FC2ブログ
       
    11
    1
    2
    4
    5
    6
    8
    9
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    萩へ

    13~14日に萩に旅行してきました。
    ゴートゥトラベルで
    主人が萩本陣に予約を取ってくれたので
    萩に行ってきました。

    萩にはちょくちょく行ってはいるのですが
    今回は初めて船に乗って
    萩を水上より眺めました。
    案内してくださる方のお話が興味深く
    萩という土地と人を知ることができました。
    お天気も良く爽やかで
    これはおすすめです!
    id_8395637331.jpg

    そのあとは、自転車を借りて
    萩の堀内から外まで散策しました。
    主人が、自転車に乗れるのか?と
    笑いながら聞いてくるものですから
    自転車くらい乗れるわよ、
    任してちょうだい~なんて自信満々に答えまして
    ママチャリかと思ったら
    サドルが高くて、乗ったら足が地に着かないので
    とても焦りました。
    内心、ひ~~っ‼
    でも、なんとか50分ほど自転車で走り
    これもまた初めての経験で楽しかったです。
    id_8395635591.jpg
    翌日は友の薦めで
    東光寺へ。
    毛利氏菩提寺。
    歴史を感じました。
    id_8395637341.jpg
    id_8395635841.jpg
    朝もやの中 空気も重く厳かな毛利氏廟所(びょうしょ)
    id_83956355811.jpg

    萩に行くまでは、心細くなるほどのいなか道を通りまして
    こんな田舎から
    国を動かすような人がたくさん出たことに
    驚くわけですが
    やはり、大事なのは人であると
    しみじみ感じるわけです。

    人は勝手に育ちません。
    育てた人がいる、ということです。

    そういうことを考えると
    吉田松陰の偉大さを知ることとなります。

    萩の人は松陰先生と呼び、
    学校でも松陰先生の言葉を
    いつも声に出してみんなで言われているそうで
    素晴らしいことだと思います。

    立派な人を育てるためには
    大人達が立派な人間にならないといけません。

    そのことを考えました。

    吉田松陰については
    松陰読本という本が出ていますので
    萩に旅行された際には
    ぜひお読みいただきたいと思います。
    スポンサーサイト



    簡単ではない。

    id_8388488971.jpg
    ティシュボックスカバーを作ってほしいという依頼を受けましたが
    2つ作ってください、とのこと。
    1つ作るだけでも 本当に大変なんだけど
    2つとは・・・とほほ・・・と 
    内心少し思いつつ
    id_8388488932.jpg
    第一作目。
    よーーし、できた。
    おーっ なかなかの出来栄え~~っ!!
    明るくポップな感じで
    元気が出る感じ~~っ!
    id_8388488961.jpg
    そして2作目。
    あか抜けた大人の色合いで
    おしゃれな大人の感じ~~っ。
    よーーし 出来た~~っ!!
    ヽ(^o^)丿

    そして出来ましたーーーっと
    メッセージを送ったら
    ドイリーも欲しいので 
    ドイリーを編んでください。
    それと一緒にお願いします・・・とのこと。

    レースを編むのは簡単ではありません。
    どうしたものかなぁ~(>_<)
    また編まないといけないとは・・・とほほーーー。

    でも 作品はばっちりだーーーーっ。
    id_8388488991.jpg

    フラワーギフト

    今年もお友達のお誕生日にお花を送りました。
    元気でいてくれてうれしい。
    この一年も元気でいてください。
    そんな気持ちを込めてお花を送りました。

    よく花屋に行くと
    とても豪華なアレンジが置いてあります。

    思わず
    「これ素敵ですね」と言うと
    店員さんがお誕生日のプレゼントなんですよ~、
    なんて返事。
    こんな素敵なお花がもらえる人って なんて幸せなんだろう~
    いいな~~~っ!!
    って私は思うので
    私はお誕生日には お花を贈りたいんです。

    お誕生日には
    きれいなお花を飾って
    お祝いしてほしいですものね。

    ということで 今回は楽天で注文しました。
    今回は赤にしました。
    赤い花は 元気と力を与えてくれます。

    コロナに負けず
    健康に楽しくお過ごしいただきたいと願いを込めました。
    id_8415838261.jpg

    大阪フェスティバルホールコンサート11/5

    去年 大阪のサンケイホールブリーゼでのコンサートがあったのが
    9月28日。
    それから 今年は神戸で3月1日にコンサートをしていただけるということで
    とても楽しみにしていましたが コロナウィルスというものが広がって
    もう今年は無理かなぁと思っておりました。

    私の諦めも早く 家籠りでの時間も充実してしまい
    逆に出て行くのが怖いくらいの気持ちではありましたが
    五郎さんが大阪で コンサートをしてくださる、ということで
    勇気を出して行ってまいりました。

    大阪フェスティバルホールというのは
    今回 私は初めてだったのですが
    レッドカーペットが敷き詰められた大階段があって
    ゴージャスな雰囲気でびっくりしました。
    会場もとても広くて とても立派なホールでした。
    このような立派なホールでコンサートをしていただけたことにも
    感謝だと思いました。

    そして今回は さらに有難いことに
    席も前の方で五郎さんが はっきりと良く見えました。
    感謝感謝です。

    今朝 出勤する前に勢いで
    自分の掲示板にご報告を書いたのですが
    時間が経つと また違った思いが湧いてきます。
    ずっと 五郎さんが話してくださったことを
    考えているのです。

    そして思う。
    こういう時代だからこそ
    直接会って 歌を聴き 話しを聴き 見て 感じることが
    大切なのではないだろうか、と。

    それが出来ない時代だからみんな苦労していらっしゃる、ということは
    百も承知で申し上げることです。
    ですから それが出来た自分は
    ほんとうに幸せですし感謝しかない、とも思います。

    コロナ禍で コンサートをされることも
    本当に大変だったと思いますが
    五郎さんは決断してくださいました。
    しかもいつもよりストリングスのお嬢様がたくさんいらっしゃって
    演奏もより豪華にしてくださいました。

    五郎さんがご自身で 人が集うためのテイクアウトライフというものも
    開発されされたということも大きかったのではないかと思います。
    それもこれも 人に逢って「あなたに届け~~っ」と歌いたい、
    伝えたいと思うことがたくさんおありだからではないかと思うのです。

    色んなことを考えるのですが
    五郎さんについての色々な大きな出来事が
    五郎さんを突き動かしていらっしゃるように思いました。

    それはいったい何だろう、とついつい考えてしまうのですが私が思うのは 
    ひとつは
    「ファミリーヒストリー」にご出演されたことではないかなぁ、と思うのです。
    お父様の人生 お父様の夢、お父様の思いを
    五郎さんが悟られたこと。
    自分の夢は自分だけのものではなかった。
    父親の夢でもあったんだとはっきりと知ることとなりました。

    もうひとつは秀樹さんが亡くなられたこと。
    あんなに 痛々しいまでに泣いていらっしゃる五郎さんを拝見し、
    (もうあの頃は 常に鼻声になられていました。)
    最初は 五郎さんが 秀樹さんのことを そんなに好きだったのか・・・と
    思ったのですが
    五郎さんは あれからよくおっしゃってました。 
    秀樹さんが自分のことをいつも守ってくれた、と。
    秀樹さんが自分のことを大切にしてくれたこと、
    愛してくれた、ということが
    五郎さんにあれほどまでの涙を流させたのだ、
    あの涙は 秀樹さんの愛だったのだなぁ、と
    最近は思うのです。

    そして三つ目は ご自分が
    命に関わるご病気をされたことではないかと思います。
    運良く 早期発見で 治療をされた
    このことも 大きかった、と思うのです。

    そして今年は京平先生が亡くなられました。
    108曲もの作品を五郎さんに作られている、
    五郎さんが師匠と言われる京平先生まで
    天に召されてしまったのです。

    命には限りがあります。
    かけがえのない人たちからのたくさんの愛を受けた分
    その人たちの思いを背負って
    五郎さんは生きていらっしゃる。

    けれど こういうことも思いました。
    この世にいなくなっても
    愛を送り続けることが出来る。
    五郎さんを見ているとそんなことにも気づかされます。

    今回のコンサートでも
    お父様のこと 秀樹さんのこと 京平先生のこと
    色んなことをいっぱいお話してくださいました。

    デビュー前のことから アイドル時代のことまで。

    余談になりますが すごくおもしろかったのは
    衣装の話
    「離せ~っ」 「離さない~」
    この時の 五郎さんの表情 今思い出してもツボにはまる~~!!
    面白過ぎて笑う~~っ
    近くて 良く見えた~~っ(笑)
    全部言えなくてごめんなさい~~~っ

    京平先生の話しは
    五郎さんのお気持ちが良く分かりました。
    五郎さんは 特別でしたものね。

    私が知りたかったお話。
    京平先生に25歳になったら
    アメリカに行くといいよ、と言われたということを
    ブログに書いていらっしゃいましたが
    どうして師匠の言われたことを守られずに
    行かれなかったんだろうと ずっと考えてました。
    有難いことに五郎さんがその答えを話してくださいました。
    師匠の言われたことを 実行したかったけれど
    出来なかった理由を 教えていただけて
    胸が切なくなりましたが 納得できました。

    五郎さんは何かに突き動かされるように歌っていらっしゃる。
    初心に戻られたような感じがしましたが
    そういう言葉で言い表せることではない。
    大きな愛の力に突き動かされている。
    そう思います。

    本当に 素晴らしい歌声でした。
    五郎さんは 歌う喜びにあふれているように見えました。
    私も とても幸せな気持ちになれましたし
    諦めていた夢を取り戻せるような気持ちになりました。

    私たちファンは 長く五郎さんの歌声とともに生きてきました。
    主人に 焼きもちを焼かれますが
    考えてみたら主人に出逢うずっとずっと前から
    五郎さんとともに生きてきたのだから
    家族みたいなものだから 許してもらいたいです。

    しかし どんなに 自己主張したとしても
    ファンはファンであり 名もなき野の花のようなものです。

    けれど 間違いなく
    ともに生きてきた人生の道連れでもあります。
    五郎さんはよくわかってくださっていて
    私たちのことを
    みなさん、とは言わずに貴女、と言ってくださり
    大切にしてくださいます。

    ですから 十分なのです。

    五郎さんの歌やお話は 人生の道しるべになります。
    私は私で その道しるべを頼りに
    自分の道で輝けるよう頑張らねばと思います。

    また五郎さんに逢いに行きたいと
    今から楽しみにしています。
    id_8378717541.jpg
    中之島の丸福珈琲店で友と
    静かに語らいました。
    日頃の行いが良いものですから
    晴天に恵まれ暖かく
    素敵な一日でした。
    id_8378717521.jpg

    文化の日には。


    忙しい時に限って
    あれやこれや どうしようもなくやりたくなって
    気が散って仕方がないのだけれど
    やらずにはいられないので
    困ったものです。

    3日は文化の日ということですが
    例年なら 日舞の舞台も入るところが
    今年な何もなくなって
    今日は たっぷりと時間を取って
    着付けの練習をしました。

    やっぱり なにをしても
    自分でやってみなければわかりません。
    失敗を繰り返してこそ わかることもいっぱいあります。
    とにかくチャレンジし続けることです。
    情けない思いを重ねることも
    続けていけばこそ 
    いつかその経験も貴重な財産へと変わるのです。

    だから続けられる自分を
    時には褒めてあげよう、って思います。


    着たい色について いつも思うのは
    私は 青とグリーンの間の色が
    本能的に大好きなんだなぁ、ということです。

    なぜだかわからないけれど
    緑の入った青い色が
    ものすごく好きなんです。
    id_8355358841.jpg

    目の下に隈

    id_8338039082.jpg
    id_8355358771.jpg
    最近は とにかくティッシュボックスカバーがほしいと
    言っていただける方が多く
    大抵は2つ欲しいと依頼を受けるので
    もう アセアセでチマチマと編んでいます。

    今年は このティッシュボックスカバーというものを
    作ってからというもの
    ものすごく忙しくなって 
    夜も寝るのが遅くなり
    睡眠時間も短くなりましたが
    毎日爆睡で 寝ている時が一番幸せだと感じます~

    今回も自信作ですっ。
    はっはっは。

    ばっちりだ~~っ!
    id_8355358791.jpg

    難しかった。

    id_8360907821.jpg
    コロナ禍であっても
    こうして学び続けられることは
    嬉しいことであり 幸せなことです。

    火曜日には日舞にも行ってますが
    本当に 自分の身体一つ
    思うように動かせないのですから
    人には 何も求めてはいけないと
    しみじみと思うのです。

    それでも継続は力なり、で
    少しずつ進歩していける。
    生きる励みになります。

    今回の生け花はツルが自由すぎて
    どうまとめるか とても難しかったのですが
    こうして 学ばせていただければこそ
    気づくことも身につくこともあるんだなぁと思います。

    面倒なことの繰り返し

    id_8327556261.jpg
    リクエストにお応えして
    せっせとむ編み続ける日々ですが
    今回は ブライトカラーを使って
    明るく彩り豊かな楽しい作品を作ってみようと思い
    編み上げました。

    やっぱり 一人1つだけにしてもらわないと
    本当にしんどい。
    モチーフをつなぐのだけれど
    糸の処理がまた とんでもなく面倒で
    この作品はめんどくさいことのオンパレードなのです。

    でも だからこそ
    こんなに みなさんが欲しい欲しい、と
    言ってくださるんだろうな~

    やっとオーダー分できたと ほっとしたのは束の間
    また あと3つ 編まないといけなくなりました。

    どうしたものかなぁ~

    いつまでも気長に待ちますと言われても
    やっぱり焦る~

    しかし最近の出来栄えは
    自分でも天才かしらと思うくらい(笑)
    素晴らしく仕上がります~。

    あーおめでたい私~。
    id_8327556271.jpg

    そろそろ。

    id_8321889952.jpg
    こんな時代ではありますが
    いつまでも 家籠りをしているわけにもいきませんから
    外に少しずつ出ていこうと考える時
    私は何かあれば 着物で出ていこうと思っているので
    襟を縫いかえて
    久々にきものの着付けをしました。

    私は 青とグリーンの間の色がとても好きで
    そういう色味を見ると 素敵だなぁ
    欲しいなぁ・・・と思ってしまいます。

    これも 私の好きな色味の訪問着ですが
    優しくていいなぁ~・・・と思います。

    この帯と帯締めは 着付けの練習用ですが
    帯と帯揚げ帯締めが変われば
    また雰囲気も変わりますし
    楽しいところです。

    この着物は春に着ようかなぁ~

    うふふ。
    なんかしあわせ~

    きれいなものを触っていると
    心が満たされる~。
    id_8321889961.jpg

    言い訳せずに探求し続ける

    id_8327557831.jpg
    コロナ禍であっても
    今は習い事が再開されて安心しています。

    火曜日は日舞 水曜日はお花を楽しんでいます。

    最近 少し日舞でレベルアップが出来つつあるので
    さらに深めていきたいところです。
    こうなると やっぱり舞台にまた立ちたいけれど
    本舞台はとても無理で
    宝くじでも当たらないかと
    いつも思うのですが 当たらないし
    なんだか情けない話です。

    自分のことは 自分でと
    頑張っていますが
    なかなか難しいです。

    そんなことを思うと
    やっぱり父が生きていたころは
    母と父がすごく協力してくれたよなぁと
    今更ながら 痛感するところです。

    むっつりとして愛情表現もろくに出来ない父でしたが
    習い事には理解があったなぁと
    今になると恋しく思います。
    おかげで大きい舞台も経験できました。

    主人には 資格を取らせてもらっただけで感謝だし
    主人が稼いだものは主人のもの、と自分に言い聞かせてます。
    それ以上のことは言えません。

    言うと もうやめたら?、って言われてしまうのがオチなので
    黙って 今は出来ることを淡々とやるのみ、です。

    最近随分と踊りが良くなってきたように思うので
    さらに高めていきたいと思っています。

    生け花も 仲間のみなさんとともに学べて
    有意義な時間をすごしています。

    文化が人を豊かにしてくれるので
    コロナ禍の今だからこそ
    こうして学び続けることが大事だと思っています。

    色づく秋の。

    id_8320075391.jpg
    今年はコロナ禍において
    家籠りの中で ひらめいた
    ティッシュボックスカバーを考案したせいで
    さらに忙しくなってしまいました。

    しかし 編めば編むほど出来栄えはよくなり
    自分でも惚れ惚れするような感じになってきたのですが
    まったく割に合わないのであります。

    しかし 喜ばれると調子に乗って
    すぐに引き受けてしまい
    次から次へと依頼が入って
    休む暇がなくなってしまいました。

    ラクマに出しても 倍の値段で出せば
    なんとかやりくりもできるけれど
    困ったものだなぁ・・・とほほ。

    今回は色づく秋をイメージして
    作ってみました。
    自信作だーーーーっ!
    id_8320077811.jpg

    今年もリンゴ狩り

    id_8302571702.jpg
    今年もまた リンゴ狩りに行ってきました。
    徳佐は山を越えて グルグルまわるような
    道を走り行かないといけません。
    とても遠く感じるのですが
    今年も リンゴ狩りに行ってきました。

    いつも 樹ららさんのところに行っています。
    なんとなく楽しくて緑の中のリンゴが
    うれしそうに見えるところなのです。
    id_8302571691.jpg
    今は しなのスイートが とっても美味しいです。
    もう ほんとうに美味しくて
    しあわせな気分になります。
    id_8302571711.jpg
    あいにく 曇り空でしたが
    晴れていたらもっと
    爽やかでまぶしくて きれいな景色だったのになぁ、って思います。

    今年はお客さんがとっても多くて
    子供たちもいっぱいでした。

    やっぱり 行ってよかったなぁ~、って思います。
    id_8302571681.jpg

    花飾りにアップアップ

    id_8302572261.jpg
    私の編んだドイリーの角に
    花飾りをつけてほしい、と依頼を受けました。
    あれだけ前回アセアセで苦労したのだから
    やめときゃいいのに
    また調子に乗って受けてしまいました(>_<)

    花モチーフを付けるくらいなら
    なんとかできるかなぁ、なんて考えたのが甘かった~
    オレンジと青の花をつけるというのは希望だったのですが
    やはり 白い花があったほうがいいなぁと思いました。

    小花もいっぱいつけて 葉っぱもつけて
    これでいいかしらと思ったのですが
    少しさみしく見えたのでしょう、
    リボンをつけていただけますか、とのご依頼。

    いやー 何をどうしたらいいか
    今回はやったことがないことに
    いっぱい挑戦してどうなるかと思いましたが
    なんとか形になりました。

    しかし 満足していただけるかは
    まだわかりません。
    今の自分の能力では
    これが精一杯です。

    実は ティシュボックスカバーもリクエストいただいてます。
    どうしたものでしょうか~(>_<)
    困った~
    id_8302571981.jpg

    10月といえばハロウィン

    id_82888038711.jpg
    私は最近 レース編みのオーダーに追われています。
    正直 今販売している価格の倍いただければ
    糸代も出るんだけど
    なかなかねぇ 世の中はそんなに甘くはないし
    これも自分がレベルアップするためのステップだと思い
    編んでいます。
    人の声をいたただくと
    勉強になることもいっぱいです。

    カポチャの顔がなければ
    みんな欲しいとは思わないんです。
    このカボチャの顔が命・・・というところなのですが
    これが難しくって~~っ(>_<)

    三角の目を入れたら
    すごく可愛くないカボチャになったのでボツにして
    目を丸くしてみました。

    これが欲しい、とオーダーが入ったときには
    えーーっ と思いましたが受けてしまいました。

    まさか二枚 作ることになるとは思わなかった~。
    でも もう一枚と言われたら 迷わず断ります。
    カボチャの顔を入れるのが難しすぎてイヤだから~。

    それにしても10月といえばハロウィン。
    すっかりと定着してきましたね。
    id_8275117001.jpg

    宮島に行く。

    id_8280331002.jpg

    近場でもいいから 旅行をしたいという
    主人の気持ちがあり、
    25日、宮島に一泊してきました。

    まず 宮島に付いて腹ごしらえです。
    広島のお好み焼きをいただきました。
    id_8280331011.jpg
    その後フェリーに乗って宮島へ。
    船の中から 鳥居を探すのですが
    まったく見えないので どこに行ったのかと思いました。
    id_8280331381.jpg
    着いて商店街を抜け狛犬のところまできましたら
    なんと 大雨になり 前に進むこともできず
    引き返すことになりました。

    大鳥居は改装中でした。
    ちょっとさみしかったですが
    近いので また 見に来たいと思います。
    雨の中 鹿は落ち着いていました。
    id_8280331391.jpg
    安芸グラウンドホテルに宿泊しました。
    夕方の海も朝焼けの海も
    穏やかできれいでした。

    朝焼けがとてもきれいで
    いつ太陽が出てくるのかと
    ずっと待っていたのですが
    なんと 太陽が出てきませんでした(>_<)
    id_8280331371.jpg
    今回は突然の土砂降りにあったり
    朝日が見れなかったり
    あまり歓迎されなかったのですが

    次こそは 宮島の神様に歓迎されるように
    気合いを入れて行きたいと思いました。

    宮島は とにかく不思議なところだと感じました。
    id_8280330991.jpg

    ブログ応援

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    ささきのりえ

    Author:ささきのりえ
    きものと日本舞踊と
    小鳥と レース編みが好きです。
    こちらでは楽しいことを書きます。

    お気に入り

    カレンダー

    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    リンク

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログ内検索

    FC2拍手ランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    10946位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    主婦
    1402位
    アクセスランキングを見る>>

    ランキング

    フリーエリア

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    FC2掲示板

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSフィード

    フリーエリア

    最近のトラックバック

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: