FC2ブログ

    ブルースカイブルー

    私はお盆も仕事をして
    とても忙しかったのですが
    それにしても ブログもほったらかしにして
    何をやってたのかな・・・と考えたら
    野口五郎さんのブログに 真面目にコメントを書いていたのでした。

    今も五郎さんのブログが更新されていたので
    書いてきたところです。
    たくさんのコメントの中に埋もれるとはわかっていても
    ちゃんと伝えなければ・・・・と思う。

    最近、特に 伝えることをきちんとしたいと考えるようになりました。

    でも 時間がないんです。

    仕事も忙しいんですけど
    私の・・親衛隊のような夫が
    私にべったりなんです。
    感謝しなくてはいけないですよね。

    宝くじが当たったら 私は家に籠りたい気持ちでいっぱいですけど
    まったく くじ運も持ってないし
    きっとずっと こんなにジタバタして終わるのではと思っています。

    時間がないのにコメントして 寒々とするくらいだったら
    書かなきゃいいんですけど
    書かずにはいられないんですよね。困ったもんだ。

    今日のNHKの「思い出のメロディー」は
    本当に泣けました。

    野口五郎さんが 西城秀樹=「ブルースカイ ブルー」だと・・・・
    おっしゃってましたが
    私も 感性が似ているのでしょう。(と無理やり寄せてくる)
    私もそう思っていたんです!!

    この歌は 本当に大好きで いつ聴いても
    なんていい歌なんだろう、と思う。
    そして泣けてしまう。

    特に
    「ふり向けばあの時の
    目にしみる空の青さを思う」
    のところが たまらなく好き。

    あのころに帰りたくて・・・ 
    ふっ、と後ろをふり返ってみる・・・

    そこに飛び込んでくる空の青さ・・・・

    帰りたくて帰りたくて・・・
    だけどもう あまりにも遠くて・・・・
    あぁ もう無理なんだな・・・と

    そういう気持ちではないかな、と思う。

    恋愛だけに当てはめずに
    いろんなシーンを思い浮かべて聴いてほしい作品です。

    今日の「ブルースカイ ブルー」は
    オーケストラでの豪華で美しい演奏をバックに
    五郎さんと秀樹さんのデュエット。

    涙なくして 見れません~~っ。

    オリジナル盤より ゆったりとしたテンポでしたね。
    今の私には このくらいのテンポがピタリときました。

    「青空よ心を伝えてよ」

    人生には 何も出来ず
    ただこんな風に祈ることしかできないこともあります。

    五郎さんの この最後の部分の
    熱い歌声を聴きながら
    私も 秀樹さんに届いて~~っ!!と
    心で叫んでいました。

    こんな魂の叫びのような
    素晴らしい歌声を聴いたら

    さっ、寝よう~、なんて気分には
    とてもなれません。

    ということで五郎さんのところと、
    ここに書いて寝ることにしました。

    素晴らしいステージでした。
    バックの 若い頃のお二人も とても素敵でした。

    それから 五郎さんが
    秀樹さんの歌をカバーされた時
    どうして「若き獅子たち」なのかな~、って
    当時からずっと思っていたんです。
    どうして「ブルースカイ ブルー」じゃないんだろう、って。

    今日の五郎さんのお話を聞いて
    あぁ そういうことだったのか・・・と
    胸が熱くなりました。

    今日はテレビの前で
    立ったまま 拝見しました。

    もう 落ち着いて座ってなんかいられなくなっちゃって。

    長男も降りて来てこの番組を見ていて、
    主人が長男に 「お風呂に入り~」と言ったら
    (このタイミングで言うかなぁとか思ったけど)
    息子が これだけ見て入る、と
    しっかり五郎さんの「ブルースカイ ブルー」を聴いてくれて
    お風呂に行ったのはうれしかったですね。
    (さすが 私の息子~っ!!とか思いつつ)

    そして私は みんなに見られないように
    テレビの前に立ち、
    ざあざあと泣いているという
    なんとも 滑稽な絵になっていましたが
    私はとても満足いたしました。

    id_5971950371.jpg
    これは秀樹さんの専用のスタンドマイクなのですね。
    そしてNHKさま 素晴らしい番組を
    有難うございました。

    追記
    五郎さんのブログにはたくさんのコメントが寄せられています。
    自分の書いたコメントを探すのにもひと苦労、といったところです。
    これもうれしいことです。

    自分のために最近書いたコメントを転記しておきます。

    2018/08/15 00:20:30
    大切なこと。

    五郎さん ありがとうございます。
    とても大切なお話しをしていただけました。
    何度も何度も読ませていただきました。

    アーティスト・制作者の価値観が
    どの様に保たれていくのか・・・・
    本当に難しい問題です。

    世の中に どれだけ拡散しても
    どれだけ浸透しても

    どれだけ褒め讃えられたとしても

    そのアーティストや制作者が 潤わないようでは
    とても悲しいことだと思います。

    過去の作品も ある日突然 再び世の人に受け入れられることもあると思います。
    良い音楽は 時代が変わろうと
    必ず再び世に出て行くものと 私は信じております。

    私は 気に入った音楽をとことん聴きたいのです。
    レコードなら 擦り切れるほど
    テープなら テープがちぎれるほど
    ずっと聴き続けたいと思います。

    ですが 素晴らしい音楽を
    一人が何百回、何千回聴いても
    アーティストが潤わないということを思うと
    とても切なくなります。


    五郎さんは常に 
    新しい作品を作り続けてくださいました。
    本当に すごいことだと感謝しております。

    そして テイクアウトライブの良さを
    あらためて再認識させていただきました。

    また 色んなお話しを聴けたらうれしいです。
    五郎さん ありがとうございます。

    **
    2018-08-17 16:30:53
    歌い続けて来られた五郎さんの言葉。

    五郎さんのお言葉に
    またしても感動いたしました。

    山口に住んでおりますと
    なかなか五郎さんにも逢いに行けないのですが
    動ける限り お伺いしたいと思い、頑張っております。
    歌も素晴らしいのですが お話しがとても深くて
    あぁ 本当にそうだなぁ、と いつも力をいただきます。

    ですから私は 感動した言葉は きちんとメモして帰ります。
    そして五郎さんの言葉を 時々 読み直します。
    これも宝物のひとつです。

    今回もとても深いお言葉をいただけました。
    『どれだけ聴いて来たか!が「歌う?」に繋がる』
    素晴らしいですね。

    歌が上手な人は ものすごく歌を歌っている人だろう、と
    思っておりました。
    けれどそれは思い込みで、実は ものすごく歌を聴いてきた人である、と考えた時
    感動で言葉を失います。

    こういう深いお話しが伺えるのも 五郎さんのブログの魅力です。

    私も日本舞踊を学んでおりますが
    大事なことは 相反することが常に一対になっていることに気づかされます。
    「出したように見えるけれど 実は引いている、ということを知らなければならない」
    と師匠から言われた言葉を思い出しました。

    五郎さんがずっと 歌い続けてこられた
    年月の重みを感じています。
    これからも 色んなお話しを伺えるとうれしいです。

    そして 5人の可愛いお子さんを拝見し、
    とても幸せな気持ちにさせていただけました。

    五郎さんを こんなにも泣かせてしまう秀樹さんは
    温かくて優しくて 大きな方だったのでしょう。

    このお写真を見て 五郎さんの「覚悟」を感じさせていただけました。
    みんなで応援させていただければ、と思います。

    明日のNHK思い出のメロディ、楽しみにしています。
    ありがとうございます。
    **

    2018-08-19 01:03:09

    素晴らしい番組でした。
    「思い出のメロディー」。

     泣きました。

    「ブルースカイ ブルー」は
    名曲です。

    なのに 秀樹さんが天に召されたあとで
    そのことを たくさんの人が
    あぁ!!そうだった・・と、知ることとなりました。

    名曲とは 人生に添い続けてくれる歌だと
    私は思っています。
    「ブルースカイ ブルー」は 人の心に添い続ける名曲です。

    秀樹さんは天に召されたとしても
    歌は 人の心で生き続けます。

    そして五郎さんの心にも 
    私達の心にも
    秀樹さんは生き続けます。

    オーケストラによる美しい演奏と
    五郎さんと秀樹さんのデュエットで聴く
    「ブルースカイ ブルー」
    本当に素晴らしかったです。

    私はこの歌で
    「目にしみる空の青さを思う」で泣けてしまうのですが
    やっぱり 今回もここで 想いが溢れてきました。

    最後の 秀樹に届け~!という想いで歌われた
    五郎さんの歌声は 本当に感動的でした。

    胸が震えました。

    そして歌を聴き終わったあと 
    氷川くんがコメントされながら うっ、と泣かれてしまったので
    私もまた うっ、として 泣けてしまいました。

    感動をありがとうございます。
    スポンサーサイト

    HIDEKI&GORO テイクアウトライブ発売!!

    考えてみると 本当に夢みたいなことなのだと思います。

    野口五郎さんのOfficialホームページに
    秀樹さんの名前と写真が 五郎さんと出ていて
    西城秀樹さんのOfficialホームページに
    五郎さんの名前と写真が 秀樹さんと出ているのですから。

    秀樹さんが亡くなられていることが
    本当に悲しいことなのですが

    五郎さんは 秀樹さんを
    秀樹さんは 五郎さんを
    心からリスペクトされており
    互いに大好きだったのだと思います。

    五郎さんは 秀樹さんの宝物であるご家族のために・・・
    というお気持ちなのだと思います。

    そして
    突然 秀樹さんが亡くなられて
    深い悲しみの中にある時に
    寄り添ってくださった秀樹さんのファンへの
    想いもあると思います。

    ご自分が今出来ることを
    懸命に取り組んでいらっしゃるのだと思います。

    五郎さんのブログに
    今日完成したと書かれていました!!
    本当に楽しみです!!
    https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12392901154.html


    五郎さんがご自分のことをブキッチョ、と書かれています。

    あれ・・・前に五郎さんが 秀樹さんへ手紙を書かれていた時
    秀樹さんにも書かれていたような・・・・

    きっと お互い不器用なところが違っていて
    だけど 二人で 不思議とカバーしあえていた・・・のかもしれない、
    って思いました。

    私がイメージするのは
    月と太陽・・・
    どちらもなくてはならないもの・・・
    そして憧れるものです。
    そんな事を考えました。

    まさに夢のコラボレーションです。

    五郎さんは 秀樹さんの宝物のために
    このテイクアウトというものにされました。
    権利は全て秀樹さんに、ということです。

    他の物を買う前に
    まず このテイクアウトを購入!!ですね。

    西城秀樹 OFFICIAL SITE
    野口五郎公式ページGORO-NET

    私は20日にGOROさんの方へ振り込みました。
    本当に楽しみです。

    ファンクラブ会員でなくても購入できるとのことです。
    住所、氏名、電話番号を お忘れなく~っ。
    id_5919830291.jpg

    ご褒美だったと思う

    昨日はお仕事から帰って
    録画していたNHKの五郎さんと秀樹さんの
    二人のビッグショーを見ました。

    五郎さんが話してくださるエピソードも
    興味深く、さらに楽しめました。
    五郎さんって、好きな人に対しては
    少し口が悪くなられますが、
    それほど信頼関係があるからで、
    私としては羨ましく感じます。

    なぜに最初から秀樹さんが五郎さんに
    ベタベタ?(笑)されてたのか
    理由もわかって、
    そうだったのか~っと納得しました。

    お二人の笑顔が素晴らしくて
    一緒にステージを作れる喜びにあふれていました。
    見ているだけで幸せな気持ちになります~。

    きっとお二人とも うれしくてたまらなかったのだと思います。
    すっごく幸せそうですもの!!

    息もぴったりでしたし、
    本当に温かくて楽しくて、夢のような時間。
    見ている私も 幸せな気分。

    お二人だけのステージなんて
    それまであったのだろうか?と考えます。
    お二人だけ・・・というのは 記憶にないんですよね。

    きっとお二人とも やりたいと思っていらっしゃったと思いますが
    色々なしがらみもありますし 思うようにならなかったのだと思います。

    だけど 人生はがんばっていれば
    ちゃんとご褒美があるものなのだなぁ・・・。

    これは 五郎さんにとっても、秀樹さんにとっても
    神さまからのご褒美なのだと私は思います。

    お二人の笑顔がまぶしすぎる!!

    もっと いっしょに何かしたかったと
    五郎さんはお辛い気持ちがどこかにおありなのだと思います。
    けれど
    五郎さんにとって、この素晴らしいステージの記憶が
    これからの支えとなると思います。

    生きるってせつないものですが、
    こんな素晴らしい出逢いがあったこと、

    五郎さんも秀樹さんも幸せなことだったと思います。

    共に生きた時代があればこそ
    二人でしか分かり合えないこともたくさんあった。

    黙っていても分かり合える二人だったのでしょう。

    五郎さんがこんなにも大好きな秀樹さんに
    私は一度も逢ったことがありません。
    こんなに五郎さんがお好きだった秀樹さんに
    逢いに行っておけばよかった!(>_<)

    人生は 後悔のくり返しです。
    あとどれくらい生きれるかわかりませんが

    逢いたい人には逢っておいた方がいい。

    思うようにならないのが人生ですが
    できるだけ心の声を聞いて動いていかなくては、と
    考える今日この頃です。
    id_5893114081.jpg
    id_5892053091.jpg

    こちらは秀樹さんのブルースカイブルー、
    私はこの歌が大好きです。

    秀樹還暦コンサート

    もうひとつ 西城秀樹さんのことを書いておきます。

    やっぱり
    秀樹さんと五郎さんの思い出として
    このコンサートは外せないと思いました。

    あまりこういうことはしないのですが
    すごく大事な出来事ですので
    YouTubeをアップさせていただきます。
    いつまであるかわかりませんが
    見れる時は見させていただきたいと思います。

    「抱いていいか」
    「なんだよ~」

    忘れられない瞬間です。

    今しみじみと泣けます。
    id_597481468_convert_20180820102831.jpg

    それから五郎さんのブログには
    たくさんの秀樹さんファンの方が来られていました。

    私は 思っているのです。
    秀樹さんは最後の最後まで
    五郎さんを守ってくださいました。
    そのことを強く思っているのです。

    秀樹さん
    本当に本当にありがとうございました。

    私の書いたコメントです。
    自分のためにここに残しておきます。
    ****

    秀樹さん安らかに。

    五郎さんの弔辞、胸に沁みました。
    秀樹さんの素晴らしいお人柄がとても伝わる
    愛に満ちたものでした。

    ニュースやワイドショーで
    弔辞を読まれる五郎さんの言葉に 涙がこぼれました。
    今朝もテレビで拝見したのですが また泣けてしまいました。

    秀樹さんは きっと
    「五郎、ありがとう」
    って 微笑んでくださってます。

    五郎さんが
    秀樹さんに守ってもらった とおっしゃっていましたが
    本当に最後の最後まで
    秀樹さんは五郎さんを守ってくださったんだなぁと私は感じました。

    お二人の友情が心に沁みます。

    そしてまた
    こちらに寄せられたコメントを拝見して
    どうしようもなく泣けました。

    秀樹さんが亡くなられてから毎日「ブルースカイ ブルー」を聴いています。

    秀樹さん ありがとうございました。
    五郎さんのそばにいてくださって 本当にありがとうございました。
    私たちは決して忘れません。

    五郎さんには 使命があります。
    これからは秀樹さんの分まで
    歌って 歌って 歌い抜いていただきたいです。

    そして ひろみさんとの秘密の約束が実行されますように。

    秀樹さん ありがとうございました。
    これからは ひろみさんのことも 五郎さんのことも
    天国から見守っていてください。
    (2018.5.28)
    id_5825075441.jpg

    秀樹さん 安らかに。

    id_5824702151.jpg
    昨日 仕事の休憩時間に ぼーっとしてましたら
    点いていたテレビから速報が入り
    西城秀樹さんが亡くなられたということが流れてきて
    本当に呆然としました。

    「ええっ!!」

    もう最近は 身体もクタクタなのですが
    心も弱りがちで 本当に骨身に堪えます。

    私は野口五郎さんのファンですが
    正直 あの時代を生きてきた人なら
    五郎さんのファンであろうと
    ひろみさんのファンであろうと
    言葉にできない悲しみが胸に溢れたと思います。
    ライバル視しつつも、いつも見てきており 歌もなぜか全部歌えてしまう。
    実はそれぞれの個性や良さも分かっていて
    好きなんだと思います。
    家族に近い感覚なんだと思います。

    五郎さんは 今はコメントを出来る状態ではない、
    というコメントがネットのニュースで流れていました。

    本当にそうだと思います。
    テイクアウトライブを発案したことも
    実は秀樹さんへの想いがあった、と
    つい最近もテレビのインタビューで話されていました。

    たぶんもっと他のことも話されていたと思うのですが
    ほとんどが秀樹さんのことでした。
    けれど 世の中の人は 新御三家が大好きなので
    あとのお二人のお話をされると
    みんながうれしいから 特にその部分を取り上げられるのだと思います。

    今となれば そのことも大変良い事だったと
    私は思うのです。

    そして五郎さんはいつか秀樹さんと一緒に
    なにかしたいと思っていらっしゃったので
    そのことが叶わなくなったことの悲しみが大きすぎることと思います。

    今日はお休みなので 朝のワイドショーで秀樹さんの話題を見ていたのですが
    本当にいい人だったんだなぁ、と しみじみと思いました。

    つくづく思うのですが
    人間は生きているうちはあまり褒めていただけません。
    これは ほんとうに残念なことなのですが
    人は亡くなってから その方の素晴らしさを知ることとなります。

    しかし 真面目に誠実に生きていれば
    自分が亡くなったときには みんなが自分の事を語ってくれる。
    こんなにたくさんの人が 語ってくださる、ということは
    素晴らしい人物だった、ということが良くわかります。
    誠実に優しく 生きて来られた証しです。

    その人物と関われたことを誇りにされればこそ
    こんなにも人は思い出を語ってくださるのだと私は思います。
    そうでなければ人は、口を閉ざし 語ることはしないでしょう。

    だから 大事なことは
    いつも五郎さんが言われていますが
    「どう生きて どう死んでいくか」、ということなんだと分かります。

    生きる姿が メッセージとなり その人の面影となるのだと思います。

    私が 五郎さんに やっておかれて良かったなぁ、と想えたことを
    3つ上げておきます。

    ☆2016.2.25発売 週刊新潮での 新御三家の対談
    「僕らが兄弟だったあの時代」

    この対談では あの、わが道を行くひろみさんが
    お二人のことを「兄弟」だとおっしゃったことが
    何より衝撃的でしたし うれしかったことでした。

    そして 今回の ひろみさんのコメントでも
    五郎さんが「長男」秀樹さんが「次男」ということを言ってらっしゃいました。
    もう十分に愛情の伝わるコメントで 私も胸が熱くなりました。

    ☆秀樹さんの還暦のお祝いに サプライズでステージに駆け付けられた件。

    birthdayケーキを持って出られ
    「抱いてもいいか」と尋ねられ「70才になった時はやらない」などと
    照れながら言われ抱擁されました。

    五郎さん あの時 秀樹さんをしっかりと抱きしめてあげられて
    本当に良かったですね(涙)
    本当に 本当に よかった。(涙)

    大好きな人を 一生に一度は 抱きしめたい。
    私も それで 人生が救われています。

    そして三つめは
    ☆2015.10.25、TOKYO FM (全国FM38局)「 ゆうちょ LETTER for LINKS 」にて
    五郎さんが 秀樹さんへの手紙を送られたこと。
    五郎さんが 秀樹さんのことを語られたことは
    本当に本当に良かったと思います!!

    この番組については
    私の笑顔ブログに 詳しく書いております。
    けっこう私はリポートは得意としております。
    聴いていなかった方はぜひお読みくださいね。
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-471.html

    美しい薔薇の季節。
    秀樹さんは天に召されました。

    「愛する二人は はなれていても
     さびしくはないさ 夜も朝も
     薔薇の鎖が 二人をつなぐ
     あァあァ・・・アー感じる 愛の世界を」

    熱くほとばしる情熱。
    若き日の熱が甦ります。

    静と動。
    五郎さんと秀樹さん。

    秀樹さんがいてくださって良かった。

    そしてひと時代を築き上げた 秀樹さんのご功績を
    後世に伝えるためにも
    日本テレビ「ベスト3夢の顔合わせ」(1976年1月24日,31日,2月7日)
    の再放送を 強く希望いたします!!
    http://norie-net.com/goro-shoji.html#goro39


    ***

    「ふり向けばあの時の
    目にしみる空の青さ思う
    悲しみの旅立ちに
    まぶし過ぎた空 思い出した」
     (~ブルースカイ ブルー~ 詞・阿久悠)

    秀樹さんの歌の中でも大好きな歌です。
    この人生にもいつも添ってくれた 優しい歌です。
    胸に沁みる 名曲です。

    本当に悲しい時は 
    この歌のように 空の青さや悲しみが
    目に染みるものだと思います。

    秀樹さん ありがとうございました。
    どうぞ 安らかに。

    西城秀樹さんの ご冥福をお祈りいたします。

    (※こちらは のりえのおしゃべりROOM(掲示板)に書いたものに
    少し書き加えてアップさせていただきました。)
    http://nori56jp.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=12648512


    追記・追悼記事として
    野口五郎さんの歌のページに
    秀樹さんと歌われた「LOVE SONGを永遠に」のレビューを書いておりますので
    よろしければご覧ください。
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/blog-entry-472.html


    更に追記・ 私のホームページに飾らせていただいた写真をながめてめていたら
    2011年6月の 五郎さんの国際フォーラムでのコンサートに贈られた
    秀樹さんからのお花の写真がありましたので
    再度こちらにも載せておきます。
    白とグリーンなのだなぁ~。
    赤じゃないんだ~。
    秀樹さんの優しさが沁みてきます。
    写真はmmさんです。
    mmさん ありがとうございました。
    110626mm.jpg

    親子割引。

    今日も日舞の稽古とこれからお仕事なので
    ものすごーく忙しいのですが
    急に思いついてしまった。

    どうしようもなく忙しい時に限って
    私は書かずにいられないことが 湧いてくるので
    本当に困ったものです。

    何かというとコンサートの話。
    というかアイディア。

    これを書いてどうなるわけでもないんだけど
    こういうのはどうかなぁ、って思う。
    そのことを書きます。

    今年は 広島にキャンペーンみたいな形で
    五郎さんが来てくださったから
    なんとか一度だけは五郎さんに逢えました。

    その他はコンサートもディナーショーも行けてません。
    行けた時には こちらで出来る限り
    みなさまにご報告するんだけど
    行けないから何も書くこともできません。

    なぜ出ていけないかというと
    私の気持ちが内に向いていて
    家庭の平和を守ることで余裕がなく
    出ていくパワーがないから、ということなんだけど
    近くに五郎さんが来られなかった、ということなのだなぁ。

    コンサートに行けません、しくしく、なんて
    五郎さんのブログには間違っても書けないので
    来年はとにかく日帰りできるところがあれば
    飛び出したい気持ちでいっぱいです。

    で、前置きが いつも長すぎるのだけれど
    コンサートにも 親子チケット、というのがあったらいいなぁ、
    と 今日 ふと 思ったのでした。
    (子どもでなくてもいい。
    二十歳年の差のあるペアであれば そのチケットはOK!とか。)

    なぜ それを想ったかというと
    若い人が もっと五郎さんのコンサートに行かれればなぁ、と
    思ったからです。

    まずは 五郎ファンの母親や父親が 娘とか息子を連れていく。
    チケットは出来たら少し割引があったらいいな。

    親だって 自分の娘や息子を誘う口実にもなる。
    「あのね~ 親子チケットで行くとお安くなるのよ。いっしょにどう?!」
    なんて具合に。

    子どもたちといっしょに出掛けられることってそんなにないし。
    親としても楽しさは二倍。

    そしてコンサートには 親と同じ数ほど若者がいる、ってことですよ あなたっ。

    昔は 若くてピチピチのお嬢さんばかりだったでしょ~。
    みんな美しかったもん。
    五郎さんも そのころを思い出してハッスルしてくれるかもしれない。
    ダジャレもいつもの二倍は言って
    アンコールも もう一曲多く歌いたくなるかもしれないし!!

    そして お若い方も一度来てくだされば 
    また次は誰か友達を誘って行こう!、ってことになると思う。
    そうしたらごろうさん、さらにハッスルして
    更に若返って~~・・・・

    ・・・・・という安易な考えです。

    こういう事だったら
    いっぱい思いつくんだけどなぁ~

    だけど悪いアイディアじゃないと思うんだけど。
    けっこうアイディアだったら
    私もいろいろとあるんだけどなぁ~。

    すっごくいい考えだと思ったので書いているわけなんですけど
    いかがでしょう。

    ではでは みなさま
    ごめんあそばせ~。

    id_5360788831.jpg
    近況
    最近はフラワーアレンジを自分でしようと考えるようになりました。
    まずは観葉植物を自分で育てようと
    観葉植物をいろいろと育ててます(笑)
    そこからだから
    果てしない道のりだわ~

    広島府中でのイベントに行ってまいりました。

    野口五郎さんの
    広島府中での15時開演のイベントに行ってまいりました。
    主人に車で連れて行ってもらい、
    五郎さんの素晴らしい歌声と
    すてきな笑顔を拝見することができました。

    ご報告させていただきます。

    黒いジャケット 黒いパンツ
    中は白地にグレーの大胆な柄のTシャツだったかな?

    曲目は
    「私鉄沿線」

    暗いテントのような中で待機されていたとのことで
    突然明るい場所に出て来られてのステージ
    「まぶしいまぶしい」とおっしゃって
    「みなさんが美しすぎて・・・」と
    笑いを取っていらっしゃいました。

    とにかく大ヒットしたこの曲、
    レコードを持っている人~?と司会者がたずれられると
    「はーーい」と ものすごく手があがったので
    五郎さん、え~っ?!と驚いていらっしゃいましたが
    「鍋敷きに使われているんじゃあないでしょうね」
    みたいなこともおっしゃって
    会場は笑顔に包まれていました。

    広島は久しぶりという話しになり
    この周りはちょこちょこきていたんですが
    広島はなぜかなかったですね・・・、という話しのオチが
    「避けてただけなんです。」
    これ 大爆笑。こういう冗談が言える五郎さんが
    私は好きですね。

    有吉反省会に出てきました、という話しと
    メレンゲも出ます、という テレビの話題。
    反省会、すごく面白かったですよね~と
    なぜか司会者が内容を知っていらっしゃるみたい。
    ええ 反省することが多くて・・と五郎さん。
    自分でもけっこうおもしろかったと思うけれど
    テレビは編集によってかわるから・・というようなことを
    おっしゃってました。
    反省会のキーワードは「天才」です、と五郎さんがおっしゃってました。
    8日オンエアみたいなんで 楽しみにしたいと思います。

    続いては17才の時のヒット曲
    「君が美しすぎて」

    「オレンジの雨」
    「甘い生活」

    元祖オタクですからと 君が美しすぎて・・は
    カラオケも全部
    すべて自分の声でひとりで入れていて、
    三日かかって作りました、とのこと。
    ずっとチチチ・・とやってる。
    張り付けることもできるんだけれど
    そういうのはやらないで 最後までやりきりました。
    こだわりですよね、と やり切った感いっぱいの清々しい表情の五郎さんでした。
    オレンジの雨も自分で作りました、とのこと。
    甘い生活は18才の時 そのままのアレンジで・・・とお話しされて
    ジャケットをうちわに張り付けて振っていらっしゃった男性を見つけ
    (これは大変珍しい光景だと思います~)
    五郎さんが まさにあれですよね~、と話されていました。

    圧巻のヒットメドレーでした。

    そして「風輪」の話題へ。
    新しいアルバムは 女性を変えてみたらどうだろう、と考えての企画、というようなお話し。

    タイトル繋がりでの話題で
    某有名俳優(渡〇謙さん、って書いたらわかるか~)は
    弐十手物語では新人として出演していた、という
    貴重なお話しも・・・

    そしてcallmeさん登場に
    まさかの五郎さん
     うそっ 来ていたの?!と びっくりされたあと
    得意のダジャレが飛び出し 爆笑。
    ここらあたりのお話しや、やり取りは
    ほのぼのとして楽しくて書きたいのだけれど
    また次でもご披露されることがあるかもしれないので
    控える事とします。

    女性のラップが使いたいと思ったというお話しもありました。
    「AM11:00」

    自分でアレンジしておきながら・・ですが
    これは大変難しいんです。
    作っているときに 何かが降りてきた感じがするとおっしゃった作品は、
    3拍子を4拍子で歌う

    「愛の奇跡」

    天才ですよね~~。

    最後にこれからやりたいことを話してくださいましたが

    五郎さんの男の心意気を感じる
    スケールの大きな内容でした。

    これは ご本人から直接聞かせていただいて感動でした。

    きっとステージなどでは 語っていらっしゃることでしょう。
    音楽業界を変えていきたい。
    救世主になれれば・・・と。

    なにしろCDが売れない時代。
    音楽業界に恩返しをしたいと
    常におっしゃっている五郎さんです。

    最後は一人で
    「ぼくをまだ愛せるなら」

    いろんなことをやってますけど
    いろんなことをやるのが僕だと思っています、と五郎さん。

    無料のイベントなのに
    ここまで歌って ここまで語って下さる五郎さんのすごさを感じました!!

    きっときっと
    沢山の人の心に響いたことでしょう。

    そして、とっても若くて かっこよかったです。

    握手会は ステージの上で
    沢山の人と にこやかに丁寧にされていました。
    CDを沢山の方が買われて 私もうれしかったですっヽ(^o^)丿
    段取りが良く スムーズに進んだので
    わたしも握手をしていたただくことが出来ました。
    五郎さんの すごく良いお顔にびっくりしてしまい(なんだそれ)
    素早く終わってしまいました~

    最後まで 麗しいお姿を拝見でき(感激)
    最後に再び マイクを取られて
    次はコンサートなどでお会いしたいと思います、というようなことを
    おっしゃってくださったと思います。
     
    みんなの拍手に送られて退場されました。

    他を知りませんが
    広島の今回のみなさんの雰囲気はとてもよくて
    歌も一番が終ると 拍手をされるし 和やかで
    とても感じが良くて
    五郎さんも 精一杯歌ってくださいまして
    とても楽しくてうれしいイベントとなりました。


    広島の野球の試合もある中
    本当に有り難いことだと私は思いました。

    お話しも面白くて
    callmeさんが「今日は飛ばしてますね~」って
    おっしゃったくらいです。


    五郎さんが おっしゃったこと、
    ポイントだけその場で ざっとメモしました。

    書いて良いこと、書かない方が良いことは
    自分で判断しています。
    そしてこの記事は 私の記憶と感性で書いておりますので
    ご了承いただければと思います。
    ***
    この記事は のりえのおしゃべりROOMにまず書きました。
    その記事をこちらに転記しております。

    この掲示板のスレッドで
    思い出しましたことを書いておりますので
    よろしげばこちらをご覧ください。
    http://nori56jp.bbs.fc2.com/
    ***
    本当に有意義で
    楽しいイベントでした。

    最後に エイベックスさんと五郎さんには
    心より感謝申し上げます。

    また広島にいらしていただければ嬉しいです。
    有難うございました。

    関連記事といたしまして
    私のページ「野口五郎さんの歌」の
    「愛の奇跡」のレビューでも追加のご報告をしております。
    ご覧ください。
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/blog-entry-417.html
    アルバムはこちらです。
    是非お聴きください!!
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 野口五郎 ノグチゴロウ / 風輪 【CD】
    価格:3364円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)



    生きた記録として。

    GORO-NETの掲示板が今月いっぱいで終わってしまいます。
    お世話になった方の書き込みを読んだら
    胸がいっぱいになってしまいました。

    すべてが消えてしまう前に
    自分が生きた記憶として
    せめて自分の書いた文章だけでも
    取っておこうと思いました。

    世の中は すごい勢いで変わっていきます。
    あまりの変化に
    今の自分はついて行けない気分ですが
    遅れながらでも ついていけたらと思っています。
    ****

    おめでとうございます~~~っ

    のりえ   05/5/1(日) 23:43 -

    GOROさま デビュー35周年 本当に本当におめでとうございます!!
    いつもいつも素晴らしい五郎さんの歌声に支えていただきました。
    心から 「ありがとう」、って 伝えたい気持ちでいっぱいです。

    今日のSTBライブ あまりにも素晴らしいライブだったそうですね!!
    もうざあざあ!!(こんな状態ですみませんっ)
    曲目を伺って・・・もう今すぐにでも飛んで行きたくてどうかなりそうです。
    飛んで行けなくて本当に悔しい。
    五郎さんの歌を聴かせていただいて ざあざあと泣きたいです。
    GOROさん 本当にありがとうございます。

    これからも素晴らしい愛の歌を私達に聴かせてください。
    今年もGOROさんにいっぱいいっぱい会えますように!!

    GOROさんの歌声が大好きですっ
    どうぞこれからもがんばってください。

    そしてGORO-NETリニューアルおめでとうございます

    本当に今日は素晴らしい一日です。
    ありがとうございます~~~っ!

    ****


    待ち遠しい。

    のりえ - 06/6/22(木) 18:16 -

    25日の熊本、行けることになりました。
    ハガキが届かなくて たくさんの人にご心配いただきました。 
    優しい五郎ファンのみなさまにも感謝の気持ちでいっぱいです。

    おかげさまで家族といっしょに
    行かせていただけることになりました。
    山口からですが なにがなんでも行かせていただきます。
    一年ぶりです。
    本当にうれしい。
    泣きそう。
    待ち遠しい。
    素晴らしい歌声 今から楽しみにしています。
    すてきな五郎さんの笑顔
    いっぱいいっぱい見れますように。
    25日は楽しみにしています。
    ありがとうございます。
    ***

    ついに明日です!

    のりえ - 06/6/24(土) 13:11 -

    五郎さん 書き込み ありがとうございます。
    すごく楽しみにしています。
    山口からは遠いですが 熊本に車で行かせていただきます。
    がんばりますっ。
    五郎さんのすてきな歌声が聴けることを楽しみにしています。
    どうぞ気をつけていらしてくださいね。
    九州は人も温かくて大好きです。
    明日は朝日とともに出発します。
    楽しみです。お待ちしています!
    ****

    うれしい~~っ  ~スタジオパーク~

    のりえ - 06/7/18(火) 14:44 -
    返信 引用なし
    スタジオパーク拝見しました~~~っ。
    大興奮っ!

    今日はファックスを送っていたので
    どぎとぎしながら拝見していました
    でも読まれそうなくて
    あぁもう終わりだ・・と思っていたら
    最後のところで「山口県のささきさん」って。
    きゃ~~~っうれしい~~~っ
    私のメッセージに五郎さんが
    しみじみと「わぁ ありがとうございます」って
    言ってくださいましたっ。
    うれしいです~~~っ。(ざあざあ)

    興奮してき出てきてすみません。
    今の時代にこそ五郎さんの温かい歌声が必要です。
    そしてこんな時代だからこそ
    「少女よ」のようなすべてを包み込むような
    温かいメッセージソングを歌っていただきたいです。

    ファックスも伝えたい気持ちを心を込めて書きました。
    五郎さんが読んでくださることを祈ってます。
    今日も爽やかな笑顔を
    五郎さんありがとうございました。
    ***

    お誕生日おめでとうございます

    のりえ E-MAIL - 07/2/23(金) 20:45 -
    返信 引用なし
    五郎さん 今日はお誕生日ですね。
    本当におめでとうございます。

    五郎さんの愛の歌が聴きたいです。
    目の前で歌ってほしい。
    今とても切ないほどに思っています。

    今年はなんとかして 五郎さんの生歌が聴けるように
    がんばりたいです。

    お誕生日おめでとうございます。
    五郎さんにとって素晴らしい一年になりますように。
    ***


    おめでとうございます。

    のりえ - 08/2/23(土) 11:39 -

    五郎さん お誕生日おめでとうございます。
    私たちにとっては ずっと2月23日は特別な一日。
    五郎さんの素晴らしい愛の歌とともに歩めた人生は
    とてもとても幸せな人生です。
    どうぞお身体を大切にされて
    これからも私たちに
    甘く優しく
    そして力強く
    生きる力になる愛の歌を聴かせてください。
    お誕生日おめでとうございます。
    *****

    お誕生日おめでとうございます。

    のりえ - 09/2/23(月) 22:03:16 -

    五郎さん お誕生日おめでとうございます。

    私の人生に
    五郎さんの歌声があってよかったな、って
    しみじみと想ってます。

    2月23日は「富士山の日」でもあります。
    五郎さんにぴったりの素晴らしい一日です。

    どうぞこれからも
    すてきな愛の歌を聴かせてください。
    (ひざまづいて泣きます~っ)

    五郎さん おめでとうございます。
    ***

    歌い続けてくださりありがとうございます。

    のりえ - 11/2/23(水) 14:16:00 -

    五郎さん 今日はお誕生日 おめでとうございます。
    40年ずっと歌い続けてくださった五郎さんに
    心から「ありがとうございます。」を言わせてください。

    たくさんのときめきと 笑顔と 勇気をいただきました。
    大好きな歌が 私たちをいつも包んでくださいました。
    歌は人生だと しみじみと感じております。

    五郎さんが歌い続けてくださる限り
    私たちの胸はいつも希望であふれています。

    これからも愛と心と命をこめて
    素晴らしい愛の歌を聴かせてください。

    こうして「おめでとう」を言わせていただけることも
    本当にうれしく幸せなことだと感謝の気持ちでいっぱいです。

    今日は みぃなさんの ご提案通り
    5時56分には 心をこめて歌わせていただきます。
    楽しいご提案をありがとうございます。

    五郎さんにとってこの一年が 健康で素晴らしい一年になりますように。

    今日は本当にお誕生日おめでとうございます。
    ***

    宇部でお待ちしています。

    のりえ - 11/6/3(金) 1:48:44 -

    五郎さん みなさま こんばんわ。

    今日は山口県の宇部市で「ふるさと自慢うた自慢」の公開録音があります。
    宇部市制施行90周年、NHK山口放送局開局70周年の記念イベントに
    五郎さんが来てくださることは
    本当に光栄なことですし あまりにもうれしいことです。
    ありがとうございます。

    私にとって宇部は 五郎さんのコンサートに初めて行けた場所、
    今も あの日聴いた「箱舟の帰還」の素晴らしさは
    心に焼きついたままです。
    あまりにも幸せな記憶です。

    今日は五郎さんの笑顔と歌声を
    心から楽しみにしております。

    今日 お会いするファンのみなさま
    一緒に楽しみましょう。

    おいでませ山口~っ!(*^^*)

    五郎さん、みなさま
    今日は宇部でお待ちしています。
    本当にうれしい。
    ありがとうございます。
    ****

    GOROさんの歌とともに。

    のりえ - 11/6/4(土) 23:14:30 -

    五郎さん みなさま こんばんわ。
    昨日は 幸せをいっぱい感じさせていただけました。
    素晴らしい歌声を 五郎さんありがとうございます。

    もうとても 言葉にはできません。
    感動で胸がいっぱいです。

    '76年に初めて五郎さんのコンサートに行けた会場で
    変わらない 素晴らしい歌声を聴かせていただけて
    昨日は あの日の自分にも逢えたような気がします。

    ずっと歌い続けてくださる五郎さんのファンでいられる私たちは
    なんて幸せなのでしょう。

    みつばさんがおっしゃるように
    素敵な仲間とこれからもずっと
    GOROさんの歌とともに生きて行きたいです。

    すべてを包みこむ大きな
    「歌手・野口五郎」の世界。
    どうか みなさま
    8月6日と9月3日の放送日は
    NHKラジオ「ふるさと自慢うた自慢」をお聴きください。

    五郎さんの歌でつながる「絆」に心から感謝しています。
    五郎さん ありがとうございます。
    ****

    お誕生日おめでとうございます。

    のりえ - 12/2/24(金) 0:01:29 -

    五郎さん お誕生日おめでとうございます。
    五郎さんのお誕生日のせいか
    陽ざしも今日は暖かく
    自分に注がれているような気がする一日でした。

    夜はテレビで五郎さんの笑顔が見れて
    とってもうれしかったです。

    ずっと歌い続けてくださる五郎さん。
    五郎さんの歌声にいつも力をいただいています。
    本当に長いお付き合いになりました。
    年を重ねることも 嬉しいことのように感じるのは
    五郎さんが歌い続けてくださるおかげです。
    本当にありがとうございます。

    今年は特別な一年ですね。
    どうぞこの一年もご健康で
    素晴らしい歌声を聴かせてください。

    新曲、楽しみにしています。
    みんなで元気に
    楽しい一年になりますように。

    本当におめでとうございます。
    ****

    素晴らしかったです~っ!

    のりえ - 12/5/13(日) 21:28:13 -

    GOROさん みなさま こんばんわっ!!
    今NHK BS「日本の歌」拝見いたしました!!

    素晴らしい歌声!!
    新曲「僕をまだ愛せるなら」も聴かせていただけて
    感動で胸がいっぱいです。

    優しさが胸に沁みるような森昌子さんとの温かいステージ!!

    五郎さんの歌声は
    ますます力強く 心に響く素晴らしい歌声でした!!

    こうして五郎さんのファンでこれたこと
    とても誇りに思います!!

    いっぱいいっぱい元気をいただきました。
    五郎さんありがとうございます!!

    *****

    お誕生日おめでとうございます!!

    のりえ - 14/2/23(日) 23:19:44 -
    返信 引用なし
    五郎さん お誕生日おめでとうございます~~っ!!

    ずっと変わらずに
    歌い続けてくださる素敵な五郎さん。

    素晴らしい歌声に
    力をいただいています。

    五郎さんの
    笑顔と歌声が大好きです!!

    この一年が健康で
    笑顔あふれる一年になりますように。

    今年も五郎さんに逢いに行けるようにがんばります~っ。
    ****


    お誕生日おめでとうございます。

    のりえ - 15/2/23(月) 9:31:46 -

    五郎さん お誕生日おめでとうございます。

    私たちのそばで
    ずっと歌い続けてくださって
    ありがとうございます。

    憧れがいつも心にある人生ってうれしい。

    五郎さんがいてくださるから
    本当にうれしい。

    五郎さん、おめでとうございます。
    ***

    お誕生日おめでとうございます。

    のりえ - 16/2/23(火) 16:16:31 -

    五郎さん お誕生日おめでとうございます。
    わが家にはCDがまだ届いていません。
    待ち遠しいです。
    今日は玄関から離れることが難しい一日です。
    本当に楽しみにしています。

    五郎さんは 歌を歌うために
    生まれてこられたのだと思います。

    パズルがピタッとはまるように
    すべての出来事が 
    そのことを教えてくれているように思います。

    五郎さんが歌い続けてくださるので
    私たちはとても幸せです。
    いつも元気で、張り切っていられます。
    そして 忙しくてたまりません。
    でも それがうれしくてたまらないのです。

    この一年 心のままに
    突っ走ってください。

    けっこう私たちもパワーがあります。
      根性もあります。
     脱落者はございません。

    この一年が 五郎さんにとって
    心満たされる嬉しい一年になりますように。

    お誕生日おめでとうございます。
    ****


    Re(1):18才になった改札口の伝言板に・・・

    [NEW] のりえ - 16/9/27(火) 0:43:15 -

    みなさま こんばんわ。

    長く 当たり前のようにそばににあったこの掲示板とも
    あと数日でお別れです。

    私は田舎に住んでいますので
    なかなかコンサート等にも行けませんが
    コンサートやディナーショーに行けた時には
    私のように
    なかなか五郎さんに逢いに行けない方に少しでも伝わればと 
    MSBには 書かせていただきました。

    18年とひとことで言いましても
    本当に目まぐるしく世の中は変わって行きました。
    このような中で ひとつの事を続けて行くということは
    並大抵のことではなく、 
    HIMIKO組の皆さまには 
    大変なご苦労があったことと思っております。


    このように交流の場所を続けてくださったことに
    感謝の気持ちでいっぱいです。

    楽が来の 五郎さんの書き込みもうれしいです。
    ありがとうございます。

    それから こうして飛び出してきましたのは
    taeさんの書き込みを拝見したからです。

    始まりの頃のあの時の気持ちが甦りました。
    いろいろと 温かい手を差し伸べていただけました。
    人間は 苦しい時に差し出していただけた
    温かい手のぬくもりは忘れないものです。

    「taeさ~~~~~~ん ありがとうございましたっ。」
    最初の頃のように叫ばせていただきました。

    そしてtaeさんと共に
    この度ご卒業されるmasayoさん、
    ありがとうございました。

    ここに来て いろんなことが一度に変わって行き、
    時代が変わっていくことを実感します。

    けれどそれも 自分が変わらずにいればこそ
    わかることだとも感じております。

    これからのGORO-NETも楽しみにしております。
    HIMIKO組の皆さま
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

    みなさま、ありがとうございます。
    *****



    Re(1):18才になった改札口の伝言板に・・・ のりえ 16/9/27(火) 0:43:15 [NEW]
    お誕生日おめでとうございます。 のりえ 16/2/23(火) 16:16:31
    お誕生日おめでとうございます。 のりえ 15/2/23(月) 9:31:46
    お誕生日おめでとうございます!! のりえ 14/2/23(日) 23:19:44
    素晴らしかったです~っ! のりえ 12/5/13(日) 21:28:13
    お誕生日おめでとうございます。 のりえ 12/2/24(金) 0:01:29
    GOROさんの歌とともに。 のりえ 11/6/4(土) 23:14:30
    宇部でお待ちしています。 のりえ 11/6/3(金) 1:48:44
    歌い続けてくださりありがとうございます。 のりえ 11/2/23(水) 14:16:00
    お誕生日おめでとうございます。 のりえ 09/2/23(月) 22:03:16
    おめでとうございます。 のりえ 08/2/23(土) 11:39
    お誕生日おめでとうございます のりえ 07/2/23(金) 20:45
    うれしい~~っ  ~スタジオパーク~ のりえ 06/7/18(火) 14:44
    ついに明日です! のりえ 06/6/24(土) 13:11
    待ち遠しい。 のりえ 06/6/22(木) 18:16
    おめでとうございます~~~っ のりえ 05/5/1(日) 23:43


    福山ディナーショー のりえ 15/12/14(月) 14:05:55
    長崎市公会堂コンサート のりえ 15/2/12(木) 10:29:05
    ようこそおいでました山口 のりえ 13/12/3(火) 23:55:14
    Re(1):ふるさと自慢うた自慢 のりえ 11/6/16(木) 15:05:11
    Re(1):歌がある限り のりえ 08/8/20(水) 19:25:51
    宝くじミニライブ のりえ 08/8/16(土) 0:29:13
    「少女よ」 のりえ 08/6/13(金) 11:35:08

    続きを読む

    やっと見れた。

    とにかく今年もゴールデンウィークからずっと忙しく
    仕事と日舞の舞台と沖縄旅行、
    めまぐるしい日々だったように思います。

    お天気がよければ 花を植えなくちゃと
    ハッスルしてしまい 落ち着かなかったのですが
    今日は雨になり 
    なんだかほっとしました。

    そしてやっとやっと 気分も落ち着きましたので
    先日発売になった五郎さんのコンサートのDVDを
    テレビの前で正座して拝見しました。

    何台ものカメラが いろんなアングルから
    五郎さんやステージ、そしてバックのミュージシャンを映しだします。
    ステージ全体も見渡せるし
    五郎さんの表情もしっかりとアップで見せてくれる。

    いや さすがです。
    ライブの楽しさがいっぱいです。

    今回はバックも豪華で本当に贅沢になっています。
    バイオリンやビオラやチェロなどストリングスが
    こんなに大きな編成で入られると
    なんというかさらに優雅さが増して
    重厚な音となり大満足です。

    五郎さんの繊細な歌の世界が
    さらにドラマチックに響いてきます。

    そして歌だけでなく
    各パートの聴かせどころもあり
    演奏も本当に楽しめます。

    もう大音量で聴きました。

    声もすごく出ています。
    息継ぎしなくても
    ずっと歌い続けることができる五郎さん。
    すごいなぁ~

    本当に圧倒的な歌唱力に 
    聴き入りました。

    45年と一言で言っても
    それは本当に長い年月です。

    ひとつのことをこんなに長く続けられるなんて
    ものすごく大変なことなのですが
    五郎さんは これが普通のように
    当然のことのように 歌い続けて来て下さったことが
    何よりすごいことだと思います。

    しかも こんな変な芸能界という世界で(失礼!)
    こうして続けて来られることは
    並大抵のことではないと思います。

    あぁ 本当に
    この歌声が好きで
    私もずっと聴き続けてきたんだよなぁ。

    いろいろとあったけれど
    全ては 五郎さんの歌があればこそだったなぁ・・・と
    しみじみと 人生も振り返りました。

    やっぱり 五郎さんの歌はいいなぁ~

    最後には テレビに向かって
    ひたすら拍手している自分がいて
    こんなところを 誰かに見られたら恥ずかしいかも・・・とも思いましたが
    それくらい感動しました。

    歌もじっくりと聴け
    ライブの楽しさもあり
    全体的にも見渡せて

    おぉ これは素晴らしいDVDだっ!!と
    心から思いました。

    五郎さんにとっても
    素晴らしい記念になるものでしたね。

    これは本当にうれしいDVDでした。

    本当にavexさんには
    心からの感謝を。

    五郎さんのように豊かな表現力と歌唱力で 
    心を震わせてくれて

    歌の世界に引きこんでくれる歌手って
    本当に少ないと思います。

    大人の愛の歌に満たされたい方には
    ぜひ聴いてみていただきたい作品です。

    歌を聴いている間は
    全てを忘れて その世界に浸れました。

    やっと私も落ち着きました。

    そしてこれから雨の季節に入るわけですが
    じっくりと落ち着いて過ごせる季節でもあり
    また 楽しみはいっぱいです。

    DVD、是非みなさま買って鑑賞してみてくださいね。




    ところでこちらは わが家の花です。
    DSCF7962.jpg

    福山でのディナーショーに行ってきました。

    12月8日、福山ニューキャッスルホテルでの
    野口五郎さんのディナーショーに行ってきました。

    いやぁ~
    楽しかった~~っ!!

    今年も良い一年でした。
    悪いことは何もなかったという気がします。
    いろんなことを乗り越えてきたので
    今年は 神様が 
    私に平和と実りをくださった一年だったと感じます。
    感謝感謝なのです。

    そして福山に来られるということで
    ディナーショーに行ってまいりました。
    最近ではDSであれば
    福岡~広島間なら迷わず行こう、と心に決めています。
    やっぱりディナーショーは最高です。

    いろいろと書きたい気持ちは山々なのですが
    やっぱり今書いたらいけないように感じますので控えたいと思います。
    クリスマスの時期が過ぎ年が変わってから みなさんが忘れられた頃に・・
    まぁ 目立たないように私の思い出として・・・
    書き加えておきたいと思っています。 
    今はさしさわりのないところを・・・・


    今回は席が後ろの方でした。
    私はディナーショーは 正直一番前か二番目くらいのテーブルでしか
    これまで観たことがありません。
    だからはじめは とっても残念だと思っていました。

    それでもDSでは 後ろといっても 豆粒五郎さんにはなりません。
    けっこうちゃんと見えます。

    それにあとで考えると
    けっこうおいしい席だったのですよ~っ。

    私、すごく笑ったんです。
    今 思い出しても楽しくて笑う~っ。

    さて五郎さんは
    黒のタキシードにクロスタイ そして赤のカマーバンドで
    赤のポケットチーフ・・・と
    バッチリ決まっていらっしゃいました。

    五郎さんのお年で
    あんな派手なカマーバンドが自然に決まる男性なんて
    絶対いらっしゃいません。
    とってもお似合いでしたし 超カッコよかったです。
    そしてスリムで 少しまた痩せられたのでは?って思いました。

    五郎さんのフォーマルな衣装は めちゃめちゃすてきです。
    品があって若くて・・・・
    こんな五郎さんを拝見できたら あと2年は頑張れるっ、って思いました。
    ( もし五郎さんに逢いにいけないとしても、です。出来れば一年に一度は行きたいです。)

    そして客席に降りて来られた時 一番近くて三メートルくらいの距離で
    スポットライトを浴びた五郎さんのお顔を拝見したのですが
    びっくりするほど男前でした~。(何を今さら言ってるの、ですけれど)

    曲数はオープニングから数えて14曲。
    ご自分のヒット曲から新曲、
    今やスタンダードともいえる カバー作品まで
    歌手野口五郎の魅力が満載でした。

    毎回 すごくおもしろいのは
    五郎さんが客席に降りて
    観客にマイクを向けられインタビューされる時のことです。

    「あなたの夢はなんですか?」

    五郎さんに尋ねられ
    たぶんその女性は 頭の中が真っ白になられたのでしょう。
    他の人に聞いて、とか なんか必死で逃げようとされたのですが
    「今 言わないと!」 と五郎さんに マイクを向けられ、
    思わず
    「幸せがほしい・・・」。

    ご主人はそばにいらっしゃったのですよ。(汗)
    五郎さん 懸命にフォローされてました。
    私たちも拍手で後押し。
    こういう思ってもいない、やりとりも聴けるから
    生の楽しみがあるのだと思います。
    そりゃあ 五郎さんから突然 質問なんかされたら
    意味不明なこと言ってしまいます。
    大抵 みなさん自分を見失われて
    変なことを口走ってらっしゃいますが
    無理もないことだと思います。
    私だったら もっと変なことを言うかもしれません。(なんだそれ)

    あとは恒例のチークタイムなのですが
    今思い出しても おかしくてたまらないのです。
    私と同じテーブルの反対側の方でした。

    それが・・・・・今は 話せませんが
    とにかくめっちゃちゃエキサイティングな状態になってました。
    思い出したら笑う~っ。

    「何が起きたのかしら・・」というようなことを五郎さんが言われてましたが
    本当に わかるひとにはわかる熱い状態でした。

    勉強になる良いお話もたくさんされました。
    五郎さんのおかげで 
    またひとつ教養が身に着きました(笑)

    なんか面白いことが起きそうな
    予感のするお話もありました。


    そして 何より
    やっぱり歌が素晴らしかったです。

    私は野口五郎さんの歌声が大好きです。
    本当に 感動しますし 心が満たされます。
    そのことが一番なのです!

    中でも特に「アドロ」は感動しました。
    五郎さんの持ち歌にしか聴こえませんでした。
    歌で愛を語り 胸を震わせる歌声でした。

    それからみなさん「私鉄沿線」が流れてくると
    本当に喜ばれます。
    この歌を 聞きたかったんだ、という気持ちが
    客席からあふれていました。
    これは本当にすごいことだと思います。

    またディナーショーが近くであれば行きたいです。
    とても贅沢で 楽しいひとときを過ごさせていただけました。
    有難うございました。

    ニューキャッスルホテルさん
    また五郎さんを呼んでくださらないかなぁ~!(* ´ ▽ ` *)

    DSCF7553.jpg
    DSCF7555.jpg
    お料理もおいしかったです(*´v`)
    DSCF7556.jpg
    DSCF7557.jpg
    DSCF7558.jpg
    以下は GORO-NETへの私の書き込みです。

    福山ディナーショー
    15/12/14(月) 14:05:55 -

    12月8日、福山ニューキャッスルホテルでの
    野口五郎さんのディナーショーに行ってきました。

    書き込みが遅くなり申しわけございません。

    先ほどから長々と書いていたのですが
    パソコンの調子が悪く、送信キーとともに消えてしまいました。
    同じ文章はとても書けませんので簡単になりますが
    感謝の気持ちをお伝えできればと思います。

    ホテルは駅を出たすぐ近くにあり、
    方向音痴の私でも 迷わずに着けました。
    ピンクの花のツリーも華やかな明るいロビー。
    とてもすてきなホテルでした。

    同じテーブルの方々とは初対面にもかかわらず
    自己紹介や五郎さんの話題などで大変に盛り上がり、
    美味しい料理も楽しんでいるうち
    あっという間にショーの時間になっていました。

    五郎さんがお話の中で
    こちらのホテルの前の通りの、
    過去の風景やお店のことまでお話しをされ、
    地元の方々は驚いていらっしゃいました。
    五郎さんの記憶力の良さには いつも驚かされます。
    すごいことです。

    また、ディナショーの楽しみのひとつでもあります
    客席に降りられての やり取りも
    毎回ながら 私の笑いのツボにはまりまして、
    今思い出しても思わず笑顔に・・・・。

    客席も・・・なんかもう、すごく熱かったです。
    それも思い出すと顔が緩んできて・・・(O^^O)


    楽しいお話しももちろんですが
    深い ためになるお話しもいっぱいありました。
    進化され続ける五郎さん・・・。

    何が変わったのか どう変わるべきなのか・・・
    ちゃんと見えていらっしゃるからだと思いました。
    頼もしい限りです。
    私たちの背中も しっかりと押してくださる五郎さんです。

    五郎さんのフォーマルな衣装もとっても素敵で・・・・。
    あまりにもカッコイイ五郎さんに、
    来てよかった~っ!!ヽ(^o^)丿
    と思いました。

    そして何より楽しみにしていた
    五郎さんの歌声・・・・

    心に沁み渡りました。

    感無量です。

    やっぱり野口五郎さんの歌は素晴らしいなぁ。

    歌い続けてくださって本当にうれしい。
    なんて私たちは幸せなんだろう・・・。
    感謝の気持ちが溢れてきます。

    忙しい年末ですが
    元気にがんばれそうです。

    近くでディナーショーがあれば
    また行きたいです!!

    夢のような楽しい時間を
    本当にありがとうございました。
    DSC_0758.jpg
    追記
    <曲目>
    オープニング

    愛の讃歌
    序曲愛
    針葉樹
    オレンジの雨
    甘い生活
    再会タイムマシン
    ホワイトクリスマス
    私鉄沿線
    スマイルアゲイン
    アドロ
    僕をまだ愛せるなら
    オールバイマイセルフ

    アンコール
    レットイットビーミー

    10/25「ゆうちょ LETTER for LINKS」

    今頃ですが TOKYO FM (全国FM38局)「 ゆうちょ LETTER for LINKS 」のことを書きます。

    あまりによい番組で
    すぐには言葉にできませんでした。

    先日のNHK「ファミリーヒストリー」といい
    この番組といい
    とにかくここのところ あまりにも素晴らしい番組が続き
    感動するばかりです。

    やっぱり ご両親の人生を知られたことが大きかったと思います。

    先日の大竹まことさんの番組でも
    今でも あの番組のことを考えると動揺する、
    というようなことを言われていましたので
    五郎さんにとっても あまりにも大きな事だったのだと思います。

    そしてこの番組。
    なんと 五郎さんが 西城秀樹さんに手紙を贈る、という内容。

    五郎さんが こんな風に手紙を書かれるなんてびっくり。
    しかも秀樹さんに対して こんなに語られたことがこれまであっただろうか。

    私たちは正直 五郎さんと秀樹さんの関係がどんなものなのか
    そんなことさえ よく知らずに 五郎さんのそばで応援してきました。

    だから 本当にうれしくて
    胸が熱くなったし 私たちも共に生きてきたことが誇りに思えました。

    五郎さんはお話の中で
    秀樹さんとは「お互いの"優しさ"という種類が類似している」と
    まずおっしゃいました。

    タイプは違うと思っていたのだけれど
    あぁ そうなのだなぁ~ そういうことなのだなぁと思いました。

    同じ時代を駆け抜けてきた同志として 影響しあうことも多かったのだろうと思います。

    地方公演の時、二人でホテルを抜け出して
    一緒にラーメンを食べたこと。

    戻れるなら・・・ あの時かなぁ、ということも
    手紙に綴られていました。

    「甘い生活」が大ヒットした年、
    レコード大賞歌唱賞が取りたかったけれど取れなかった。

    歌唱賞を受賞したのは秀樹だった。
    秀樹さんがどこか自分に気を使っているのがわかった。

    そして翌年 その歌唱賞を二人で受賞。

    歌唱賞を取れた時、二人で抱き合った。

    五郎さんの手紙は
    秀樹さんの人間性や優しさがとても伝わってくるものでした。

    「不器用で表現下手。でも愛にあふれていた。」

    この言葉で 秀樹さんがどんなにすてきな人であるか
    充分に伝わってきました。

    「僕たちにしかわからない熱狂があった」
    「共有できたものにしかわからない孤独があった。」
    「たかぶる気持ちやさみしさがあった。」

    今だからこそ 語られる あの激動の日の孤独。
    手紙にも"戦友"という言葉が使われていました。
    ともに生き抜いてきた戦友同士でしか共有できないものが
    そこにあるのだと感じる時
    きっとこれからも お二人の友情は続くと確信します。

    まわりの人には 入っていけない
    二人しか知りえない世界があるのですね。

    私たちは 残念ですがそこには行ってはいけませんが
    そばで これからも
    見つめさせていただければと思います。

    「俺たちは変わらない。」
    この言葉が 胸を熱くします。

    あの時も今も

    カッコよすぎるよ五郎~~っ!!
    秀樹も本当にかっこいいよ~~ っ!!

    私たちの誇りだーーーーーっ!!
         (なんだこの熱さは)

    最後に五郎さんが秀樹さんに
    「この歌の世界、アーティストの世界を全うしましょうよ。」
    と語られた言葉が
    この私の心にも、力と希望を与えてくれました。

    秀樹さんも病気を乗り越えられ
    がんばっていらっしゃいます。
    互いにがんばっている姿は
    今もそれぞれの支えになっていることでしょう。

    歌ってください!!
    声の続く限り!!

    あの孤独な激動の日々も
    乗り越えられれば
    きっとこれからの支えになると信じます。

    何歳になられても
    ファンはずっとそばにいますから!


    とても素晴らしい番組でした。
    感動しています。
    いやーー最近良い番組が続き
    泣けてばかりです~っ。

    最後に
    東京FMさん。良い番組を、ありがとうございました。
    心からの感謝を。

    NHKファミリーヒストリー野口五郎さんの回。

    今日の午後 ドイツから帰ってきて
    7時間の時差で今日はぐったりだったのですが
    幸運にも帰ってきた日に「NHKファミリーヒストリー」の
    野口五郎さんの番組を見ることができました。

    あまりに感動したので
    とにかく このことだけは書いて寝ようと思いました。

    私もそうだけれど
    父が亡くなって いったい父がどんな人生を生きたのか・・・ということは
    父が何も話してくれなかったので(若い頃のことなど特に)
    まったくわらないことなのです。

    親がどう生きたかよくわからないと
    自分というものの正体もよくわからないし
    どう生きるべきかも 正直よくわからない。

    言葉を変えると 「自分が何処から来て何処に行くのか」

    親の生き方を知ると こんなにもわかるものなのか、と
    驚きとともに感銘を受けたのが今夜のこのファミリーヒストリーという番組でした。

    野口五郎さんも 親が何も話してくれなかった、ということで
    何もご存知なかったそうで
    若いころのお仕事のことや 戦争体験をはじめとして
    お父さまのお若い頃の写真さえも初めて見られるものばかりだったようです。

    初めてのことだらけで、
    あまりの驚きに 最初の頃は放心状態になっていらっしゃいました。
    そのうち
    父親の人生を辿りつつ 涙を何度も拭かれていましたね。

    見ている私も 不覚にも涙がポロポロ流れてしまいまして
    ティッシュを手に 鼻チーン、などしつつうるうるで拝見しました。

    五郎さんは、お父さんが どのように生きてこられたか、ということを知られた時

    父親がどう生きたかったか、
    抱いていらっしゃった夢も見えられたように思いますし、
    親の大きさも実感されて

    はっきりと 
    これからの生きる道を指し示されたような気持ちに
    なられたのではないでしょうか。

    初めて お父さまから教えてもらった歌が、
    田端義男さんの歌だった、ということも
    かつてお父さまのコンクールのライバルだったことを知られた時
    なんというか パズルのピースが ピタッとハマったような感覚で
    衝撃的だったのではないでしょうか。

    「あぁ!!そうだったのか」と

    時空を越え、 あの日の少年に戻って 
    このことを受けとめられたのだと思いました。
    ほんとうに感動的でした。

    これまで 13歳の時に声変わりをして
    デビューができなくなった、ということは
    何度も聴いていましたし
    知っていたつもりでしたが
    ただ、わかっているつもりだけだったと
    自分自身 痛感させられました。

    この13歳の挫折が いかに大きく絶望的だったか・・・ということが
    今 やっと よくわかりました。

    そうだったんだ・・・・
    この13歳がターニングポイントだったのですね。

    あまりにも早い試練。
    普通の親なら 「帰ってこい」と言ってしまうところを
    五郎さんのお父さまは絶対に言われなかった。

    いえ、五郎さんに「もう諦める。もう帰りたい。」と言わせる隙を与えなかった、
    強い父親がいればこそ 今の五郎さんがあるということ、
    ほんとうによくわかりました。

    自分は 夢をあきらめなければならなかった。

    けれど息子には
    自分のような思いはさせたくない。
    息子には夢を叶えてもらいたい、という
    父としての願いもあったと思いますが

    五郎さん自身が お父さまの「夢」だったのだと思います。

    こうしてルーツをたどるとき
    野口五郎という人は歌手になるべくしてなった人だと思いました。

    お父さまのお若い頃のお写真を見て
    五郎さんにそっくりで 本当に驚きました。

    命のリレーと言いますが
    親は亡くなったとしても
    やっぱりちゃんと自分の中で生きている。

    親から渡されたバトンをしっかりと握り
    子供たちに渡していかなくてはならない。

    何を託すか。

    五郎さんにもお子さんが二人。

    迷惑かもしれないと思いつつも
    私たちにとっても 本当に希望の星なのですよ。

    この番組のオファーも偶然ではなく必然でしょう。

    私たちファンも
    深くご家族について知ることができ
    誇りにすることができました。

    「野口五郎」という歌手が
    より身近で より応援したい存在になったように感じます。

    素晴らしい番組を作っていただけたNHKさんには
    心からの感謝を。

    そして自分という人間だけでなく
    家族の生きる姿もすべて、私たちに見せてくださった五郎さんを
    誇りに思います。
    ありがとうございました。

         by  のりえ@時差ボケもなんのその~


    今日がお休みでラッキーだった~。

    ふっふっふ。
    いきなり笑っていてすみません。
    だってもう なんかうれしくて我慢できないんです~

    今日は 私はお休みだったのですが

    なにしろあなた、
    今日は 五郎さんの福山のディナーショーの
    受付開始日だったのですよ。

    はっはっは

    なんかもう無駄に笑う~っ

    私はディナーショー大好きなんです。
    今年もディナーショーに行けるーーっヽ(^o^)丿
    最高ですっ

    うれしいなったらうれしいなっ。(壊れ気味)

    一昨年はフランス旅行の時に
    山口でのディナーショーを知ったのですが
    今年はドイツに旅行ということで
    日々慎ましく おとなしく過ごしていましたから
    きっと これはご褒美ですね~っ!!
    なんて思えて テンションが上がっています~っ

    受付開始から 何度か電話したのですが繋がらなかったのですが
    30分過ぎた頃に電話したら 無事に繋がりました。

    真面目に生きていたらいいことあるわ~っ
    やっぱり神様っているのね~っ
    超まじめに生きてるもん~
    なんか神様に褒めてもらえた気持ち!!

    秋晴れの素晴らしい青空の一日、
    心も晴れ晴れ~っ!!
    DSCF7152.jpg
    こちらは庭に咲いたオキザリスです。
    私の心もピンク色~っ! (10/02)   

    追記・ 10/09
    今日チケットが届き 大喜びで開封。
    受付開始と同時に電話できたので
    ものすごーーく喜んで調子に乗っていたのですが
    正直 ディナーショーで こんな席で見るのは初めて~っ(涙)
    いつも一番前くらいで見れていたからなぁ~。
    考えてみれば 席がどのあたりか
    まったく確認しなかった私が悪い。
    次からは確認くらいはしなくちゃあ。
    今年は長崎も立ち見席で豆粒五郎さんでした。
    今年は 席についてはツイてなかったけれど
    そんな年もあるさ~。

    見に行けるだけで充分!!
    チケットが取れただけで 本当に良かった!!
    五郎さんに逢えて、素晴らしい歌が聴けるのだもの。
    感謝感謝!!
    楽しみだーーーっ

    えん旅

    いやーーー見ましたっ!!
    NHKBSプレミアム えん旅!!
    岩手県岩泉町への五郎さんの旅。

    たったの30分番組だったのが とても残念でしたけれど
    地域のみなさんが 元気に過ごしていらっしゃる様子に
    五郎さんも力をもらわれたのだと思いました。

    最後は コンサートの様子が流れて
    五郎さんの「愛の讃歌」「甘い生活」「私鉄沿線」「僕をまだ愛せるなら」が聴けました。
    いやー すばらしかったですね。

    いろんなふれあいがありましたし
    何ができるかと 五郎さん自身、
    自分に問われたことと思いますが
    五郎さんにできることは やっぱり歌うことだと
    強く感じました。 

    五郎さんの歌声にみなさん 勇気づけられたことでしょう。
    泣いていらっしゃる方もありましたね。

    本当に素晴らしい歌声でした。
    みなさんの心に深く届いたことでしょう。

    悲しい記憶は消すことはできません。
    生涯向き合わなくてはならない
    厳しい現実があります。

    どれほどの心の痛みを抱いて
    今日を生きていらっしゃるのかと思うと
    本当に言葉もありません。
    胸が痛みます。

    けれど生きている限り
    前に進まなくてはならない。

    震災を超えて
    みなさん 明るく 頑張っていらっしゃるのですね。
    町のみなさんにも力をいただきました!

    五郎さんが 最後
    車の中で 話されていましたが
    知り合いが増えた、と うれしそうに
    目をきらきらとさせて
    振り返り 話していらっしゃいましたが
    本当に少年のような瞳をしていらっしゃいました。

    良い旅になってよかった!!

    そして五郎さんの歌で
    たくさんのみなさんが
    元気になられたらいいな~。

    五郎さんの歌声は
    温かくてパワーがあります。

    短い番組でしたが
    とても良い番組でした。

    満足です!!

    日帰りで長崎公会堂へ。(2)

    会場に着いたら
    もうみなさんは会場のロビーに入られていました。

    立ち見席しか取れなかったので
    どんな席なのか不安でしたが
    案内図を見ると2階の通路のようでした。

    もうどこでもいいわ~
    五郎さんの生の歌声が聴けるんだもの。
    もうそれだけで充分なのだから!!

    一応 ロビーでオペラグラスを購入して
    立ち見席へ・・・・
    内心「おぉ~なかなか厳しいなっ これは~」

    でも満席の会場、
    いやぁ これは本当にうれしい。
    なんか 会場がまぶしいっ
    来てよかったーーっ!!
    歓びをかみしめているうちに 開演になりました。
    せめて 後ろに人がいない分
    頭の上で精いっぱい拍手させていただこう。
    そう決めてました。

    「愛の讃歌」から始まり
    アンコールの「ア・ソング・フォー・ユー」まで24曲。

    「愛の讃歌」が終わり
    五郎さんのおしゃべりタイム。

    長崎は久しぶりで
    この公会堂が懐かしくてうれしかった、というお話・・・

    すると遅れて入って来られ、
    立ち見席で止められているご婦人が
    私のすぐ横で すごい勢いで叫び始められました。

    「五郎ちゃん待っとったよーー。」
     (私としては 待っていらっしゃったのだったら
     どうか遅れてこないでください、って申し上げたい)(泣)
    「長崎は五郎ちゃんの味方よーーーっ」
    えーーっ みんな味方だよ~
    このご婦人大きな声で いつまで叫び続けられるのだろう~

    そう思っていると五郎さんが静かにおっしゃいました。

    「ぼくも長崎の味方です。」

    すごいですね。
    こんな言葉 普通出ませんね。
    ちゃんと受けとめて優しく おっしゃいました。
    それ以降 ご婦人は静かになられました。
    きっとご婦人もうれしくてうれしくてたまらなかったのでしょう。
    本当に待っていらっしゃったからでしょう。

    その方の気持ちを
    五郎さんはちゃんと受けとめられて
    穏やかに対応されました。
    こういうところにも
    五郎さんのお人柄が出るのだと思います。


    わたしは 五郎さんが話される言葉も
    もう聴き逃すまいと必死に聴いて
    忘れたくない言葉はメモをしました。
    (もう拍手したり書いたりノリノリで聴いたり
    私も大忙しです。)

    そしてわたしは 五郎さんのお話を聴くにつけ
    いつも思うのですが
    本当に 悟っていらっしゃると思うのです。

    けれど 悟る、ということは
    本当に辛いことや悲しいことや試練を乗り越えている、ということなので
    五郎さんは あのように 楽しくおしゃべりしてくださいますが
    いろいろな試練を 乗り越えて来られたのだろうなぁ、と思います。

    そして「私鉄沿線」を歌われたあと、
    伝言板は今はない、という話をされ、
    とても深いお話をされました。
    ここのところも 私が感動したお話のひとつです。

    人と人とのすれ違いがなくなってしまった。
    ドラマがなくなって つまらなくなった。

    あぁぁ すごいっ
    すてきなことをお話してくださる五郎さん。
    そんなこと考えたこともなかった。
    考えてみると 今の時代に育つ子供たちには
    無駄な時間もなく
    すれ違いもなければ 出逢いもない。
    そういうことだったんだ。
    五郎さんに教えていただいて初めて気がつきました。

    そして
    恋愛について語られるお話しの中で
    座布団5枚!!と思うような
    楽しい喩えで 夫婦のことを語られ、
    みんなを感心させ 思いきり笑わせてくださったあとに
    さりげなく おっしゃいました。

    「長続きする愛は何だろう?」
    「 ・・・・・それは片思いです」と。

    深くて わたくし、さらに 感動しました。
    あぁ そうだっ
    そうなんだ。

    長く愛し続けるには片思いでいいんだ、って
    この時初めて納得できました。
    清らかで 祈りがあって 
    優しい気持ちで生きていける片思いってすばらしい。
    五郎さんに教えていただけた気がしました。

    オリジナル作品、というより
    カバー曲を中心に たくさん歌っていただけました。
    初めてのお客さんにも 充分に楽しんでいただける内容だったように思います。

    歌手の先輩についてのお話では
    私は 五郎さんの言われた
    五木ひろしさんの目について、
    「笹で切ったんじゃありませんよ」という言葉が
    ツボにはまり 今も思い出したら どうしようもなく笑えてしまう。

    でも その表現は五郎さんの愛情であって
    親しい人のことしか そんな風に言われないことも
    よくわかっているので 逆に微笑ましいです。
    私も言われてみたいです(笑)

    オペラグラスで見ても
    正直遠すぎて 良く見えなかった。
    まぁ だいたいこの辺が目で
    この辺が口かなっ みたいな。

    だから服も最初は紺のスーツに見えたけれど
    よく見たら グレーだったかな、という感じ。

    下のシャツは チェックのシャツだったのだと
    アンコールの時 上着を脱いで出てこられたからわかったようなことでした。

    さすがに立ち見席は遠い。
    でも 五郎さんの素晴らしい歌声が聴けて
    満たされました。

    そして後ろに人がいないので
    ノリノリで聴くこともできました。
    立ち見席には立ち見席ならではの良さもあり
    楽しめました。

    声も ものすごく良く出てました。
    豊かな、張りのある歌声。
    心に沁み渡りました。

    そして五郎さんが言われたこと。
    「最近よく聴かれるのが
    どういうジャンルの歌手ですか」・・・・
    「僕に言わせれば どれも歌謡曲だと思っている。」と。

    あぁ そうなんだ。
    そう言いきれる五郎さんってすごい。
    五郎さんは 言葉を大切にしていらっしゃるんだなぁ。
    言葉を伝えるということは
    心を伝えるということ。
    ジャンルで括りを付ける必要もないんだ。

    なぜなら
    野口五郎と言う歌手は
    どんな世界も表現できる歌手なのだから~。

    45年、歌い続けるには
    やっぱり信念を持っていなければ出来なかったことだと思います。
    自分の中に一本芯を通っていればこそ
    五郎さんは歌い続けて来られたのだと思います。

    今年は 少し 新しい自分を表現したいと考えていらっしゃるみたいですね。

    あれ?GOROじゃないんじゃないかな、という感じの
    ちょっと落ちつかない一年にしてみたい と
    おっしゃってました。

    私など この頃は完璧に守りの体制に入っておりますが
    五郎さんは まだまだ進化し続けていらっしゃいます。
    この一年も 本当に楽しみです。

    握手会は
    主人を外で待たせていたために諦めましたが
    もう 充分に幸せな一日でした。
    またいつか 参加したいですっ!

    それから
    「箱舟の帰還」を聴くと
    いつ聴いてもひざまづいて泣きそうになりますが
    またがんばって前に進む勇気をいただきました。
    私はこの歌が大好きです!!聴けてうれしいです。

    歌が素晴らしいのはもちろんですが
    五郎さんが お話されることは
    とても深くて 何を聴いても
    あぁそうだったのか・・・と
    感動するばかり。

    満席のコンサート会場。
    私だけでなく、みなさんも きっと 背中を押されるように
    元気をいっぱいもらって帰られたことと思います。

    日帰りで10時間の運転、
    根性を見せたのは 私ではなく主人、かな。
    本当に 感謝、感謝。

    今年は きっと良い一年になります!!

    うれしくて 心は晴れ晴れーーーっ!!
    DSCF6673.jpg

    五郎さんの公式掲示板に書いた
    私の書き込みです


    「長崎市公会堂コンサート」

    2月7日、長崎市公会堂コンサートに行ってまいりました。

    五郎さんの歌声と心に響くお話しに
    元気と力をいただきました。

    本当は諦めていました。
    せっかくの九州ですが、長崎は遠いから・・・と見送るつもりでした。
    正直、最近諦めるクセがつき始めていました。

    けれどみなさまのオーチャードの感想を聞かせていただき、
    我慢することができなくなりました。
    前の日の朝に、主人に
    「長崎に連れて行ってほしい」、と、とんでもないわがままを言いました。
    「いつ?」・・・「あした!!」笑顔で答えてみましたが
    返事が返ってきませんでした。

    けれど夜に 仕事から帰ってきた主人が
    「連れて行ってあげる」と言ってくれたものですから
    大喜びで チケットぴあのサイトを開いて
    「立ち見席」しかなかったのですが
    もう、入れればなんでもいい、と思ってクリックしました。
    もう時間もあまりなく、ジタバタと慌てて
    思わず「戻る」を押してしまいましたら、
    「売り切れました」になってしまいました。

    がーーーーーん!!

    もうこうなったらコンビニを回るしかない、と
    セブンイレブンに行きまして、なんとか「立ち見席」を取ることができました。

    山口から車で長崎まで5時間・・・・
    会場に着きましたら
    すでにすごい行列が出来ていました。
    生まれて初めての立ち見席で
    どこに立ち見席があるのかと不安だったのですが
    2階席の一番後ろの通路でした。
    こんな席も初体験、でしたけれど
    満席のみなさんの後ろ頭をながめるだけでも うれしさがこみ上げました。

    会場で販売されていたオペラグラスで観ても
    五郎さんのお姿はあまりよく見えませんでした。
    さすがに立ち見席はとても遠かったのです。

    それでも 五郎さんの素晴らしい歌とギター、
    そして五郎さんのすてきなお話を しっかりと聴くことができました。
    '13.11月の山口でのディナーショー以来・・でしたが
    五郎さんは さらにパワーアップされていることを感じました。

    「愛の讃歌」より始まり
    アンコールの「箱舟の帰還」アカペラでの「ア・ソング・フォー・ユー」まで
    心を熱くする これぞ「歌手・野口五郎!」と思える素晴らしいステージでした。

    豊かな声量、
    息つぎされなくても一曲歌ってしまわれるのでは、と思えるくらい
    伸びやかでした。

    時にささやくように、時に語るように、
    そして力強く・・・。

    あぁ やっぱり野口五郎さんの歌ってすごい!!
    こうしてずーーっと歌い続けてくださった五郎さんがいらっしゃればこそ
    こうして私も どんな時も希望を持って前に進めたこと、
    あらためて実感します。

    五郎さんのおしゃべりは 楽しいだけでなく
    話されることが とっても深いのです。
    みなさんを大笑いさせつつ・・・
    さりげなく とても深い話しをさりげなく織り込まれます。
    笑っていて気がつかれない方もいると思いますが
    私は それを聴き逃すまいと
    いつもしっかりと聴きます。

    今回も とてもすてきなお話しをされていました。
    あぁ 本当にそうだ・・・と 感動いたしました。
    すべてに 力と勇気をいただきました。

    「雪の華」のギター演奏のあとには
    男性が思わず叫ばれてましたが
    私には 若い方の声のように聴こえました。

    今月23日で・・・と言おうとされて
    「今月23歳・・」と言われてしまい
    自分で自分に突っ込みを入れられてました。
    おちゃめな五郎さんが微笑ましく
    会場はやわらかい笑いに包まれました。

    会場にはいろんな方がいらして
    うれしさのあまり
    時に叫ばれたり 五郎さんに話しかけられたりで
    びっくりするのですが
    五郎さんの 対応というのは 穏やかで
    すべての人を笑顔にしてくれます。
    さすがだと感じます。

    日帰りで往復10時間。
    立ち見席であったとしても
    本当に行けた良かった、
    コンサートが見れて幸せだと 心から感じました。
    行けてうれしさいっぱいです。

    五郎さんの素晴らしい歌声は
    みんなを元気にし、背中を押してくださいます。

    五郎さんの45周年が
    素晴らしいものになると
    あの満席の熱い会場を拝見し、
    五郎さんの歌声を聴いて確信いたしました。

    今は とっても幸せな気持ちです。
    私も しっかりと前に進もうと思っています。

    とてもすてきな五郎さんでした。
    本当にありがとうございました。

    ******
    PS  「今月23歳・・」と間違って言われたあと
    自分でもウケていらっしゃったのですが
    その時 客席から「私は25歳~っ!!」と叫ぶ あつかましい声が。(笑)
    すかさず五郎さん、
    「お孫さんでしょ!」

    笑った~っ。あぁ 楽しいっ!
    ****

    追記
    (曲目)
    愛の讃歌
    序曲愛
    君が美しすぎて
    甘い生活
    ぼくをまだ愛せるなら
    バスストップ
    五番街のマリーへ
    シクラメンのかほり
    時のすぎゆくままに
    夜空
    襟裳岬
    愛ふたたび
    VICTORY IS WON(ギター)
    愛がメラメラ
    雪の華(ギター)
    ハナミズキ
    恋人よ
    私鉄沿線
    今日でお別れ
    愛のフィナーレ
    愛してると言うまえに
    君こそわが青春
    <アンコール>
    箱舟の帰還
    ア・ソング・フォー・ユー

    最後に あとひとつだけ
    五郎さんがしばらくは座右の銘に・・・とおっしゃってらした言葉
    「死ぬこと以外かすり傷」

    本当に五郎さんは 良いことをおっしゃいますね~。
    笑いを取っていらっしゃいましたが
    これは本音だと思います。

    人生はつらいことや苦しいことが本当に多いのですが
    そう思えば 少々のことは なんてことはないような気がしてきます。
    人生について語られた時
    「つらい経験をしているから楽しいんだと思います」と
    おっしゃっていたように思います。

    何ごともなく
    順調に物事が運ぶ人生なんて
    ないんだと思います。

    昇っていくばかりの人生なんてないのだから
    高く昇れば昇るほど ジェットコースターのように
    おそろしいほどの勢いをつけて下る。

    だけど五郎さんの話を聴いていたら
    少々のことは笑い飛ばして生きていけそうです。

    またコンサートに行きたいなぁ、と思う今日この頃・・・・
    今度はちゃんと座って
    前の席で聴きたいと思っています。


    最後にひとりごと。

    あの~っ すみませんが
    日本には 中国地方というところもございます~っ!
    どうかひとつよろしくーーーーっ!!
    ブログ応援
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り
    カレンダー
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    リンク
    最近の記事
    カテゴリー
    ブログ内検索
    FC2拍手ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1678位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    205位
    アクセスランキングを見る>>
    ランキング
    フリーエリア
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2掲示板
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード
    フリーエリア
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: