものですから
    いただけるものは 全部いただきたいと
    まじめにお勉強しています。

    今回の日舞では
    やっぱり 足の戻りが遅い。
    じわ~、と戻るのではなく
    すっ、と元にかえす。
    すっきりと踊れるようになるといいですね、と言われてしまった。

    わかっているけど出来ない。
    やってるつもりだけど出来てない。

    子供の時に身に付いたものというのは おそろしい。
    なかなか直らない。
    とほほ・・・

    師匠に褒めてもらえるような弟子でありたいのだけれど
    がっかりさせてばかりいるような気がします。

    あ~~

    けっこう真面目に生きていますが
    なんだかやる気が足りない。

    今年は 何とかしなくては、と
    思いながらの日々です。

    今年も花はいつも飾って
    生け花でも 静かに花に向かい
    心癒されてます。

    id_6298378871.jpg
    スポンサーサイト

    今年も黙々と。

    新春から縁起が良いと思えることは
    五郎さんのご出演番組をいっぱい見れまして
    希望が胸に湧いてくるようなスタートとなりました。

    お宝レコードもすごく楽しかったし
    ドラマ「メゾン・ド・ポリス」も始まりましたし
    今日は「あいつ今 何してる?」という番組で
    五郎さんの内面に触れることも出来、
    今までになく 素晴らしいスタートが切れているような気がします。

    こんなに楽しみのあるウキウキした気分は
    久々なような気がします。

    五郎さんの幼なじみのチカちゃんがおっしゃってましたが
    五郎さんを見て
    「夢って叶うものなんだ・・・と思った」というようなことをおっしゃってましたが
    本当に 五郎さんのご活躍に
    私自身 希望をいただいてます。

    それから同期デビューの飛鳥さんとのエピソードを伺い
    「下落合」という歌を思い出しました。
    もう 五郎さんったら 罪な男だわ~っ、とか
    思っちゃいました(笑)


    それにしても 今年は これまでになく
    スタートがいいぞ~~っ!!

    なんだか私もイケそうな気がする~~っ!!
    (根拠はないけど こういう予感は意外と当たるのだわ)

    今年も 日舞と生け花、
    こつこつと学びます。
    日舞のお稽古も8日より始まりましたが
    まだまだ足が使えていないことを
    反省しました。
    でも 少しでも究められるよう精進していきたいと思っています。

    学びは 自分の土台を作る作業になりますし
    しっかりと胸を張って立つ支えとなります。
    がんばるぞーーーっ。
    id_6268685181.jpg
    こちらは 先週のお花です。
    今年も こつこつ学び続けたいと思います!!

    2019年

    2019年が始まりました。
    今年はどんな年になるかわかりませんが
    災害のない 穏やかな一年になることを望みます。

    私は この一年は
    感謝と笑顔を忘れず
    自分の理想に向かって
    こつこつと努力する一年にしたいと思っております。

    みなさまにとって
    幸せな一年になりますように。
    20181228_1815541.jpg

    衝撃の2018年だった。

    2018年も最後の一日となりました。
    大晦日・・・・・
    静かに振り返ります。

    この一年は
    言葉にすることは難しいのですが
    とてもとても私にとって大きい一年となりました。

    いろんな試練がありましたし
    孤独な心と向き合うことも幾度もありましたが
    それは 解き放されていく、ということでもあるのだと感じました。

    大切なものは 生きている限り変わることはありません。
    そのことを自分の中で確認しました。

    そして何よりびっくりしたことは
    母が悪性リンパ腫と診断され
    入院したことです。

    それは 絶好調!と思っていた時でした。
    絶好調、と自覚してはいけません。
    必ず落とし穴があります。
    まだまだ こんなものではない、と思う方が良いのです。

    母も元気だとばかり思っていましたのに
    節分の前の日に姉より
    とんでもない病名を言われたものですから
    とにかく衝撃的で
    母を失うことをおそれる日々となりました。

    けれど 有難いことに
    奇跡的にV字回復して
    母が元気になってくれました。

    母は回復しましたが・・・・・
    義父を今年は見送ることとなりました。

    足の先は壊死しており
    ほんとうに痛くて辛かったと思います。
    けれど 最後の最後まで 義父は頑張ってくれました。
    その姿に 生きる ということを教えられました。

    私は きちんと生きるんだと
    一年 大真面目に頑張りました。
    とにかく 真面目であることを自分に課して
    騒がず 泣かず 淡々と
    すべてを受け止めました。

    どこか無表情で
    無邪気に笑うこともなく 過ごした一年だったかもしれません。

    新しく赴任された上司には
    「私が真面目すぎて息苦しい」、と言われました。
    そんな言葉をこれまで言われたことがなかったので
    その言葉で はっとしました。


    来年は もう 息苦しくするのはやめて
    ユーモアを大切にして
    笑顔で過ごしたいと考えています。

    id_6206295031.jpg
    こちらはお勉強してきたお花です。

    知的財産

    今日も日舞のお稽古に行ってきました。
    続けることは 簡単ではありません。
    何しろ資格をいただいているので
    維持することが大変です。
    正直 追われています。
    けれど やめようとは思いません。

    それは 教えてくださっている師を尊敬しているからです。

    日舞も生け花も同じ師について お勉強しています。
    もう 何が何でもしがみついていたいくらい
    生きる力を下さる師なのです。

    しかし 情けないことに
    出来の良くない弟子ですので
    なかなか身に付きません。

    それでも 根気よく
    何度も何度もくり返し
    言い続けてくださいます。

    そして私は 言われた言葉は忘れないようにと
    師の言葉を聴いています。

    今は こんな状態ですが
    いつかは きっと
    受け継いだものが花開くことがある、と思っています。

    私が きちんと生きることが
    師への恩返しです。

    それは 私に心をかけてくださった
    すべての人に対しても同じです。

    胸を張ってきちんと生きるんだ、と思ってます。

    id_6183938011.jpg

    今年の私のひと文字は・・

    id_6148370961.jpg
    今月もあっという間に過ぎて
    11月もあと二日となりました。
    2018年も あと一か月しかなくなりました。

    この一年 頑張ったかどうかというと
    普通に きちんとはやったけど
    頑張ったとは言えない、と思っています。

    頑張ったと思える時は
    自分で自分をほめてあげられる時です。
    なりたい自分になれたかどうか、ということです。

    なかなかなぁ~~

    自分だけが変われない~~っ

    救いは 真面目に働いたことと
    日舞と生け花をコツコツ学んだ、ということ。

    しかし・・・ある意味 変わらないというのは
    良いことでもあります。

    平凡な日々に感謝することを
    忘れないようにしたいと思います。

    それから そろそろ今年も
    今年の漢字一文字が発表される時期になりますが
    みなさまにとっての一文字はなんだったのでしょうか。

    私は・・・・
    今考えてみたのですけれど

    「天」かなぁ・・・と思いました。
    今年は 空を見上げることが多かったです。
    そして 空の彼方の 天国を想うことが
    とても多かったように感じます。

    時は流れて。

    秋の中で 静かに癒される日々。
    もう 随分と長い間
    自分のことよりも 家族優先で生きて
    色んな意味で 自分を律して生きてきたことを思います。

    そしてこれからも 自分を抑えて・・という日々は続くと思いますが
    嫁として  きちんと 義母と 義父に寄り添い
    最後まで責任を果たせたことには
    胸を撫でおろすような思いです。

    最近では やりたいことはあっても
    仕事が一人で立つことが多いので
    神経を使い フル回転で動くので
    家に帰ったら 立ち上がれないほど疲れており
    ついついソファで知らぬ間に寝ていることも多く
    やっぱり体力がなくなったのだなぁ・・・と思います。

    夜眠るのも もったいないと思う時期もあったし
    ほとんど寝ていなくても 仕事もしていたし
    一日中 バリバリ動けていたんだけど

    あぁ これが年を取るということなのだなぁ・・・と
    少ししんみりとしてしまいます。

    だけど まぁまぁ 今でも 頑張っているかな、なんて思って
    こつこつと これからも 動いて行きたいと思っています。

    昨日は生け花のお稽古に行きました。
    先生の顔を見ると 背筋が伸びてシャキッとするものですから
    先生が 元気で教えてくださる限りは
    私も何が何でもついて行きたいと思っています。

    id_6104117031.jpg

    神無月

    目まぐるしい9月で
    山あり谷ありでしたが
    あっという間に 過ぎていきました。

    五郎さんのコンサートに行けただけで
    もう十分だと思っていますが
    試練も多かったように感じます。
    夢のような出来事の前後には
    必ず厳しい現実を思い知らされることがある。
    それが人生なのだなぁ。

    そして今日から10月。
    今年もあと3ヶ月です。

    あぁ・・・あと三か月。

    真面目ではあったけれど
    必死ではなかった・・・
    そう思うと あと三か月くらい
    必死になって動いてみるべきではないかと
    自分の胸に問いかけます。

    なんだか余裕がなさすぎる。
    あれやこれやと 考えることが多すぎる。
    もっとシンプルになりたい。

    あと三か月くらい
    目標をしぼって がんばってみたいと思っています。

    自分の人生を人のせいにしないためにも
    自分自身で変わるしかないと
    いつも言い聞かせます。

    こちらは お勉強してきたお花です。
    だんだんと 花が長持ちするようになってうれしいです。
    id_6051215451.jpg

    秋のせいかしら

    急に涼しくなって
    風も秋めいてきました。
    庭には萩の花が大きく広がって咲き
    静かな季節を招き入れているようす。

    いろんなことが頭の中を巡ります。
    たくさんの出来事や想い出さえ
    グルグルと巡ってきます。

    秋のせいでしょう。

    昨日は長男の誕生日で
    家族でささやかにお祝いしました。
    先日は姉より電話がかかってきて
    綾ちゃん(次女)が男の子を出産したと
    知らせてくれました。
    一時間近く話しましたが
    赤ちゃんは ずっと見ていてもあきない、と
    とても幸せそうでした。

    そして母は 生きててよかった、と
    さらにパワーアップしている様子です。

    わが家は息子たちが
    私達のそばを離れようとしません。

    考えるのですが
    これはきっと意味があることだと思っているのですが
    それゆえ 私達の生活はまったく変化もなく
    どうしたものかと思っています。

    義父も厳しい状況になっていて
    おじいちゃんがんばって!!と
    いつも祈っているのですが
    いつ何があってもおかしくない状況で
    心にあるのは不安ばかりです。

    何か楽しみや希望を・・・と
    思うのですが
    なかなか前向きになることが難しいです。

    でもこうして お花を習い
    花に向かうと 余計なことを考えずにすみ、
    ただ花を楽しめるので救われます。

    花を生ける度に
    懐かしい日々もよみがえりますが

    とにかくきちんと 胸を張って生きていくことを
    命ある限りしたいと思っています。

    id_6021260021.jpg

    コツコツと。


    今週お勉強してきたお花です。
    何年やってても 難しいです。
    やっぱりご指導がなくては
    このようには入らないです。

    目の前の物を 凝視すると
    離れて 全体的なものを見るという感覚から
    どんどん遠ざかります。

    どんな状態にあっても
    全体的に離れて 見つめるような目を持つ。
    生け花は そういう目を養う勉強にも
    なっているように思います。

    目の前のことを コツコツきちんと・・・堅実に・・・
    と思いつつ
    当たれ~当たれ~宝くじーーっ、とか思っている自分がいて
    まだまだ 修行が足りないんですけど

    先日私が買ったロト6、
    なんと3等が2つも当たった~~っ!!

    主人が新聞を見ながら
    二つ当たってる・・・・というので
    うそーーーっ やったーーーっ
    バチバチバチ!!と拍手をしながら
    どれだけ当たったか、と
    自分で見直して

    当選金額2千円・・・・と確認したら
    なんてささやかなんだろう、って思って
    手までたたいて大喜びした自分が可笑しくなったのですが

    でも 珍しいことです。
    有難いことだーーーっ!!ヽ(^o^)丿

    ということで 今日はこれから美容院に行ってきます!

    半分以上過ぎた。

    あぁ なんてことでしょう。
    今年も半分以上過ぎてしまって。

    真面目に生きてます。

    だけど 努力したか。
    自分の理想に近づくために
    がんばったか、ということになると
    自分を誇らしく思えることはなく
    努力しなかったように思えてならないのです。

    今年もあと五ヶ月・・・・
    なりたい自分にどうしてなれないのだろう・・・
    反省ばかりです。

    出来る事ならば
    嫌味なくらいに欠点のない人間になりたいものです。

    しかし 成れませ~ん。

    あと五ヶ月しかないから
    ちょっと気合いを入れなおさなくては、と思います。

    人に求めることは何もない。
    自分が変わることがまず第一だから。

    お花の勉強してきました。
    思い込みで生けようとするから進歩がない。

    目の前の物を それぞれの花を
    凝視するのではなく
    気持ち、一メートル、二メートル下がって見つめる気持ちで眺めてみる。

    日常もそういう気持ちが大事だと
    しみじみ教えられます。

    id_5953492601.jpg

    梅雨の鬱陶しさにもマケズ

    id_5885107801.jpg
    日々 色々ありますが
    学べている今に感謝しています。

    小さい頃から習い事が好きなのは
    母の影響ですが
    文化的なことや芸術的なことに
    懸命に取り組むということで
    人生は豊かになると信じているのです。

    日舞も 一生懸命やっているのですが
    なかなか 伴侶には理解してはもらえず
    やっている意味がわからない、と言われたこともあり
    応援してもらえないことを悟りましたので
    自分のことは自分でせねば、と
    経済的に援護をお願いできない分、
    自分で働いて・・・と 頑張っているのです。

    しかし この調子では 大きな舞台も踏めそうにありません。

    それでも とにかく ささやかでも続けて
    学び続けたいという気持ちはあります。

    何より 師匠がとても素晴らしい方で
    尊敬しているからなのです。
    師匠が生け花も教えられているので
    生け花も心の癒しとして続けてきました。
    教えていただけることは
    何でもいいから師匠より学びたいと思っているからです。

    梅雨ですが
    師匠の前に座ると 気持がしゃんとします。
    いつもしゃんとできないから
    師匠に会いたいわけです。

    もっと日頃からきちんとしなくては・・・・。

    今年も半分過ぎますが
    あと半分は なんとか自分の目標を達成したいものです。
    ***
    大きな舞台もこの時以降ありませんで
    今となればなんだか夢のようでもあります。
    振り返れば 夢のようなことばかりが起きたのですが
    あとの人生はどうなるのかなぁ・・・と思います。
    20091108c_20180630143356b6a.jpg
    私は左のピンク色のお着物の方です。

    緑が沁みる

    昨日はもう一つ お花を生けました。

    今、私は 白と新緑の黄緑色に
    心が癒されます。

    心が軽くなるというのでしょうか、
    深呼吸できる色で 心が落ちつきます。

    さぁ 今日も
    しっかりと働こう。
    これから仕事ですが
    働ける場所があることに
    感謝してがんばります。

    IMG_02691.jpg

    学び続ける。

    師匠が元気になられたので
    昨日は日舞、
    今日は生け花のお勉強をしてきました。

    物事、突き詰めれば突き詰めるほど
    奥が深くなり
    果てしない気がします。

    けれど 懸命に学ぶことで
    魂が救われている気がします。

    真面目に生きて
    頑張っていますので
    どんな状況であっても
    晴れやかで清々しい気持ちです。

    胸を張って
    生き抜きたいと思います。

    導いてくださる師の恩に 報いたい気持ちでいっぱいです。
    喜んでいただける自分になれるよう
    精進したいと常に思っています。
    id_5833015981.jpg

    お稽古復活。

    id_5814299511.jpg
    私は日舞と生け花を同じ師匠から教えていただいているのですが
    3月の半ばより 突然 4月いっぱいまで
    お休みをさせてほしい、と連絡が来まして
    一か月半 お稽古をお休みしていました。

    師匠が言われなければ
    いっさい聴くことも出来ませんし、
    「はい、わかりました」とお返事はしたものの
    ほんとうに気が気ではありませんでした。

    途中、メールを差し上げると
    すぐにお返事は戻ってきました。
    それだけが救いでした。

    今年に入ってから
    母も病気になり
    いろんな意味で
    つらく不安な日々でした。

    心の支えとなっていただいている師匠まで・・・と
    とにかく心配していましたし
    祈っておりました。

    みんなで 心配して
    とにかく祈っておりましたら
    無事に戻ってこられました。

    入院されて手術をされたそうですが
    もう大丈夫とのことです。

    ほんとうに ほんとうに
    心から安堵しました。
    再会できた今回の生け花のお稽古の日には
    みんなで 笑顔で喜びあいました。

    まだまだ 教えていただきたいことは
    山のようにあります。
    師匠が元気でいてくださらないと困るのです。


    そして 申し上げておきたいのは
    人の 祈りのパワーはとても大きい、ということです。

    たくさんの人が祈ってくれれば
    ほんとうに違うんです。
    祈りの波動は 必ずその人のバリアとなって
    その人を守ってくれる・・・・

    私は そう感じでいます。

    大切なものこそ 目には見えない。
    だからこそ そのように強く感じるのです。
    あたたかく優しい人の
    祈りのパワーは絶大です。
    私は生きてきた経験より
    そう信じているのです。

    ですから どうか 不調の時は
    隠さないで
    どうか 少しでも伝えてください。

    みんなで
    祈らせてほしいのです。

    そのことを 
    ここにお越しのみなさまには
    心よりお願いいたします。

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    3752位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    480位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: